処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2017006929 - 光学活性化合物の製造方法及びそれに触媒として用いられるトリアゾリウム塩

公開番号 WO/2017/006929
公開日 12.01.2017
国際出願番号 PCT/JP2016/069888
国際出願日 05.07.2016
IPC
C07C 303/40 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
303硫酸エステルまたはアミドの製造;スルホン酸またはそのエステル,ハライド,無水物またはアミドの製造
36スルホン酸アミドの製造
40スルホンアミド基の形成が関与しない反応によるもの
B01J 31/02 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
31水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
02有機化合物または金属水素化物を含有するもの
C07C 253/30 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
253カルボン酸ニトリルの製造
30シアノ基の形成の関与しない反応によるもの
C07C 255/24 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
255カルボン酸ニトリル
01非環式炭素原子に結合しているシアノ基をもつもの
24シアノ基と,同じ飽和非環式炭素骨格に結合しておりさらに他の異種原子に結合していない単結合の窒素原子とを含有するもの
C07C 311/19 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
311スルホン酸アミド,すなわちスルホン酸基の単結合で結合している酸素原子がニトロまたはニトロソ基の一部でない窒素原子で置き換えられている化合物
15スルホン酸アミド基の硫黄原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
16少なくとも1個のスルホン酸アミド基の窒素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
19カルボキシル基で置換された炭化水素基の非環式炭素原子に結合しているもの
C07D 249/06 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
249異項原子として3個の窒素原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
02他の環と縮合していないもの
041,2,3―トリアゾール;水素添加した1,2,3―トリアゾール
06環の原子に直接結合したアリール基をもつもの
CPC
B01J 31/02
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
31Catalysts comprising hydrides, coordination complexes or organic compounds
02containing organic compounds or metal hydrides
C07B 53/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
BGENERAL METHODS OF ORGANIC CHEMISTRY; APPARATUS THEREFOR
53Asymmetric syntheses
C07B 61/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
BGENERAL METHODS OF ORGANIC CHEMISTRY; APPARATUS THEREFOR
61Other general methods
C07C 253/30
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
253Preparation of carboxylic acid nitriles
30by reactions not involving the formation of cyano groups
C07C 255/24
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
255Carboxylic acid nitriles
01having cyano groups bound to acyclic carbon atoms
24containing cyano groups and singly-bound nitrogen atoms, not being further bound to other hetero atoms, bound to the same saturated acyclic carbon skeleton
C07C 303/40
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
303Preparation of esters or amides of sulfuric acids; Preparation of sulfonic acids or of their esters, halides, anhydrides or amides
36of amides of sulfonic acids
40by reactions not involving the formation of sulfonamide groups
出願人
  • 国立大学法人名古屋大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION NAGOYA UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 大井 貴史 OOI, Takashi
  • 大松 亨介 OHMATSU, Kohsuke
代理人
  • 特許業務法人三枝国際特許事務所 SAEGUSA & PARTNERS
優先権情報
2015-13512006.07.2015JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PRODUCTION METHOD FOR OPTICALLY ACTIVE COMPOUND, AND TRIAZOLIUM SALT USED AS CATALYST IN SAME
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ OPTIQUEMENT ACTIF, ET SEL DE TRIAZOLIUM UTILISÉ EN TANT QUE CATALYSEUR DANS LEDIT PROCÉDÉ
(JA) 光学活性化合物の製造方法及びそれに触媒として用いられるトリアゾリウム塩
要約
(EN)
The present invention makes it easy to obtain, with good yield and stereoselectivity, an optically active α-tetrasubstituted α-amino nitrile derivative, or an intermediate for the synthesis of said derivative, by reacting a cyanometalate with a compound represented by formula (3), in which R1-R3 are as described, under the presence of a triazolium salt represented by formula (2), in which R5 and R8-R10 are the same or different and represent an aryl group which may be substituted, R6 represents a primary alkyl group which may be substituted, R7 represents a fatty alkyl group which may be substituted, or a cycloalkyl group which may be substituted, and X1 represents a halogen atom or a monovalent anion.
(FR)
La présente invention permet d'obtenir facilement, en présentant un rendement important et une bonne stéréosélectivité, un dérivé de nitrile α-amino, α-tétrasubstitué optiquement actif, ou un intermédiaire pour la synthèse dudit dérivé, en faisant réagir un cyanométallate avec un composé représenté par la formule (3), selon laquelle R1-R3 sont tels que décrits, en présence d'un sel de triazolium représenté par la formule (2), selon laquelle R5 et R8-R10 sont identiques ou différents et représentent un groupe aryle qui peut être substitué, R6 représente un groupe alkyle primaire qui peut être substitué, R7 représente un groupe alkyle gras qui peut être substitué, ou un groupe cycloalkyle qui peut être substitué, et X1 représente un atome d'halogène ou un anion monovalent.
(JA)
[式(2)中、R5及びR8~R10は同一又は異なって、置換されていてもよいアリール基を示す。R6は置換されていてもよい第一級アルキル基を示す。R7は置換されていてもよい脂肪族アルキル基、又は置換されていてもよいシクロアルキル基を示す。X1はハロゲン原子又は1価のアニオンを示す。] で表されるトリアゾリウム塩の存在下に、 [式(3)中、R1~R3は前記に同じである。] で表される化合物と、シアン化金属とを反応させることで、光学活性α四置換αアミノニトリル誘導体又はその合成のための中間体を、簡便に、収率及び立体選択性よく得ることができる。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報