16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017026116) 気管チューブ及び気管チューブの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/026116 国際出願番号: PCT/JP2016/003629
国際公開日: 16.02.2017 国際出願日: 05.08.2016
IPC:
A61M 16/04 (2006.01) ,A61M 1/00 (2006.01) ,B29C 47/30 (2006.01) ,B29L 23/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
M
人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
16
ガスの取扱によって患者の呼吸器系に影響を与える装置,例.口うつし呼吸;気道管
04
気道管
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
M
人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
1
医学用の吸引またはポンプ装置;体液を除去,処理,または導入する装置;排液システム
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
12
押出ノズルまたはダイ
30
多口押出ノズル
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
23
管状体物品
出願人:
テルモ株式会社 TERUMO KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目44番1号 44-1, Hatagaya 2-chome, Shibuya-ku, Tokyo 1510072, JP
発明者:
本間 康之 HONMA, Yasuyuki; JP
代理人:
杉村 憲司 SUGIMURA, Kenji; JP
優先権情報:
2015-15733407.08.2015JP
発明の名称: (EN) TRACHEAL TUBE AND METHOD FOR PRODUCING TRACHEAL TUBE
(FR) TUBE TRACHÉAL ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE TUBE TRACHÉAL
(JA) 気管チューブ及び気管チューブの製造方法
要約:
(EN) The tracheal tube according to the present invention is provided with a tube main body that demarcates a space from the distal end to the proximal end, at least two suction lumens are demarcated in a peripheral wall between the outer peripheral surface of the tube main body and the inner peripheral surface demarcating the space of the tube main body, and the at least two suction lumens extend so that the position of the peripheral direction of the tube main body varies depending on the position of the central axis direction of the tube main body.
(FR) Le tube trachéal selon la présente invention est pourvu d'un corps principal de tube qui délimite un espace depuis l'extrémité distale jusqu'à l'extrémité proximale, au moins deux lumières d'aspiration sont délimitées dans une paroi périphérique entre la surface périphérique extérieure du corps principal de tube et la surface périphérique intérieure délimitant l'espace du corps principal de tube, et les deux lumières ou plus d'aspiration s'étendent de telle sorte que la position de la direction périphérique du corps principal de tube varie en fonction de la position de la direction de l'axe central du corps principal de tube.
(JA) 本発明に係る気管チューブは、先端から基端まで通じる中空部を区画するチューブ本体を備え、前記チューブ本体の外周面と前記チューブ本体の前記中空部を区画する内周面との間の周壁内には少なくとも2つの吸引ルーメンが区画されており、前記少なくとも2つの吸引ルーメンは、前記チューブ本体の中心軸線方向の位置によって、前記チューブ本体の周方向の位置が変化するように延在している。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)