このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2017002604) 被管理個体および刻印方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2017/002604 国際出願番号: PCT/JP2016/067652
国際公開日: 05.01.2017 国際出願日: 14.06.2016
IPC:
G06K 19/06 (2006.01) ,B23K 26/00 (2014.01) ,G06K 1/02 (2006.01)
G 物理学
06
計算;計数
K
データの認識;データの表示;記録担体;記録担体の取扱い
19
少なくともその一部にデジタルマークが記録されるように設計され,かつ機械で使用される記録担体
06
デジタル記録マークの種類,例.形状,性質,コード,によって特徴づけられるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
G 物理学
06
計算;計数
K
データの認識;データの表示;記録担体;記録担体の取扱い
1
記録担体にデジタル的に記録する方法または装置
02
せん孔によるもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
今村 一司 IMAMURA, Kazushi; JP
鈴木 康 SUZUKI, Yasushi; JP
中山 恒吉 NAKAYAMA, Kokichi; JP
村上 隆志 MURAKAMI, Takashi; JP
竹 俊之 TAKE, Toshiyuki; JP
代理人:
小野 新次郎 ONO, Shinjiro; JP
優先権情報:
2015-13211230.06.2015JP
発明の名称: (EN) OBJECT TO BE MANAGED AND MARKING METHOD
(FR) OBJET À GÉRER ET PROCÉDÉ DE MARQUAGE
(JA) 被管理個体および刻印方法
要約:
(EN) The object to be managed is provided such that a marking code thereof can be well detected. The object to be managed 10 has thereon a marking code 11 having multiple dot-like recesses 15, wherein opening peripheral edge parts 22 of the dot-like recesses 15 are formed into a square shape. Consequently, the dot-like recesses are detected as square dots. Therefore, the marking code 11 can be well detected.
(FR) Dans cette invention, un objet à gérer est conçu de manière à ce qu'un code de marquage lui appartenant puisse être bien détecté. Sur l'objet à gérer (10) se trouve un code de marquage (11) ayant de multiples évidements en forme de points (15), et des parties bords périphériques d'ouverture (22) des évidements en forme de points (15) sont carrées. Par conséquent, les évidements en forme de points sont détectés comme des points carrés. Ainsi, le code de marquage (11) peut être bien détecté.
(JA) 刻印コードが良好に検出可能となる被管理個体を提供する。 複数のドット凹部15を有する刻印コード11が形成された被管理個体10であって、ドット凹部15の開口周縁部22が四角形状である。これにより、ドット凹部が四角形状のドットとして検出されることになる。したがって刻印コードが良好に検出可能となる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)