16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017018512) 熱間圧延用チタン材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2017/018512 国際出願番号: PCT/JP2016/072334
国際公開日: 02.02.2017 国際出願日: 29.07.2016
IPC:
B21B 3/00 (2006.01) ,B21B 1/38 (2006.01) ,B23K 15/00 (2006.01) ,B23K 20/04 (2006.01) ,C22C 14/00 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01) ,C22F 1/18 (2006.01) ,G21F 1/08 (2006.01) ,G21F 3/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
3
合金の組成によって特別な圧延法または圧延順序が必要とされまたは許容される組成をもった特殊合金材料の圧延
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
1
中実または輪かく状断面をもつ半製品を製造するための金属圧延方法または圧延機;圧延機列による連続作業;圧延機設備のレイアウト,例.スタンドの集合化;バスの連続またはカリバー形状の連続的変化
38
限定された長さの板の圧延のためのもの,例.折り曲げ板,かさね板
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
15
電子ビーム溶接または切断
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
20
加熱するかまたは加熱することなく,衝撃または他の圧力を加えることによる非電気的接合,例.クラッド法または被せ金法
04
圧延機の手段によるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
14
チタンを基とする合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
16
上記以外の金属またはそれを基とする合金
18
高融点金属,耐火金属またはそれらを基とする合金
G 物理学
21
核物理;核工学
F
X線,ガンマ線,微粒子線または粒子衝撃に対する防護;放射能汚染物質の処理;そのための汚染除去装置
1
材料の組成に特徴のある遮へい
02
均質遮へい材の選択
08
金属;合金;サーメット,すなわちセラミックと金属との混合焼結体
G 物理学
21
核物理;核工学
F
X線,ガンマ線,微粒子線または粒子衝撃に対する防護;放射能汚染物質の処理;そのための汚染除去装置
3
物理的形態に特徴のある遮へい,例.細粒,または材料の形状に特徴のある遮へい
出願人:
新日鐵住金株式会社 NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
立澤 吉紹 TATSUZAWA, Yoshitsugu; JP
國枝 知徳 KUNIEDA, Tomonori; JP
森 健一 MORI, Kenichi; JP
▲高▼橋 一浩 TAKAHASHI, Kazuhiro; JP
藤井 秀樹 FUJII, Hideki; JP
代理人:
特許業務法人ブライタス BRIGHTAS IP ATTORNEYS; 大阪府大阪市北区曽根崎2丁目5番10号 2-5-10, Sonezaki, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300057, JP
優先権情報:
2015-14939329.07.2015JP
発明の名称: (EN) TITANIUM MATERIAL FOR USE IN HOT ROLLING
(FR) MATÉRIAU DE TITANE À UTILISER DANS LE LAMINAGE À CHAUD
(JA) 熱間圧延用チタン材
要約:
(EN) This titanium material 1 for use in hot rolling comprises a base material 1b comprising an industrial pure titanium or titanium alloy, and a surface layer 1a formed on at least one rolled surface of the base material 1b and having a chemical composition different from that of the base material 1b, wherein surface layers 1a have a thickness of 2.0-20.0 mm and make up no more than 40% of the total thickness per side and, when the content of elements included in the surface layer 1a are measured at multiple points, the relation between the average value CAVE of the increased content from the base material 1b and the increased content C0 from the base material 1b at each of the multiple measurement points: |CAVE - C0| / CAVE × 100 is less than or equal to 40%. The chemical composition of the aforementioned surface layer contains, in mass%, B: 0.1-3.0% as the increased content from the base material. This titanium material 1 for hot rolling has prescribed neutron blocking properties despite being inexpensive.
(FR) Ce matériau de titane 1, à utiliser dans le laminage à chaud, comprend un matériau de base 1b comportant un titane pur ou alliage de titane, industriel, et une couche de surface 1a formée sur au moins une surface laminée du matériau de base 1b et possédant une composition chimique différente de celle du matériau de base 1b, et il est caractérisé en ce que la couche de surface 1a possède une épaisseur de 2,0 à 20,0 mm et ne représente pas plus de 40% de l'épaisseur totale par côté et, lorsque la teneur des éléments compris dans la couche de surface 1a est mesurée au niveau de multiples points, le rapport entre la valeur moyenne C AVE de la teneur augmentée du matériau de base 1b et la teneur augmentée C 0 du matériau de base 1b au niveau de chacun des multiples points de mesure : |C AVE - C 0| / C AVE x 100 est inférieur ou égal à 40%. La composition chimique de la couche de surface mentionnée ci-dessus contient, en % en masse, B : 0,1 à 3,0 % en tant que teneur augmentée du matériau de base. Ce matériau de titane 1 destiné au laminage à chaud possède des propriétés de blocage de neutrons prescrites bien qu'il soit bon marché.
(JA) 工業用純チタンまたはチタン合金からなる母材1bと、母材1bの少なくとも一方の圧延面に形成された母材1bとは異なる化学組成を有する表層部1aと、を備え、表層部1aが、その厚さが2.0~20.0mm、全厚さに占める割合が片面あたり40%以下であり、表層部1aに含まれる元素の含有量を複数点測定したとき、母材1bからの増加含有量の平均値CAVEと各測定箇所における母材1bからの増加含有量C0との関係:|CAVE-C0|/CAVE×100が40%以下である、熱間圧延用チタン材1。前記表層部の化学組成は、母材からの増加含有量として、質量%で、B:0.1~3.0%を含む。この熱間圧延用チタン材1は、安価にも関わらず、所望の中性子遮断性を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2017018512