16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017022846) ピタバスタチンカルシウムの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/022846 国際出願番号: PCT/JP2016/073056
国際公開日: 09.02.2017 国際出願日: 05.08.2016
IPC:
C07D 215/14 (2006.01) ,C12P 17/12 (2006.01) ,A61K 31/47 (2006.01) ,A61P 3/06 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
12
環の炭素原子に結合する置換炭化水素基を有するもの
14
酸素原子によって置換された基
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
17
異項原子としてO,N,S,Se,またはTeのみをもつ複素環式化合物の製造
10
異項原子として窒素原子のみのもの
12
6員環をもつもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47
キノリン;イソキノリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
06
高脂血症治療剤
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
株式会社エーピーアイ コーポレーション API CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区内神田一丁目13番4号 13-4, Uchikanda 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010047, JP
発明者:
渡辺 尚之 WATANABE, Naoyuki; JP
井浦 崇敦 IURA, Takanobu; JP
大宮 秀貴 OOMIYA, Hideki; JP
長濱 正樹 NAGAHAMA, Masaki; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; JP
優先権情報:
2015-15486405.08.2015JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING PITAVASTATIN CALCIUM
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PITAVASTATINE CALCIQUE
(JA) ピタバスタチンカルシウムの製造方法
要約:
(EN) According to the present invention, pitavastatin calcium is safely produced at low cost with high yield and high selectivity in an industrial scale. This method for producing pitavastatin calcium is characterized by comprising a step (i) for obtaining a compound represented by general formula (3) through acetalization of a compound represented by general formula (1), a step (ii) for obtaining a compound represented by general formula (4) by reacting the compound represented by general formula (3) with an acid, and a step (iii) for hydrolyzing the compound represented by general formula (4), followed by reaction with a calcium compound.
(FR) Selon la présente invention, la pitavastatine calcique est produite en toute sécurité à faible coût avec un rendement élevé et une sélectivité élevée à une échelle industrielle. Ce procédé de production de pitavastatine calcique est caractérisé en ce qu'il comprend une étape (i) permettant d'obtenir un composé représenté par la formule générale (3) par acétalisation d'un composé représenté par la formule générale (1), une étape (ii) permettant d'obtenir un composé représenté par la formule générale (4) en faisant réagir le composé représenté par la formule générale (3) avec un acide, et une étape (iii) permettant d'hydrolyser le composé représenté par la formule générale (4), suivie d'une réaction avec un composé de calcium.
(JA) ピタバスタチンカルシウムを、工業的な規模で、高収率及び高選択性で、且つ安全に低コストで製造すること。一般式(1)で表される化合物をアセタール化して一般式(3)で表される化合物を得る工程(i)、一般式(3)で表される化合物を酸と反応させて一般式(4)で表される化合物を得る工程(ii)及び一般式(4)で表される化合物を加水分解した後、カルシウム化合物と反応させる工程(iii)を含むことを特徴とするピタバスタチンカルシウムの製造方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN107949556EP3333155US20180222865