このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017009936) 鋼板、溶融亜鉛めっき鋼板、及び合金化溶融亜鉛めっき鋼板、並びにそれらの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/009936 国際出願番号: PCT/JP2015/070050
国際公開日: 19.01.2017 国際出願日: 13.07.2015
IPC:
C22C 38/04 (2006.01) ,C22C 38/58 (2006.01) ,C23C 2/06 (2006.01) ,C23C 2/28 (2006.01) ,C21D 8/02 (2006.01) ,C21D 9/46 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
04
マンガンを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
58
マンガンを1.5重量%より多く含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
06
亜鉛もしくはカドミウムまたはそれらを基とする合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
28
熱による後処理,例.油浴処理
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8
熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
02
板あるいはストリップの製造中におけるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
46
金属薄板用
出願人:
新日鐵住金株式会社 NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
戸田 由梨 TODA Yuri; JP
東 昌史 AZUMA Masafumi; JP
上西 朗弘 UENISHI Akihiro; JP
川田 裕之 KAWATA Hiroyuki; JP
丸山 直紀 MARUYAMA Naoki; JP
重里 元一 SHIGESATO Genichi; JP
代理人:
志賀 正武 SHIGA Masatake; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) STEEL SHEET, HOT-DIP GALVANIZED STEEL SHEET, ALLOYED HOT-DIP GALVANIZED STEEL SHEET, AND PRODUCTION METHODS THEREFOR
(FR) TÔLE D'ACIER, TÔLE D'ACIER GALVANISÉE PAR IMMERSION À CHAUD, TÔLE D'ACIER GALVANISÉE PAR IMMERSION À CHAUD ALLIÉE ET PROCÉDÉS DE PRODUCTION ASSOCIÉS
(JA) 鋼板、溶融亜鉛めっき鋼板、及び合金化溶融亜鉛めっき鋼板、並びにそれらの製造方法
要約:
(EN) A steel sheet according to one embodiment of the present invention has a prescribed chemical composition. The structure of a portion comprising ¼ of the sheet thickness includes, expressed as volume fractions, at least 70% of tempered martensite, and a total of less than 20% of ferrite and/or bainite. The structure of the portion comprising ¼ of the sheet thickness includes, expressed as volume fractions, less than 10% of retained austenite, not more than 10% of fresh martensite, and not more than 10% of pearlite. The total volume fraction of retained austenite, fresh martensite, and pearlite in said structure is not more than 15%. The number density of iron-based carbides having a longitudinal diameter of at least 5 nm in the tempered martensite in the portion comprising ¼ of the sheet thickness is at least 5×107 per mm2. The ratio of the number of ε carbides to the number of the iron-based carbides having a longitudinal diameter of at least 5 nm in the portion comprising ¼ of the sheet thickness is at least 20%. The tensile strength is at least 780 MPa.
(FR) Une tôle d'acier d'après un mode de réalisation de la présente invention a une composition chimique prescrite. La structure d'une partie contenant ¼ de l'épaisseur de la tôle contient, exprimé en fractions volumiques, au moins 70 % de martensite revenue et un total de moins de 20 % de ferrite et/ou de bainite. La structure de la partie contenant ¼ de l'épaisseur de la tôle contient, exprimé en fractions volumiques, moins de 10 % d'austénite résiduelle, pas plus de 10 % de martensite fraîche et pas plus de 10 % de perlite. La fraction volumique totale de l'austénite résiduelle, de la martensite fraîche et de la perlite dans ladite structure n'est pas supérieure à 15 %. La densité en nombre des carbures à base de fer ayant un diamètre longitudinal d'au moins 5 nm dans la martensite revenue dans la partie contenant ¼ de l'épaisseur de la tôle est égale à au moins 5×107 par mm2. Le rapport du nombre des carbures ε au nombre des carbures à base de fer ayant un diamètre longitudinal d'au moins 5 nm dans la partie contenant ¼ de l'épaisseur de la tôle est d'au moins 20 %. La résistance à la traction est d'au moins 780 MPa.
(JA) 本発明の一態様に係る鋼板は、所定の化学成分を有し、板厚1/4部の組織が、体積分率で、焼戻しマルテンサイト:70%以上、およびフェライト及びベイナイトの1種又は2種:合計で20%未満を含有し、前記板厚1/4部の組織において、体積分率で、残留オーステナイトが10%未満であり、フレッシュマルテンサイトが10%以下であり、パーライトが10%以下であり、且つこれらの合計体積分率が15%以下であり、前記板厚1/4部における前記焼戻しマルテンサイト中の、長径5nm以上の鉄系炭化物の個数密度が5×10個/mm以上であり、前記板厚1/4部における長径5nm以上の前記鉄系炭化物の個数に対する、ε系炭化物の個数の割合が20%以上であり、引張強度が780MPa以上である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)