国際・国内特許データベース検索

1. (WO2017002871) 粒状多孔体に接触させて反応させる反応方法

Pub. No.:    WO/2017/002871    International Application No.:    PCT/JP2016/069309
Publication Date: Fri Jan 06 00:59:59 CET 2017 International Filing Date: Thu Jun 30 01:59:59 CEST 2016
IPC: B01J 8/02
B01J 8/16
B01J 20/28
B01J 45/00
C01B 33/159
G01N 30/88
G01N 30/96
Applicants: SNG INC.
株式会社エスエヌジー
Inventors: MIYAMOTO, Riichi
宮本 利一
BAI, Hongzhi
白 鴻志
Title: 粒状多孔体に接触させて反応させる反応方法
Abstract:
反応対象を含む液体を粒状多孔体に接触させて反応させる反応方法において、接触時間と最適な粒径等との関係を明らかにし、効率的な反応条件を提供する。粒状多孔体の粒子径の上限値D(mm)を、非循環式のカラム通流法では、D=0.556×LN(T)+0.166、循環式の前記カラム通流法及び振盪法では、D=0.0315×T+0.470により求め、接触時間T(秒)は、非循環式のカラム通流法では、粒状多孔体の容積(m3)を液体の通流速度(m3/秒)で除した値で与えられ、循環式の前記カラム通流法では、液体の通流時間(秒)に、粒状多孔体の容積を液体の容積で除した容積比を乗じた値で与えられ、振盪法では、液体中に粒状多孔体を添加してからの経過時間(秒)に、前記容積比を乗じた値で与えられる。