16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015147186) オレフィン系樹脂およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/147186 国際出願番号: PCT/JP2015/059425
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 26.03.2015
IPC:
C08F 10/00 (2006.01) ,C08F 4/62 (2006.01) ,C08F 4/646 (2006.01) ,C08F 4/6592 (2006.01) ,C08F 210/16 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
10
1個の炭素-炭素二重結合を含有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
4
重合触媒
42
金属;金属水素化物;有機金属化合物;それらの触媒前駆体としての使用
44
軽金属,亜鉛,カドミウム,水銀,銅,銀,金,ほう素,ガリウム,インジウム,タリウム,希土類またはアクチニドから選択されたもの
60
耐火金属,鉄族金属,白金属金属,マンガン,テクネチウム,レニウムまたはそれらの化合物と共に用いるもの
62
耐火金属またはその化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
4
重合触媒
42
金属;金属水素化物;有機金属化合物;それらの触媒前駆体としての使用
44
軽金属,亜鉛,カドミウム,水銀,銅,銀,金,ほう素,ガリウム,インジウム,タリウム,希土類またはアクチニドから選択されたもの
60
耐火金属,鉄族金属,白金属金属,マンガン,テクネチウム,レニウムまたはそれらの化合物と共に用いるもの
62
耐火金属またはその化合物
64
チタン,ジルコニウム,ハフニウムまたはそれらの化合物
646
グループ4/64に包含される成分に加えて,金属形状でまたはそれらの化合物として,少なくとも2つの異なる金属からなる触媒
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
4
重合触媒
42
金属;金属水素化物;有機金属化合物;それらの触媒前駆体としての使用
44
軽金属,亜鉛,カドミウム,水銀,銅,銀,金,ほう素,ガリウム,インジウム,タリウム,希土類またはアクチニドから選択されたもの
60
耐火金属,鉄族金属,白金属金属,マンガン,テクネチウム,レニウムまたはそれらの化合物と共に用いるもの
62
耐火金属またはその化合物
64
チタン,ジルコニウム,ハフニウムまたはそれらの化合物
659
遷移金属-炭素結合を含むグループ4/64に包含される成分
6592
結合に関係なく,少なくとも1つのシクロペンタジエニル環を含むもの,例.インデニル環またはフルオレニル環
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
210
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する不飽和脂肪族炭化水素の共重合体
16
エテンとα―オレフィンとの共重合体,例.EPゴム
出願人:
三井化学株式会社 MITSUI CHEMICALS, INC. [JP/JP]; 東京都港区東新橋一丁目5番2号 5-2, Higashi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1057117, JP
発明者:
柳本 泰 YANAGIMOTO, Yasushi; JP
松木 智昭 MATSUGI, Tomoaki; JP
岩下 暁彦 IWASHITA, Akihiko; JP
中村 達也 NAKAMURA, Tatsuya; JP
斎藤 純治 SAITO, Junji; JP
代理人:
特許業務法人SSINPAT SSINPAT PATENT FIRM; 東京都品川区西五反田七丁目13番6号 五反田山崎ビル6階 Gotanda Yamazaki Bldg. 6F, 13-6, Nishigotanda 7-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1410031, JP
優先権情報:
2014-06830528.03.2014JP
発明の名称: (EN) OLEFIN RESIN AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) RÉSINE OLÉFINIQUE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) オレフィン系樹脂およびその製造方法
要約:
(EN)  Provided is an olefin resin having improved heat resistance and tackiness, as well as excellent optical characteristics and low-temperature characteristics, and an enhanced balance of these properties. This olefin resin satisfies conditions (I) through (V). (I) The olefin resin exhibits a melting peak (Tm) in the range of 60°C to 130°C, and the heat of fusion (∆H) at the melting peak is 5 to 150 J/g. (II) The ratio (E) (wt%) of orthodichlorobenzene-soluble components at 20°C or below and the heat of fusion (∆H) satisfy a specific relationship. (III) The glass transition temperature (Tg) is -80 to -30°C. (IV) The spin-spin relaxation time (T2) of the most dynamic component for a four-component approximation of a free induction decay curve is in the range of 150 to 500 ms, and the abundance ratio of the component is in the range of 15 to 50%. (V) The limiting viscosity measured in decalin at 135°C is 0.1 to 12 dl/g.
(FR)  L'invention concerne une résine oléfinique présentant des propriétés améliorées de résistance à la chaleur et d'adhérence, ainsi que d'excellentes caractéristiques optiques et à basse température, et un équilibre amélioré entre ces propriétés. Cette résine oléfinique satisfait aux conditions (I) à (V). (I) La résine oléfinique présente un pic de fusion (Tm) situé dans la plage allant de 60 °C à 130 °C, et la chaleur de fusion (∆H) au niveau du pic de fusion est de 5 à 150 J/g. (II) Le rapport (E) (% en poids) des constituants solubles dans l'orthodichlorobenzène à une température inférieure ou égale à 20 °C et la chaleur de fusion (∆H) satisfont à une relation spécifique. (III) La température de transition vitreuse (Tg) est de -80 à -30 °C. (IV) Le temps de relaxation spin-spin (T2) de la composante la plus dynamique pour une approximation à quatre composantes d'une courbe de signal de précession libre est situé dans la plage allant de 150 à 500 ms, et le rapport des teneurs isotopiques dudit constituant est situé dans la plage allant de 15 à 50 %. (V) La limite de viscosité mesurée dans de la décaline à 135 °C est de 0,1 à 12 dL/g.
(JA)  耐熱性およびベタつきが改善され、さらに光学特性や低温特性に優れ、これらの物性のバランスが向上したオレフィン系樹脂を提供する。本発明のオレフィン系樹脂は下記要件を満たす:(I)60℃~130℃の範囲に融解ピーク(Tm)を示し、該融解ピークにおける融解熱量ΔHが5~150J/g;(II)20℃以下のオルトジクロロベンゼン可溶成分の割合E(wt%)と融解熱量ΔHが特定の関係を満たす;(III)ガラス転移温度(Tg)が-80~-30℃;(IV)自由誘導減衰曲線を、ローレンツ関数にて4成分近似した場合のもっとも運動性の高い成分のスピンスピン緩和時間(T2)が150~500msの範囲にあって、該成分の存在比が15~50%の範囲にある;(V)135℃デカリン中で測定した極限粘度[η]が0.1~12dl/g。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3124506MX2016012449JPWO2015147186CN106133005US09714306ID2017/07992
TH160842KR1020160130817IN201617035899RU2016142100