16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015147079) 電着塗料組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/147079 国際出願番号: PCT/JP2015/059194
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 25.03.2015
IPC:
C09D 201/00 (2006.01) ,C09D 5/02 (2006.01) ,C09D 5/44 (2006.01) ,C09D 7/12 (2006.01) ,C09D 175/04 (2006.01) ,C25D 13/06 (2006.01) ,C25D 13/10 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
201
不特定の高分子化合物に基づくコーティング組成物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
02
エマルジョンペイント
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
44
電気泳動的適用のためのもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
7
グループ5/00に分類されない塗料組成物の特色
12
他の添加物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリウレタン
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
13
電気泳動被覆
04
有機材料
06
重合体
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
13
電気泳動被覆
10
使用添加剤に特徴のあるもの
出願人:
日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社 NIPPON PAINT AUTOMOTIVE COATINGS CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府枚方市招提大谷2丁目14番1号 2-14-1, Shodai-Ohtani, Hirakata-shi, Osaka 5731153, JP
発明者:
小谷 誠之 KOTANI, Masayuki; JP
印部 俊雄 INBE, Toshio; JP
宮前 治広 MIYAMAE, Nobuhiro; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
優先権情報:
2014-06439626.03.2014JP
発明の名称: (EN) ELECTRODEPOSITION COATING COMPOSITION
(FR) COMPOSITION DE REVÊTEMENT FORMÉ PAR DÉPÔT ÉLECTROLYTIQUE
(JA) 電着塗料組成物
要約:
(EN) Provided is an electrodeposition coating composition in which the dissolubility of bismuth compounds is sufficiently improved, and that is capable of forming a coating film having excellent curability, film-thickness uniformity, and corrosion resistance. The present invention is an electrodeposition coating composition comprising a resin emulsion (1) and a pigment dispersion paste (2). The resin emulsion (1) includes an aminated resin (A) and a block isocyanate curing agent (B). The pigment dispersion paste (2) is prepared by mixing: a mixture obtained by mixing a bismuth compound (C) and an organic acid (D) in advance; a pigment dispersion resin (E); and a pigment (F). The pigment dispersion paste (2) satisfies the following conditions: (i) the molar ratio in content between metallic bismuth in the bismuth compound (C) and the organic acid (D) is Bi:(D) = 1:0.5 to 1:4; and (ii) the mass ratio in content among the bismuth compound (C), the pigment dispersion resin (E), and the pigment (F) is (C)+(F):(E) = 1:0.2 to 1:0.5.
(FR) L'invention se rapporte à une composition de revêtement formé par dépôt électrolytique dans laquelle la dissolubilité de composés du bismuth est suffisamment améliorée et qui permet de former un film de revêtement ayant d'excellentes aptitude au durcissement, uniformité d'épaisseur de film et de résistance à la corrosion. La composition de revêtement formé par dépôt électrolytique selon la présente invention comprend une émulsion de résine (1) et une pâte de dispersion de pigment (2). L'émulsion de résine (1) comprend une résine aminée (A) et un agent durcisseur isocyanate séquencé (B). La pâte de dispersion de pigment (2) est préparée par mélange de : un mélange obtenu par mélange à l'avance d'un composé du bismuth (C) et d'un acide organique (D) ; une résine de dispersion de pigment (E) ; et un pigment (F). La pâte de dispersion de pigment (2) satisfait aux conditions suivantes : (i) le rapport molaire en termes de teneur entre le bismuth métallique présent dans le composé du bismuth (C) et l'acide organique (D) est Bi:(D) = 1:0,5 à 1:4 ; et (ii) le rapport massique en termes de teneur entre le composé du bismuth (C) plus le pigment (F) et la résine de dispersion de pigment (E) est (C) + (F):(E) = 1:0,2 à 1:0,5.
(JA) ビスマス化合物の溶解性が十分に向上し、硬化性、膜厚均一性および耐食性に優れた塗膜を形成することができる電着塗料組成物を提供すること。 本発明は、樹脂エマルション(1)および顔料分散ペースト(2)を含む電着塗料組成物であって、前記樹脂エマルション(1)が、アミン化樹脂(A)およびブロックイソシアネート硬化剤(B)を含み、前記顔料分散ペースト(2)が、ビスマス化合物(C)および有機酸(D)を予め混合して得られた混合物と、顔料分散樹脂(E)と、および顔料(F)とを混合して調製され、前記顔料分散ペースト(2)が下記条件を満たす電着塗料組成物:(i)ビスマス化合物(C)におけるビスマス金属と有機酸(D)との含有量のモル比がBi:(D)で1:0.5~1:4である;(ii)ビスマス化合物(C)、顔料分散樹脂(E)および顔料(F)の含有量の質量比が(C)+(F):(E)で1:0.2~1:0.5である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)