このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015190326) プラズマ発生装置及び液上溶融方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2015/190326 国際出願番号: PCT/JP2015/065700
国際公開日: 17.12.2015 国際出願日: 30.05.2015
IPC:
H05H 1/48 (2006.01) ,B23K 10/02 (2006.01) ,H02M 9/04 (2006.01) ,H05H 1/36 (2006.01)
H 電気
05
他に分類されない電気技術
H
プラズマ技術;加速された荷電粒子のまたは中性子の発生;中性分子または原子ビームの発生または加速
1
プラズマの生成;プラズマの取扱い
24
プラズマの発生
48
アークを用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
10
プラズマによる溶接または切断
02
プラズマ溶接
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
M
交流-交流,交流-直流または直流-直流変換装置,および主要な,または類似の電力供給システムと共に使用するための装置:直流または交流入力-サージ出力変換;そのための制御または調整
9
直流または交流入力―サージ出力変換
02
直流入力によるもの
04
蓄電器を用いるもの
H 電気
05
他に分類されない電気技術
H
プラズマ技術;加速された荷電粒子のまたは中性子の発生;中性分子または原子ビームの発生または加速
1
プラズマの生成;プラズマの取扱い
24
プラズマの発生
26
プラズマトーチ
32
アークを用いるもの
34
細部,例.電極,ノズル
36
回路装置
出願人:
プラス・ウェア株式会社 PLUSWARE CORPORATION [JP/JP]; 千葉県柏市旭町四丁目11番23号 4-11-23, Asahi-cho, Kashiwa-shi, Chiba 2770852, JP
発明者:
松丸 康幸 MATSUMARU Yasuyuki; JP
代理人:
特許業務法人にじいろ特許事務所 SEVEN COLOR PATENT FIRM; JP
優先権情報:
2014-12293014.06.2014JP
発明の名称: (EN) PLASMA GENERATOR AND SURFACE MELTING METHOD
(FR) GÉNÉRATEUR DE PLASMA ET PROCÉDÉ DE FUSION DE SURFACE
(JA) プラズマ発生装置及び液上溶融方法
要約:
(EN) Provided are a more efficient plasma generator that can be reduced in size, and a surface melting method in which the plasma generator is used. To achieve the above, the plasma generator according to one aspect of the present invention is provided with: a DC power supply; a toroidal core oscillation circuit provided with a first choke coil connected to the DC power supply, a first capacitor connected to the first choke coil, a first switching element connected to the first capacitor, and a second choke coil; a toroidal core resonance circuit provided with a third choke coil connected to the second choke coil; and a pair of electrodes connected to the third choke coil.
(FR) L'invention concerne un générateur de plasma plus efficace qui peut être réduit en taille, et un procédé de fusion de surface dans lequel le générateur plasma est utilisé. Pour atteindre l'objectif mentionné ci-dessus, le générateur de plasma selon un aspect de la présente invention comporte : une alimentation électrique à courant continu (CC); un circuit d'oscillation à noyau toroïdal comportant une première bobine d'arrêt connectée à l'alimentation électrique CC, un premier condensateur connecté à la première bobine d'arrêt, un premier élément de commutation connecté au premier condensateur, et une deuxième bobine d'arrêt; un circuit de résonance à noyau toroïdal comportant une troisième bobine d'arrêt connectée à la deuxième bobine d'arrêt; et une paire d'électrodes reliées à la troisième bobine d'arrêt.
(JA) 小型化が可能であり、より効率的なプラズマ発生装置及びこれを用いた液上溶融方法を提供する。そのために本発明の一観点に係るプラズマ発生装置は、直流電源と、直流電源に接続される第一のチョークコイル、第一のチョークコイルに接続される第一のコンデンサ、第一のコンデンサに接続される第一のスイッチング素子及び第二のチョークコイル、を備えるトロイダルコア発振回路と、第二のチョークコイルに接続される第三のチョークコイルを備えるトロイダルコア共振回路と、第三のチョークコイルに接続される一対の電極と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)