このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017010235) 水素吸蔵炭素材料
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/010235 国際出願番号: PCT/JP2016/068187
国際公開日: 19.01.2017 国際出願日: 17.06.2016
IPC:
B01J 20/20 (2006.01) ,B01J 20/28 (2006.01) ,C01B 3/00 (2006.01) ,G01N 24/08 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
20
遊離炭素からなるもの;炭化工程によって得られた炭素からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
28
形態または物理的性質に特徴のあるもの
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
24
核磁気共鳴,電子常磁性共鳴または他のスピン効果の使用による材料の調査または分析
08
核磁気共鳴を用いることによるもの
出願人:
国立大学法人北海道大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY [JP/JP]; 北海道札幌市北区北8条西5丁目 Kita 8-jyo Nishi 5-chome, Kita-ku, Sapporo-shi, Hokkaido 0600808, JP
国立大学法人群馬大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION GUNMA UNIVERSITY [JP/JP]; 群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地 2, Aramaki-machi 4-chome, Maebashi-shi, Gunma 3718510, JP
日清紡ホールディングス株式会社 NISSHINBO HOLDINGS INC. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋人形町二丁目31番11号 2-31-11, Ningyo-cho, Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo 1038650, JP
発明者:
熊谷 治夫 KUMAGAI, Haruo; JP
尾崎 純一 OZAKI, Jun-ichi; JP
大谷 朝男 OYA, Asao; JP
石井 孝文 ISHII, Takafumi; JP
真家 卓也 MAIE, Takuya; JP
小林 里江子 KOBAYASHI, Rieko; JP
今城 靖雄 IMASHIRO, Yasuo; JP
代理人:
特許業務法人はるか国際特許事務所 HARUKA PATENT & TRADEMARK ATTORNEYS; 東京都千代田区六番町3 六番町SKビル5階 Rokubancho SK Bldg. 5th Floor, 3, Rokubancho, Chiyoda-ku, Tokyo 1020085, JP
優先権情報:
2015-13877410.07.2015JP
発明の名称: (EN) HYDROGEN STORAGE CARBON MATERIAL
(FR) SUBSTANCE CARBONÉE DE STOCKAGE D'HYDROGÈNE
(JA) 水素吸蔵炭素材料
要約:
(EN) Provided are a hydrogen storage carbon material having a carbon structure suitable for hydrogen storage, and a method for producing the hydrogen storage carbon material. This hydrogen storage carbon material has a carbon structure in which the proportion of the ultra-micro pore volume to the micro pore volume is 60% or more, and, in 1H-NMR measurement, stored hydrogen has a second peak at a position corresponding to a chemical shift of -2 ppm to -20 ppm with respect to a first peak attributed to gaseous hydrogen.
(FR) La présente invention concerne une substance carbonée de stockage d'hydrogène ayant une structure carbonée appropriée pour le stockage d'hydrogène, et un procédé de production de ladite substance carbonée de stockage d'hydrogène. Ladite substance carbonée de stockage d'hydrogène a une structure carbonée dans laquelle la proportion des pores de volume ultramicroscopique par rapport aux pores de volume microscopique est supérieure ou égale à 60 %, et, dans une mesure de 1H-RMN, l'hydrogène stocké révèle un second pic à une position correspondant à un déplacement chimique de -2 ppm à -20 ppm par rapport à un premier pic attribué à l'hydrogène gazeux.
(JA) 水素吸蔵に適した炭素構造を有する水素吸蔵炭素材料及びその製造方法を提供する。本実施形態に係る水素吸蔵炭素材料は、ミクロ孔容積に対するウルトラミクロ孔容積の割合が60%以上であり、吸蔵された水素が、H-NMR測定において、気体状の水素に起因する第一のピークに対する化学シフト-2ppm~-20ppmの位置に第二のピークを示す炭素構造を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)