このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017013926) 凝固物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/013926 国際出願番号: PCT/JP2016/064145
国際公開日: 26.01.2017 国際出願日: 12.05.2016
IPC:
C08J 3/16 (2006.01) ,C08G 18/00 (2006.01) ,C08G 18/76 (2006.01) ,C08J 3/07 (2006.01) ,C08J 5/04 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3
高分子物質の処理方法または混合方法
12
粉末化または粒状化
16
分散液の凝集によるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
70
用いられたイソシアネートまたはイソチオシアネートに特徴のあるもの
72
ポリイソシアネートまたはポリイソチオシアネート
74
環式
76
芳香族
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3
高分子物質の処理方法または混合方法
02
溶液,乳化または懸濁重合以外の方法による溶液,分散液,ラテックスまたはゲルの製造
03
水性媒体中のもの
07
ポリマー溶液からのもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
04
解繊されたまたは凝集した繊維状物質による高分子化合物の補強
出願人:
DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP/JP]; 東京都板橋区坂下三丁目35番58号 35-58, Sakashita 3-chome, Itabashi-ku, Tokyo 1748520, JP
発明者:
鉄井 智博 TETSUI Tomohiro; JP
前田 亮 MAEDA Ryo; JP
小松崎 邦彦 KOMATSUZAKI Kunihiko; JP
千々和 宏之 CHIJIWA Hiroyuki; JP
代理人:
河野 通洋 KONO Michihiro; JP
優先権情報:
2015-14391621.07.2015JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING COAGULATED ARTICLE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’ARTICLE COAGULÉ
(JA) 凝固物の製造方法
要約:
(EN) The invention provides a method for producing a coagulated article characterized by that said article is obtained by coagulating an aqueous urethane resin composition using a coagulant containing a metal salt and water heated to 40°C or above. The problem to be overcome by the invention is to provide a manufacturing method by which a coagulated material having exceptional hand is obtained without using an organic solvent. A coagulated material having exceptional hand is obtained by the manufacturing method of the invention. In addition, since no organic solvent is used as a coagulation bath, there is no risk of exposure to harmful volatile substances or of the same being diffused into the environment, and this also contributes to keeping down production costs since treatment of the waste solution of the coagulation bath is also simplified. Thus, the coagulated material obtained by the manufacturing method of the invention can be suitably used in the production of gloves, coatings, leather-form sheets, etc.
(FR) L’invention concerne un procédé de production d’un article coagulé caractérisé en ce que ledit article est obtenu par coagulation d’une composition de résine d’uréthane aqueux au moyen d’un coagulant contenant un sel de métal et de l’eau chauffé à 40 °C ou plus. Le problème à surmonter grâce à l’invention est la mise en œuvre d’un procédé de fabrication au moyen duquel un matériau coagulé dont le toucher est exceptionnel est obtenu sans utiliser de solvant organique. Un matériau coagulé dont le toucher est exceptionnel est obtenu au moyen du procédé de fabrication selon l’invention. De plus, puisqu’aucun solvant organique n’est utilisé comme bain de coagulation, il n’existe aucun risque d’exposition à des substances volatiles nocives ou à leur diffusion dans l’environnement, et cela contribue également à maintenir des coûts de production bas puisque le traitement de la solution usée du bain de coagulation est également simplifié. Ainsi, le matériau coagulé obtenu au moyen du procédé de fabrication selon l’invention peut être utilisé adéquatement dans la production de gants, de revêtements, de feuilles semblables au cuir, etc.
(JA) 本発明は、水性ウレタン樹脂組成物を、40℃以上に加熱した金属塩及び水を含む凝固剤で凝固させることにより得られることを特徴とする凝固物の製造方法を提供するものである。本発明が解決しようとする課題は、有機溶剤を使用せず、風合いに優れる凝固物が得られる製造方法を提供することである。本発明の製造方法によれば、風合いに優れる凝固物が得られる。また、凝固浴として、有機溶剤を使用しないため、有害な揮発性物質の暴露や環境への拡散の恐れもなく、また、凝固浴の廃液の処理も簡便となるため製造コストの抑制にも貢献できる。よって、本発明の製造方法により得られる凝固物は、手袋、塗料、皮革様シート等の製造に好適に使用することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)