このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017006724) 原料ガスの精製装置、及び精製方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/006724 国際出願番号: PCT/JP2016/067790
国際公開日: 12.01.2017 国際出願日: 15.06.2016
IPC:
C10L 3/10 (2006.01) ,B01D 53/04 (2006.01) ,B01D 53/14 (2006.01) ,B01D 53/22 (2006.01) ,B01D 53/50 (2006.01) ,B01D 53/64 (2006.01) ,B01D 53/78 (2006.01) ,C10K 1/08 (2006.01) ,C10K 1/32 (2006.01) ,C10K 1/34 (2006.01)
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
L
他に分類されない燃料;天然ガス;サブクラスC10GまたはC10Kに包含されない工程により得られる合成天然ガス;液化石油ガス;燃料への添加剤の使用;火炎着火剤
3
ガス体燃料;天然ガス;サブクラスC10G,C10Kに包含されない工程により得られる合成天然ガス;液化石油ガス
06
天然ガス;C10G,C10K3/02またはC10K3/04に包含されない工程により得られる合成天然ガス
10
天然ガスまたは合成天然ガスの仕上げ処理加工
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
02
吸着によるもの,例.分取ガスクロマトグラフィー
04
吸着剤を静置したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
14
吸収によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
22
拡散によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
48
硫黄化合物
50
硫黄酸化物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
64
重金属またはその化合物,例.水銀
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
77
液相方法
78
気液接触によるもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
K
一酸化炭素含有可燃性ガスの精製または化学組成の精製または変性
1
一酸化炭素含有可燃性ガスの精製
08
液体による洗浄によるもの;使用済み洗浄液の再生
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
K
一酸化炭素含有可燃性ガスの精製または化学組成の精製または変性
1
一酸化炭素含有可燃性ガスの精製
32
選択的吸着性固体をもつもの,例.活性炭
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
K
一酸化炭素含有可燃性ガスの精製または化学組成の精製または変性
1
一酸化炭素含有可燃性ガスの精製
34
不純物の接触転化により,より除去し易い物質とするもの
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目16番5号 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP
発明者:
田中 幸男 TANAKA, Yukio; JP
野島 繁 NOJIMA, Shigeru; JP
江田 昌之 EDA, Masayuki; JP
秋山 知雄 AKIYAMA, Tomoh; JP
代理人:
奥山 尚一 OKUYAMA, Shoichi; JP
優先権情報:
2015-13462403.07.2015JP
発明の名称: (EN) SOURCE GAS PURIFICATION APPARATUS AND PURIFICATION METHOD
(FR) APPAREIL DE PURIFICATION DE GAZ SOURCE ET PROCÉDÉ DE PURIFICATION
(JA) 原料ガスの精製装置、及び精製方法
要約:
(EN) This source gas purification apparatus includes: a first H2S removing device 2 which removes H2S from a source gas that includes at least a hydrocarbon, H2S, and a sulfur compound other than H2S; a sulfur compound conversion device 3 which converts the sulfur compound other than H2S into H2S; and a second H2S removing device 4 which removes the converted H2S.
(FR) La présente invention concerne un appareil de purification de gaz source comprenant : un premier dispositif d'élimination de H2S 2 qui élimine H2S d'un gaz source qui comprend au moins un hydrocarbure, H2S et un composé de soufre autre que H2S ; un dispositif de conversion de composé de soufre 3 qui convertit le composé de soufre autre que H2S en H2S ; et un second dispositif d'élimination de H2S 4 qui permet d'éliminer le H2S converti.
(JA) 少なくとも炭化水素と、HSと、HS以外の硫黄化合物とを含む原料ガスから、該HSを除去する第一のHS除去装置2と、前記HS以外の硫黄化合物をHSに転換する硫黄化合物の転換装置3と、前記転換されたHSを除去する第二のHS除去装置4とを備えることとした。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)