国際・国内特許データベース検索

1. (WO2017002438) 内視鏡用処置具

Pub. No.:    WO/2017/002438    International Application No.:    PCT/JP2016/062998
Publication Date: Fri Jan 06 00:59:59 CET 2017 International Filing Date: Wed Apr 27 01:59:59 CEST 2016
IPC: A61B 17/221
Applicants: OLYMPUS CORPORATION
オリンパス株式会社
Inventors: OKADA, Tsutomu
岡田 勉
Title: 内視鏡用処置具
Abstract:
シースの耐圧縮性を向上するとともに、適度の曲げ剛性を維持し、かつ、細径化を図って胆管等への挿入性を向上させる。内視鏡のチャンネル内に挿入可能な管状のシース部材(2)と、該シース部材(2)の内部に、該シース部材(2)の長手方向に進退可能に挿入されたワイヤ(4)と、該ワイヤ(4)の先端に設けられ、ワイヤ(4)の進退によりシース部材(2)の先端開口から突没させられる先端処置部とを備え、シース部材(2)が、金属コイル(6)と樹脂チューブ(7)とを径方向に重ね、少なくとも長手方向の両端において相互に固定された2層構造に構成され、金属コイル(6)は、長手方向に隣接する素線が、相互に密着させられる相補的な凹部と凸部とを有する横断面形状を備え、樹脂チューブ(7)が、金属コイル(6)よりも高い曲げ剛性を有する内視鏡用処置具を提供する。