このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017006527) アタッチメント、アタッチメント付きワーク搬送装置及びそれを用いたワーク搬送方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/006527 国際出願番号: PCT/JP2016/002963
国際公開日: 12.01.2017 国際出願日: 20.06.2016
IPC:
B21D 43/05 (2006.01) ,B21D 43/00 (2006.01) ,B21D 43/18 (2006.01) ,B30B 13/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
43
金属板,金属管または金属プロフィルを加工または処理するための装置内に組み込まれあるいはその中に配置され,あるいは関連して使用するために特に適応された給送,位置決め,または貯蔵装置;切断装置との組合せ(工具と協働する切断装置は,工具の適切なグループを参照)
02
ダイスまたは工具のストロークと関連した被加工物の送り
04
被加工物に対して機械的に係合する手段によるもの
05
多行程のプレスのために特に適応させたもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
43
金属板,金属管または金属プロフィルを加工または処理するための装置内に組み込まれあるいはその中に配置され,あるいは関連して使用するために特に適応された給送,位置決め,または貯蔵装置;切断装置との組合せ(工具と協働する切断装置は,工具の適切なグループを参照)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
43
金属板,金属管または金属プロフィルを加工または処理するための装置内に組み込まれあるいはその中に配置され,あるいは関連して使用するために特に適応された給送,位置決め,または貯蔵装置;切断装置との組合せ(工具と協働する切断装置は,工具の適切なグループを参照)
02
ダイスまたは工具のストロークと関連した被加工物の送り
18
被加工物と空気的または磁気的係合手段によるもの
B 処理操作;運輸
30
プレス
B
プレス一般;他に分類されないプレス
13
先行メイングループ1/00から12/00のどのプレスの使用にも限定されないプレス方法
出願人:
株式会社エイチアンドエフ HITACHI ZOSEN FUKUI CORPORATION [JP/JP]; 福井県あわら市自由ヶ丘1丁目8番28号 8-28, Jiyugaoka 1-chome, Awara-shi, Fukui 9190695, JP
発明者:
義元 崇晃 YOSHIMOTO, Takaaki; JP
代理人:
白崎 真二 SHIRASAKI, Shinji; JP
優先権情報:
2015-13651907.07.2015JP
発明の名称: (EN) ATTACHMENT, WORKPIECE TRANSFER DEVICE WITH ATTACHMENT, AND WORKPIECE TRANSFER METHOD USING SAME
(FR) ACCESSOIRE, DISPOSITIF DE TRANSFERT DE PIÈCE COMPRENANT L'ACCESSOIRE ET PROCÉDÉ DE TRANSFERT DE PIÈCE UTILISANT CELUI-CI
(JA) アタッチメント、アタッチメント付きワーク搬送装置及びそれを用いたワーク搬送方法
要約:
(EN) [Problem] To provide an attachment that can provide a fixed distance between the tips of arms and a crossbar, a workpiece transfer device with the attachment capable of transferring an upstream side workpiece to a left position or right position on the downstream side while turning the workpiece, and a workpiece transfer method using the workpiece transfer device with the attachment. [Solution] The present invention provides an attachment 10 that is used in a double arm type workpiece transfer device, provided with a holding means 1 for picking up and holding a workpiece W, a crossbar 5 whereto the holding means 1 is attached, and a distance providing unit 7 attached to the crossbar 5, wherein the distance providing unit 7 is pivotally mounted on the tips of a pair of left and right arms of the workpiece transfer device and provides a fixed distance between the tips of the arms and the crossbar 5. The present invention also provides a workpiece transfer device X which is provided with the attachment 10, and a workpiece transfer method using the workpiece transfer device X with the attachment.
(FR) L'invention a pour objet un accessoire qui permet d'assurer une distance fixe entre les bouts de bras et une traverse, un dispositif de transfert de pièce comprenant l'accessoire et permettant de transférer une pièce du côté amont vers une position gauche ou une position droite du côté aval tout en tournant la pièce et un procédé de transfert de pièce utilisant le dispositif de transfert de pièce comprenant l'accessoire. À cet effet, la présente invention porte sur un accessoire (10) qui est utilisé dans un dispositif de transfert de pièce de type à deux bras, pourvu d'un moyen de maintien (1) pour la saisie et le maintien d'une pièce (W), d'une traverse (5) à laquelle le moyen de maintien (1) est fixé et d'une unité (7) assurant une distance fixée à la traverse (5), l'unité (7) assurant une distance étant montée pivotante sur les bouts d'une paire de bras gauche et droit du dispositif de transfert de pièce et assurant une distance fixe entre les bouts des bras et la traverse (5). La présente invention porte également sur un dispositif (X) de transfert de pièce qui est pourvu de l'accessoire (10) et un procédé de transfert de pièce utilisant le dispositif (X) de transfert de pièce comprenant l'accessoire.
(JA) 【課題】アームの先端と、クロスバーとの間に一定距離を確保することができるアタッチメント、上流側のワークを旋回させながら下流側の左位置又は右位置に搬送することができるアタッチメント付きワーク搬送装置及び当該アタッチメント付きワーク搬送装置を用いたワーク搬送方法を提供する。 【解決手段】本発明は、ダブルアーム式のワーク搬送装置に用いられるアタッチメント10であって、ワークWを吸着保持するための保持手段1と、該保持手段1が取り付けられたクロスバー5と、該クロスバー5に取り付けられた距離確保部7と、を備え、距離確保部7が、ワーク搬送装置の左右一対のアームの先端に枢着可能となっており、且つ、該アームの先端と、クロスバー5との間に一定距離を確保しているアタッチメント10、該アタッチメント10を備えるアタッチメント付きワーク搬送装置X及び該アタッチメント付きワーク搬送装置Xを用いたワークの搬送方法である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)