このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017010550) 排気浄化システム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/010550 国際出願番号: PCT/JP2016/070852
国際公開日: 19.01.2017 国際出願日: 14.07.2016
IPC:
F01N 3/20 (2006.01) ,F01N 3/08 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01) ,F01N 3/00 (2006.01) ,F01N 9/00 (2006.01) ,F02D 9/02 (2006.01) ,F02D 41/04 (2006.01) ,F02D 41/14 (2006.01) ,F02M 26/15 (2016.01) ,F02M 26/64 (2016.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
9
排気ガス処理装置の電気的制御
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
9
空気の,または燃料および空気の吸入管または排気管を絞ることによる機関の制御
02
吸気管に関するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
41
燃焼可能な混合気またはその成分の供給の電気的制御
02
制御信号を発生する回路装置
04
特定の運転状態に対応する補正の導入
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
41
燃焼可能な混合気またはその成分の供給の電気的制御
02
制御信号を発生する回路装置
14
閉ループ補正を導入するもの
[IPC code unknown for F02M 26/15][IPC code unknown for F02M 26/64]
出願人:
いすゞ自動車株式会社 ISUZU MOTORS LIMITED [JP/JP]; 東京都品川区南大井6丁目26番1号 6-26-1, Minami-oi, Shinagawa-ku, Tokyo 1408722, JP
発明者:
中田 輝男 NAKADA Teruo; JP
坂本 隆行 SAKAMOTO Takayuki; JP
長岡 大治 NAGAOKA Daiji; JP
代理人:
日比谷 征彦 HIBIYA Yukihiko; JP
優先権情報:
2015-14203616.07.2015JP
発明の名称: (EN) EXHAUST GAS PURIFICATION SYSTEM
(FR) SYSTÈME DE PURIFICATION DE GAZ D'ÉCHAPPEMENT
(JA) 排気浄化システム
要約:
(EN) An exhaust gas purification system is provided with: a NOx reduction-type catalyst 32 that is disposed in an exhaust gas passage of an engine 10; an intake throttle valve 16 that regulates the amount of air sucked into the engine 10; an EGR valve 24 that regulates the amount of exhaust gas recirculated to the engine 10; and an ECU 50 that carries out a regeneration treatment in which the purification capacity of the NOx reduction-type catalyst 32 is recovered by jointly using an air system control for reducing the amount of sucked-in air, and an injection system control for increasing the amount of fuel injection. When the exhaust air-fuel ratio switches from a lean state to a rich state, the ECU 50 fixes the EGR valve 24 in a closed state or at a designated opening degree, and regulates the amount of sucked-in air via the intake throttle valve 16.
(FR) Selon l'invention, un système de purification de gaz d'échappement comprend un catalyseur du type à réduction de NOx 32 qui est disposé dans un passage de gaz d'échappement d'un moteur 10 ; un papillon d'admission 16 qui régule la quantité d'air aspirée dans le moteur 10 ; une soupape ERG 24 qui régule la quantité de gaz d'échappement recirculée vers le moteur 10 ; et une ECU 50 qui effectue un traitement de régénération dans lequel la capacité de purification du catalyseur du type à réduction de NOx 32 est restaurée en utilisant conjointement une régulation du système d'air pour réduire la quantité d'air aspiré, et une commande du système d'injection pour augmenter la quantité d'injection de carburant. Lorsque le rapport carburant-air d'échappement passe d'un état pauvre à un état riche, l'ECU 50 fixe la soupape ERG 24 dans un état fermé ou à un degré d'ouverture désigné, et régule la quantité d'air aspiré par l'intermédiaire du papillon d'admission 16.
(JA) エンジン10の排気通路に設けられるNOx還元型触媒32と、エンジン10に吸入される空気の量を調整する吸気スロットルバルブ16と、エンジン10に還流される排気の量を調整するEGRバルブ24と、吸入空気量を減少させる空気系制御と燃料噴射量を増加させる噴射系制御とを併用することで、NOx還元型触媒32の浄化能力を回復させる再生処理を実行するECU50とを備え、ECU50は、排気空燃比をリーン状態からリッチ状態に切り替える際に、EGRバルブ24を閉状態若しくは指定開度で固定するとともに、吸気スロットルバルブ16によって吸入空気量を調整する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)