国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017030018) 円筒ころ軸受
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/030018 国際出願番号: PCT/JP2016/073073
国際公開日: 23.02.2017 国際出願日: 05.08.2016
IPC:
F16C 33/48 (2006.01) ,F16C 19/28 (2006.01) ,F16C 43/06 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
46
ころ用または針状ころ用保持器
48
多列のころまたは針状ころ用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
22
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
24
おもにラジアル荷重用
28
複列または多列のころをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
43
軸受の組み立て
04
ころがり軸受の組み立て
06
保持器または軸受に対する転動体のはめこみ
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者:
戸田 耕平 TODA Kohei; JP
中杤 直樹 NAKATOCHI Naoki; JP
代理人:
鎌田 直也 KAMADA Naoya; JP
鎌田 文二 KAMADA Bunji; JP
中谷 弥一郎 NAKATANI Yaichiro; JP
優先権情報:
2015-16034117.08.2015JP
発明の名称: (EN) CYLINDRICAL ROLLER BEARING
(FR) ROULEMENT À ROULEAUX CYLINDRIQUES
(JA) 円筒ころ軸受
要約:
(EN) A holding implement (5) has a first restraining part (14) for stopping a first cylindrical roller (3) accommodated in a pocket (10) from falling out, and a second restraining part (15) for stopping a second cylindrical roller (4) accommodated in the pocket (10) from falling out. An axial-direction gap (Wa) between the first restraining part (14) and the second restraining part (15) is greater than the roller length (Lw) of the first cylindrical roller (3) or the second cylindrical roller (4). As a result, the cylindrical roller (3 or 4) first to be accommodated does not need to be pushed in.
(FR) L'invention concerne un système de support (5) comportant une première partie de retenue (14) pour empêcher un premier rouleau cylindrique (3) logé dans une cavité (10) de tomber, et une seconde partie de retenue (15) pour empêcher un second rouleau cylindrique (4) logé dans la cavité (10) de tomber. Un interstice de direction axiale (Wa) entre la première partie de retenue (14) et la seconde partie de retenue (15) est supérieur à la longueur de rouleau (Lw) du premier rouleau cylindrique (3) ou du second rouleau cylindrique (4). En conséquence, le rouleau cylindrique (3 ou 4), pour être introduit, n'a pas besoin d'être enfoncé.
(JA) 保持器(5)は、ポケット(10)に収めた第一の円筒ころ(3)の脱落を止める第一の落ち止め部(14)と、当該ポケット(10)に収めた第二の円筒ころ(4)の脱落を止める第二の落ち止め部(15)とを有する。第一の落ち止め部(14)と第二の落ち止め部(15)との間の軸方向間隔(Wa)は、第一の円筒ころ(3)又は第二の円筒ころ(4)のころ長さ(Lw)よりも大きい。これにより、先に収める円筒ころ(3又は4)の押込みを不要にする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN107949709DE112016003767US20180231056