16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017022822) 切削加工補助潤滑材及び切削加工方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/022822 国際出願番号: PCT/JP2016/072929
国際公開日: 09.02.2017 国際出願日: 04.08.2016
IPC:
C10M 111/04 (2006.01) ,B23B 35/00 (2006.01) ,B23Q 11/10 (2006.01) ,C08J 5/16 (2006.01) ,C09J 7/02 (2006.01) ,C09J 201/00 (2006.01) ,C10M 103/02 (2006.01) ,C10M 107/00 (2006.01) ,C10M 107/12 (2006.01) ,C10M 107/24 (2006.01) ,C10M 107/26 (2006.01) ,C10M 107/28 (2006.01) ,C10M 107/32 (2006.01) ,C10M 107/34 (2006.01) ,C10M 107/36 (2006.01) ,C10M 107/38 (2006.01) ,C10M 107/42 (2006.01) ,C10M 107/44 (2006.01) ,C10N 20/04 (2006.01) ,C10N 20/06 (2006.01) ,C10N 30/00 (2006.01) ,C10N 40/00 (2006.01) ,C10N 40/22 (2006.01) ,C10N 50/08 (2006.01)
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
111
メイングループ101/00から109/00の2以上のメイングループによって包含される2以上の化合物の混合物であり,かつそれらの化合物がいずれも本質的成分である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
04
少なくとも1個の化合物が高分子有機化合物であるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
35
中ぐりまたは穴あけ,または本質的に中ぐり盤またはボール盤の使用を必要とする加工のための方法;そのような方法と関連した補助装置の使用
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
Q
工作機械の細部;構成部分,または付属装置,例.倣いまたは制御装置;特定の細部または構成部分の構造により特徴づけられる工作機械一般;特定の結果を目的としない金属加工機械の組合わせ
11
工具または機械の部分を良い作業状態に維持するためまたは工作物を冷却するために工作機械に取りつけた付属装置;特に工作機械に配備または組合せてもしくは工作機械と共に使用するために付け加えられる安全装置
10
工具または工作物の冷却または潤滑のための装置(工具に組込まれたものについては,工具についての関連したサブクラスを参照)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
16
摩擦性の減少された物品または物質の製造
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7
フィルム状または箔状の接着剤
02
担体上のもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201
不特定の高分子化合物に基づく接着剤
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
103
無機材料である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
02
炭素;黒鉛
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
02
炭化水素重合体;酸化により変性された炭化水素重合体
12
芳香族単量体を含有するもの,例.スチレン
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
20
酸素を含有するもの
22
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応により得られる高分子化合物
24
アルコール,アルデヒド,ケトン,エーテル,ケタールまたはアセタール基に結合した不飽和基を有する単量体を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
20
酸素を含有するもの
22
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応により得られる高分子化合物
26
飽和カルボン酸または炭酸のアシルオキシ基に結合した不飽和基を有する単量体を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
20
酸素を含有するもの
22
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応により得られる高分子化合物
28
カルボキシル基に結合した不飽和基を有する単量体,例.アクリレート,を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
20
酸素を含有するもの
30
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応により得られる高分子化合物
32
アルデヒドまたはケトンの重縮合体;ポリエステル;ポリエーテル
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
20
酸素を含有するもの
30
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応により得られる高分子化合物
32
アルデヒドまたはケトンの重縮合体;ポリエステル;ポリエーテル
34
ポリオキシアルキレン
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
20
酸素を含有するもの
36
多糖類,例.セルロース
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
38
ハロゲンを含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
40
窒素を含有するもの
42
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応により得られる高分子化合物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
40
窒素を含有するもの
44
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応により得られる高分子化合物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
04
分子量;分子量分布
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
06
特別な形状または大きさを有する粒子
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
20
金属加工
22
材料の本質的除去をともなうもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
50
潤滑される材料に使用されている潤滑剤の形態
08
固体
出願人:
三菱瓦斯化学株式会社 MITSUBISHI GAS CHEMICAL COMPANY, INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目5番2号 5-2, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008324, JP
発明者:
松山 洋介 MATSUYAMA, Yousuke; JP
小柏 尊明 OGASHIWA, Takaaki; JP
代理人:
稲葉 良幸 INABA, Yoshiyuki; JP
大貫 敏史 ONUKI, Toshifumi; JP
内藤 和彦 NAITO, Kazuhiko; JP
優先権情報:
2015-15638606.08.2015JP
2015-21779705.11.2015JP
2015-21779905.11.2015JP
2015-21983009.11.2015JP
2015-21983209.11.2015JP
2015-22103111.11.2015JP
2015-22103211.11.2015JP
2015-22162911.11.2015JP
2015-22163011.11.2015JP
発明の名称: (EN) CUTTING AUXILIARY LUBRICANT AND CUTTING METHOD
(FR) LUBRIFIANT DE COUPE AUXILIAIRE ET PROCÉDÉ DE COUPE
(JA) 切削加工補助潤滑材及び切削加工方法
要約:
(EN) This cutting auxiliary lubricant includes a high molecular weight compound (A) having a weight average molecular weight of 5×104 to 1×106, a medium molecular weight compound (B) having a weight average molecular weight of 1×103 or more and less than 5×104, and carbon (C) having an average particle size of 100 μm or more.
(FR) Cette invention concerne un lubrifiant de coupe auxiliaire comprenant un composé (A) de poids moléculaire élevé ayant un poids moléculaire moyen en poids de 5×104 à 1×106, un composé (B) de poids moléculaire moyen ayant un poids moléculaire moyen en poids de 1×103 ou plus et inférieur à 5×104, et un carbone (C) ayant une taille de particule moyenne de 100 µm ou plus.
(JA) 重量平均分子量が5×10以上、1×10以下である高分子量化合物(A)と、 重量平均分子量が1×10以上、5×10未満である中分子量化合物(B)と、 平均粒子径が100μm以上であるカーボン(C)と、を含有する、 切削加工補助潤滑材。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2017022822SG11201710736XMYPI 2017705170CN107922867KR1020180037922EP3333245
PH1/2018/500024US20180229339BR112018001381RU0002673474KR1020190008444