国際・国内特許データベース検索

1. (WO2017010032) 内燃機関の燃料噴射制御装置

Pub. No.:    WO/2017/010032    International Application No.:    PCT/JP2016/002394
Publication Date: Fri Jan 20 00:59:59 CET 2017 International Filing Date: Tue May 17 01:59:59 CEST 2016
IPC: F02D 41/20
F02M 51/00
F02M 51/06
F02M 61/10
Applicants: DENSO CORPORATION
株式会社デンソー
Inventors: NAKANO, Kosuke
中野 孝亮
TANAKA, Makoto
田中 誠
YANOTO, Keisuke
矢野東 敬介
Title: 内燃機関の燃料噴射制御装置
Abstract:
噴孔(49)を開閉するニードル(41)とニードルを開弁方向に押す押圧部(40a)を有する可動コア(40)とが別体で設けられると共に、ニードル及び可動コアを閉弁方向に付勢する付勢部材(45)と可動コアを開弁方向に駆動するソレノイド(52)とが設けられ、ソレノイドの非通電時に可動コアの押圧部とニードルの被押圧部(42)との間に所定の隙間が形成される構造の燃料噴射弁(21)を備えた内燃機関の燃料噴射制御装置は、所定の実行条件が成立したときに、可動コアの押圧部がニードルの被押圧部に当接するがニードルが開弁方向に移動せずに閉弁位置で停止した状態に維持されるようにソレノイドに通電するプレチャージ制御を実行し、プレチャージ制御の実行後に、可動コア及びニードルが開弁方向に移動して燃料が噴射されるようにソレノイドに通電する開弁制御を実行する制御部(30、101~106、109)と、プレチャージ制御を実行した後に開弁制御を実行した場合における燃料噴射弁の電気的信号に基づいて燃料噴射弁の開弁応答性の情報である開弁応答情報を検出する検出部(30、107、110)と、プレチャージ制御を実行した後に開弁制御を実行した場合における開弁応答情報に基づいて燃料噴射弁の噴射制御量を補正する補正部(30、108、111)とを備えている。