このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017002624) 発電システム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/002624 国際出願番号: PCT/JP2016/067819
国際公開日: 05.01.2017 国際出願日: 15.06.2016
IPC:
F01K 23/06 (2006.01) ,F01K 23/10 (2006.01) ,F02G 5/00 (2006.01) ,F02G 5/02 (2006.01) ,F02G 5/04 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
23
2以上の機関が設備の外部へ出力を供給し,それらの機関が異なった流体で駆動されることを特徴とする設備
02
機関サイクルが熱的に結合されているもの
06
一方のサイクルからの燃焼熱が他方のサイクルの流体を加熱するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
23
2以上の機関が設備の外部へ出力を供給し,それらの機関が異なった流体で駆動されることを特徴とする設備
02
機関サイクルが熱的に結合されているもの
06
一方のサイクルからの燃焼熱が他方のサイクルの流体を加熱するもの
10
一方のサイクルの排出流体が他方のサイクルの流体を加熱するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
02
排気ガスの廃熱を役立てるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
02
排気ガスの廃熱を役立てるもの
04
燃焼機関からの他の廃熱とを組み合わせたもの
出願人:
いすゞ自動車株式会社 ISUZU MOTORS LIMITED [JP/JP]; 東京都品川区南大井6丁目26番1号 26-1, Minamiohi 6-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1408722, JP
発明者:
福永 晋 FUKUNAGA Susumu; JP
代理人:
日比谷 征彦 HIBIYA Yukihiko; JP
優先権情報:
2015-13070130.06.2015JP
発明の名称: (EN) POWER GENERATION SYSTEM
(FR) SYSTÈME DE GÉNÉRATION D'ÉNERGIE
(JA) 発電システム
要約:
(EN) Provided is a power generation system comprising: an engine (10) which discharges exhaust and through which circulating cooling water passes; a Rankine cycle in which disposed sequentially within a circulation flow path (41) are an evaporator (43) that uses cooling water to evaporate a working fluid having a boiling point lower than that of the cooling water, an expander (44) that expands the working fluid, a condenser (45) that condenses the working fluid, and a pump (42) that causes the working fluid to circulate within the circulation flow path (41); a cooling water passage (30) that introduces the cooling water that has passed through the engine (10) to the evaporator (43); a first bypass passage (31a) that branches from the cooling water passage (30) and then connects thereto; and a heat exchanger (24) that is provided at a location where an exhaust passage (20) for the exhaust and the first bypass passage (31a) intersect, and that recovers the heat from the exhaust to the cooling water in the first bypass passage (31a).
(FR) L'invention concerne un système de production d'énergie comprenant : un moteur (10) qui évacue un échappement et à travers duquel passe de l'eau de refroidissement en circulation; un cycle de Rankine dans lequel, disposés de manière séquentielle sur un trajet d'écoulement (41) de circulation, se trouvent un évaporateur (43) qui utilise de l'eau de refroidissement pour évaporer un fluide de travail ayant un point d'ébullition inférieur à celui de l'eau de refroidissement, un détendeur (44) qui détend le fluide de travail, un condenseur (45) qui condense le fluide de travail, et une pompe (42) qui amène le fluide de travail à circuler à l'intérieur du trajet d'écoulement (41) de circulation; un passage (30) d'eau de refroidissement qui introduit l'eau de refroidissement qui est passée à travers le moteur (10) dans l'évaporateur (43); un premier passage de dérivation (31a) qui se ramifie à partir du passage (30) d'eau de refroidissement puis se raccorde à ce dernier; et un échangeur de chaleur (24) qui est placé au niveau d'un emplacement où un passage d'échappement (20) destiné à l'échappement et le premier passage de dérivation (31a) se croisent, et qui récupère la chaleur de l'échappement pour la transférer à l'eau de refroidissement dans le premier passage de dérivation (31a).
(JA) 発電システムは、排気を排出すると共に、循環する冷却水が通過するエンジン(10)と、循環流路(41)内に、冷却水によって冷却水よりも沸点が低い作動流体を蒸発させる蒸発器(43)、作動流体を膨張させる膨張器(44)、作動流体を凝縮させる凝縮器(45)、作動流体を循環流路(41)内で循環させるポンプ(42)の順に配置されたランキンサイクル(40)と、エンジン(10)を通過した冷却水を、蒸発器(43)に導入する冷却水通路(30)と、冷却水通路(30)から分岐した後に冷却水通路(30)と接続する第1迂回通路(31a)と、排気の排気通路(20)と第1迂回通路(31a)とが交差する箇所に設けられ、排気の熱を第1迂回通路(31a)の冷却水に回収する熱交換器(24)と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)