16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017022585) ガスシールドアーク溶接方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/022585 国際出願番号: PCT/JP2016/071977
国際公開日: 09.02.2017 国際出願日: 27.07.2016
IPC:
B23K 9/173 (2006.01) ,B23K 9/09 (2006.01) ,B23K 9/16 (2006.01) ,B23K 9/23 (2006.01) ,B23K 35/30 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
16
シールドガスを用いるもの
173
消耗電極を用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
09
パルス電流または電圧によるアーク溶接のための装置または回路
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
16
シールドガスを用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
23
溶接される材料の性質を考慮したもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
30
主成分が1550°C以下の融点をもつもの
出願人:
株式会社神戸製鋼所 KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO (KOBE STEEL, LTD.) [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通二丁目2番4号 2-4, Wakinohama-Kaigandori 2-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6518585, JP
マツダ株式会社 MAZDA MOTOR CORPORATION [JP/JP]; 広島県安芸郡府中町新地3番1号 3-1, Shinchi, Fuchu-cho, Aki-gun, Hiroshima 7308670, JP
発明者:
宮田 実 MIYATA Minoru; --
鈴木 励一 SUZUKI Reiichi; --
田中 正顕 TANAKA Masaaki; --
深堀 貢 FUKAHORI Mitsugi; --
小川 貴史 OGAWA Takashi; --
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2015-15237831.07.2015JP
発明の名称: (EN) GAS-SHIELDED ARC WELDING METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE SOUDAGE À L'ARC SOUS PROTECTION GAZEUSE
(JA) ガスシールドアーク溶接方法
要約:
(EN) The present invention relates to a gas shielded arc welding method for feeding a consumable electrode via a welding torch and performing welding while a shielding gas is flowing, wherein the welding torch includes a nozzle, the inside diameter of the nozzle is 15 mm or greater, the nozzle-base metal distance between the tip of the nozzle and material to be welded is 22 mm or less, and a ratio expressed by (inside diameter of nozzle/nozzle-base material distance) is 0.7 - 1.9. Thus, it is possible to suppress oxidation on bead surfaces directly after welding or oxidation when atmospheric air is drawn in and reduce slag while increasing the atmospheric shielding effect by the shielding gas.
(FR) La présente invention concerne un procédé de soudage à l'arc sous protection gazeuse destiné à alimenter une électrode consommable par l'intermédiaire d'une tête de soudage et à réaliser un soudage pendant qu'un gaz de protection s'écoule, la tête de soudage comprenant une buse, le diamètre intérieur de la buse est de 15 mm au moins, la distance buse-métal de base entre la pointe de la buse et la une matière devant être soudée est de 22 mm au maximum, et un rapport exprimé par (diamètre intérieur de buse/distance buse-métal de base) est de 0,7 à 1,9 Ainsi, il est possible de supprimer l'oxydation sur les surfaces des cordons de soudure directement après le soudage ou l'oxydation lorsque l'air atmosphérique est aspiré et de réduire le laitier tout en augmentant l'effet de protection atmosphérique par le gaz de protection.
(JA) 本発明は、溶接トーチを介して消耗式電極を送給し、シールドガスを流しながら溶接を行うガスシールドアーク溶接方法であって、前記溶接トーチはノズルを含み、前記ノズルの内径が15mm以上であり、前記ノズルの先端と被溶接材との間のノズル-母材間距離が22mm以下であり、かつ(前記ノズルの内径/前記ノズル-母材間距離)で表される比が0.7以上1.9以下である、ガスシールドアーク溶接方法に関する。これにより、シールドガスによる大気遮断効果を高めつつ、溶接直後のビード表面における酸化、又は大気を巻き込んだ場合における酸化を抑制し、かつスラグの低減を可能とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
DE112016003482CN107848059US20180221982MX2018001250