国際・国内特許データベース検索

1. (WO2016009522) 2室型低圧鋳造用溶湯保持炉

Pub. No.:    WO/2016/009522    International Application No.:    PCT/JP2014/068987
Publication Date: Fri Jan 22 00:59:59 CET 2016 International Filing Date: Fri Jul 18 01:59:59 CEST 2014
IPC: B22D 18/04
Applicants: TOUNETSU CO., LTD.
株式会社トウネツ
Inventors: MOCHIZUKI, Kiyata
望月城也太
Title: 2室型低圧鋳造用溶湯保持炉
Abstract:
 本発明は、アルミニウム合金等の鋳物製品を低圧鋳造方法により製造するための2室型低圧鋳造用溶湯保持炉に関し、加圧気体が溶湯収納容器を構成する材質内に侵入した場合において、加圧気体の溶湯中への放出及び気泡の発生を防止することを目的とする。加圧管48及び出湯管50を除いた加圧室22の部位は定湯面位置L3より上方に位置する通気用隙間66を介して大気開放されている。通気用隙間66は定湯面位置L3より上方に位置する。加圧管に事後的に生じた罅(ひび)や亀裂若しくは加圧管にもともと存在する微小隙間を介して加圧気体の溶湯収納容器12を構成する材質内への浸出があっても、通気用隙間66から浸出加圧気体が炉外へ解放される。