このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017010211) 凝固物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/010211 国際出願番号: PCT/JP2016/067644
国際公開日: 19.01.2017 国際出願日: 14.06.2016
IPC:
C08J 7/02 (2006.01) ,D06M 15/564 (2006.01) ,D06N 3/14 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
7
高分子物質から製造された成形体の処理または被覆
02
溶媒,例.膨潤剤,を使用するもの
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15
繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19
合成高分子化合物によるもの
37
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
564
ポリ尿素,ポリウレタンまたはウレイドまたはウレタン連結基をもつ他の重合体;その初期縮合物
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
N
壁,床または類似の被覆材料,例.リノリュウム,オイルクロス,人造皮革,ルーフィングフェルト,高分子材料の層によって被覆された繊維ウェブからなるもの;他に分類されない柔軟なシート材料
3
高分子材料,例えば樹脂,ゴムまたはこれらの誘導体で繊維ウェブを被覆して得られる人工皮革,オイルクロスまたは類似物
12
炭素―炭素間不飽和結合のみが関与する反応による以外の反応によって得られる高分子化合物によるもの
14
ポリウレタンによるもの
出願人:
DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP/JP]; 東京都板橋区坂下三丁目35番58号 35-58, Sakashita 3-chome, Itabashi-ku, Tokyo 1748520, JP
発明者:
鉄井 智博 TETSUI Tomohiro; JP
前田 亮 MAEDA Ryo; JP
小松崎 邦彦 KOMATSUZAKI Kunihiko; JP
千々和 宏之 CHIJIWA Hiroyuki; JP
藤下 章恵 FUJISHITA Norie; JP
代理人:
河野 通洋 KONO Michihiro; JP
優先権情報:
2015-14051014.07.2015JP
発明の名称: (EN) COAGULATION MANUFACTURING METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE COAGULATIONS
(JA) 凝固物の製造方法
要約:
(EN) The present invention provides a method of manufacturing coagulations that are characterized by being obtained by causing an aqueous urethane-resin composition to coagulate by using an alcohol solvent containing 2 to 6 carbon atoms. The present invention addresses the problem of providing a manufacturing method with which it is possible to obtain coagulations having good texture. With the manufacturing method of the present invention, it is possible to obtain coagulations having good texture. In addition, because an alcohol solvent containing a small number of carbon atoms is used in the coagulating bath, the environmental load is low. Therefore, it is possible to suitably use the coagulations obtained by means of the manufacturing method of the present invention to manufacture gloves, paint, leather-like sheets, or the like. It is preferable that 2-propanol be used as the alcohol solvent because an isopropyl group that has high permeability in a resin-blended liquid and that also has moderate hydrophobicity is included therein, which makes it possible to further enhance the texture of the coagulations.
(FR) La présente invention concerne un procédé de fabrication de coagulations qui sont caractérisées en ce qu'elles sont obtenues en provoquant la coagulation d'une composition de résine d'uréthane aqueuse en utilisant un solvant à base d'alcool contenant 2 à 6 atomes de carbone. La présente invention aborde le problème consistant à fournir un procédé de fabrication permettant d'obtenir des coagulations ayant une bonne texture. Avec le procédé de fabrication de la présente invention, il est possible d'obtenir des coagulations ayant une bonne texture. De plus, en raison de l'utilisation d'un solvant à base d'alcool contenant un petit nombre d'atomes de carbone dans le bain de coagulation, la charge environnementale est faible. Par conséquent, il est possible d'utiliser de façon appropriée les coagulations obtenues au moyen du procédé de fabrication de la présente invention pour fabriquer des gants, de la peinture, des feuilles semblables à du cuir, ou analogues. Il est préférable d'utiliser 2-propanol comme solvant à base d'alcool, car un groupe isopropyle qui a une perméabilité élevée dans un liquide dans lequel est incorporée une résine et qui présente également une hydrophobicité modérée est inclus à l'intérieur de celui-ci, ce qui permet d'améliorer encore la texture des coagulations.
(JA) 本発明は、水性ウレタン樹脂組成物を炭素原子数2~6のアルコール溶媒で凝固させることにより得られたことを特徴とする凝固物の製造方法を提供するものである。本発明が解決しようとする課題は、風合いに優れる凝固物が得られる製造方法を提供することである。本発明の製造方法によれば、風合いに優れる凝固物が得られる。また、凝固浴として、炭素原子数が小さいアルコール溶媒を使用するため、環境への負荷も小さいものである。よって、本発明の製造方法により得られる凝固物は、手袋、塗料、皮革様シート等の製造に好適に使用することができる。前記アルコール溶媒としては、樹脂配合液への浸透性が高く、かつ適度な疎水性を持つイソプロピル基を有するため、凝固物の風合いをより一層向上できる点から、2-プロパノールを用いることが好ましい。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)