16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017026173) セレノネインの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/026173 国際出願番号: PCT/JP2016/068128
国際公開日: 16.02.2017 国際出願日: 17.06.2016
IPC:
C12P 17/10 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12N 9/02 (2006.01) ,C12R 1/66 (2006.01) ,C12R 1/665 (2006.01) ,C12R 1/685 (2006.01) ,C12R 1/69 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
17
異項原子としてO,N,S,Se,またはTeのみをもつ複素環式化合物の製造
10
異項原子として窒素原子のみのもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
02
酸化還元酵素(1.),例.ルシフェラーゼ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
R
サブクラスC12CからC12Qに関連し,微生物に関したインデキシング系列
1
微生物
645
菌類
66
アスペルギルス
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
R
サブクラスC12CからC12Qに関連し,微生物に関したインデキシング系列
1
微生物
645
菌類
66
アスペルギルス
665
アスペルギルス アワモリ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
R
サブクラスC12CからC12Qに関連し,微生物に関したインデキシング系列
1
微生物
645
菌類
66
アスペルギルス
685
アスペルギルス ニガー
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
R
サブクラスC12CからC12Qに関連し,微生物に関したインデキシング系列
1
微生物
645
菌類
66
アスペルギルス
69
アスペルギルス オリゼ
出願人:
キッコーマン株式会社 KIKKOMAN CORPORATION [JP/JP]; 千葉県野田市野田250番地 250, Noda, Noda-shi, Chiba 2788601, JP
国立研究開発法人水産研究・教育機構 JAPAN FISHERIES RESEARCH AND EDUCATION AGENCY [JP/JP]; 神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目3番3号 3-3, Minato Mirai 2-chome, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2206115, JP (JP)
発明者:
市川 惠一 ICHIKAWA, Keiichi; JP
篠原 靖智 SHINOHARA, Yasutomo; JP
原 精一 HARA, Seiichi; JP
黒澤 恵子 KUROSAWA, Keiko; JP
山下 由美子 YAMASHITA, Yumiko; JP
山下 倫明 YAMASHITA, Michiaki; JP
代理人:
森本 敏明 MORIMOTO, Toshiaki; JP
優先権情報:
2015-15744307.08.2015JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING SELENONEINE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION SÉLÉNOÉINE
(JA) セレノネインの製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a method for producing selenoneine with which it is possible to produce selenoneine on an industrial scale because selenoneine can be produced at a higher yield than in the prior art. This purpose is achieved by a method for producing selenoneine that includes a step for obtaining selenoneine by subjecting histidine and a selenium compound to the action of a transformant into which a gene that encodes an enzyme of (1) is inserted and which overexpresses the inserted gene. (1) An enzyme that catalyzes a reaction for producing hercynylselenocysteine from histidine and selenocysteine in the presence of S-adenosylmethionine and iron(II)
(FR) L'objet de la présente invention est de fournir un procédé de production de sélénoéine grâce auquel il est possible de produire de la sélénoéine à une échelle industrielle en raison du fait que la sélénoéine peut être produite à un rendement plus élevé que dans l'état de la technique. Cet objet est atteint au moyen d'un procédé de production de sélénoéine qui comprend une étape d'obtention de la sélénoéine en soumettant de l'histidine et un composé du sélénium à l'action d'un transformant dans lequel un gène qui code pour une enzyme de (1) est insérée et surexprime le gène introduit. (1) Une enzyme qui catalyse une réaction de production d'hercynylsélénocysteine à partir d'histidine et de sélénocystéine en présence de S-adénosylméthionine et de fer (II)
(JA) 本発明の目的は、従来技術に比べてセレノネインを高収量で生産することができることから、工業的規模でのセレノネインの製造を可能にする、セレノネインの製造方法を提供することにある。 上記目的は、ヒスチジン及びセレン化合物を、下記(1)の酵素をコードする遺伝子が挿入されており、かつ、該挿入された遺伝子を過剰発現する形質転換体に作用させて、セレノネインを得る工程を含む、セレノネインの製造方法より解決される。 (1)S-アデノシルメチオニン及び鉄(II)の存在下で、ヒスチジン及びセレノシステインからヘルシニルセレノシステインを生成する反応を触媒する酵素
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3333266CN108138206US20180237815