このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017010141) イネ科植物の茎葉由来発酵生成物の製造方法及び製造装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/010141 国際出願番号: PCT/JP2016/062755
国際公開日: 19.01.2017 国際出願日: 22.04.2016
IPC:
C12P 1/00 (2006.01) ,C12M 1/00 (2006.01) ,C12M 1/02 (2006.01) ,C12P 7/06 (2006.01) ,C12P 7/16 (2006.01) ,C12P 7/18 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
1
微生物または酵素を使用してのグループ3/00~39/00に分類されない化合物または組成物の製造;微生物または酵素を使用しての化合物または組成物の製造方法一般
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
02
攪拌手段を有するもの;熱交換手段を有するもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
02
水酸基を有するもの
04
非環式のもの
06
エタノール,すなわち非飲料のもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
02
水酸基を有するもの
04
非環式のもの
16
ブタノール
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
02
水酸基を有するもの
04
非環式のもの
18
多価アルコール
出願人:
新日鉄住金エンジニアリング株式会社 NIPPON STEEL & SUMIKIN ENGINEERING CO., LTD. [JP/JP]; 東京都品川区大崎一丁目5番1号 5-1, Osaki 1-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1418604, JP
発明者:
茗荷 菜月 MYOGA Natsuki; JP
若村 修 WAKAMURA Osamu; JP
加藤 也寸彦 KATO Yasuhiko; JP
森田 健太郎 MORITA Kentaro; JP
小川 健一 OGAWA Kenichi; JP
代理人:
志賀 正武 SHIGA Masatake; JP
優先権情報:
2015-14212816.07.2015JP
発明の名称: (EN) METHOD AND DEVICE FOR MANUFACTURING FERMENTATION PRODUCT DERIVED FROM FOLIAGE OF GRAMINEOUS PLANT
(FR) PROCÉDÉ ET DISPOSITIF PERMETTANT LA FABRICATION D'UN PRODUIT DE FERMENTATION DÉRIVÉ DU FEUILLAGE DE PLANTE GRAMINÉE
(JA) イネ科植物の茎葉由来発酵生成物の製造方法及び製造装置
要約:
(EN) The present invention is a method for manufacturing a fermentation product derived from foliage of a gramineous plant, the foliage of the gramineous plant including at least the crown part of a stem, and the method having: (A) a step for adding a hydration liquid to the foliage of the gramineous plant, performing juice extraction, and separating extracted juice and solid content; (B) a step for adding at least one catalyst selected from sulfuric acid, hydrochloric acid, nitric acid, phosphoric acid, sodium hydroxide, potassium hydroxide, and ammonia, or a combination thereof, to the solid content separated in step (A) and performing hydrolysis; (C) a step for mixing the extracted juice obtained in step (A) and a hydrolysate obtained in step (B) and performing saccharification using an enzyme; and (D) a step for fermenting a saccharification liquid obtained in step (C), through use of microbes.
(FR) La présente invention concerne un procédé pour la fabrication d'un produit de fermentation dérivé du feuillage d'une plante graminée, le feuillage de la plante graminée comprenant au moins la partie sommitale d'une tige, et le procédé comportant : (A) une étape pour ajouter un liquide d'hydratation au feuillage de la plante graminée, effectuer une extraction du jus, et séparer le jus extrait et le contenu solide ; (B) une étape pour ajouter au moins un catalyseur choisi parmi l'acide sulfurique, l'acide chlorhydrique, l'acide nitrique, l'acide phosphorique, l'hydroxyde de sodium, l'hydroxyde de potassium et l'ammoniac, ou une combinaison correspondante, au contenu solide séparé à l'étape (A) et réaliser une hydrolyse ; (C) une étape pour mélanger le jus extrait obtenu à l'étape (A) et un hydrolysat obtenu à l'étape (B) et effectuer une saccharification à l'aide d'une enzyme ; et (D) une étape pour fermenter un liquide de saccharification obtenu à l'étape (C), par l'utilisation de microbes.
(JA) 本発明は、イネ科植物の茎葉由来発酵生成物の製造方法であって、前記イネ科植物の茎葉は少なくとも茎の梢頭部を含み、(A)前記イネ科植物の茎葉に加水液を添加し、搾汁を行い、搾汁液と固形分を分離する工程と、(B)前記工程(A)で分離された前記固形分に、硫酸、塩酸、硝酸、リン酸、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、アンモニア、又はこれらの組み合わせから選ばれる少なくとも一つの触媒を添加し、加水分解する工程と、(C)前記工程(A)で得られた前記搾汁液と前記工程(B)で得られた加水分解物とを混合して、酵素で糖化する工程と、(D)前記工程(C)で得られた糖化液を微生物で発酵する工程とを有する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)