16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015147075) 押出材の押出方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/147075 国際出願番号: PCT/JP2015/059183
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 25.03.2015
IPC:
B21C 35/00 (2006.01) ,B21C 23/04 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
C
圧延以外の方法による金属板,線,棒,管,型材または類似の半製品の製造;実質的に材料を除去しない金属加工と関連して用いる補助作業
35
押出しプレスからの加工品または押かすの除去;押出し加工品を引放すこと;金属押出し用ダイス,ダクト,コンテナまたはマンドレルの清浄
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
C
圧延以外の方法による金属板,線,棒,管,型材または類似の半製品の製造;実質的に材料を除去しない金属加工と関連して用いる補助作業
23
金属の押出し;衝撃押出し
02
被覆のない製品の製造
04
直接押出しによるもの
出願人:
宇部興産機械株式会社 UBE MACHINERY CORPORATION, LTD. [JP/JP]; 山口県宇部市大字小串字沖ノ山1980番地 1980, Aza Okinoyama, Oaza Kogushi, Ube-shi, Yamaguchi 7558633, JP
発明者:
山本 武治 YAMAMOTO, Takeharu; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
優先権情報:
2014-06317026.03.2014JP
2014-13590201.07.2014JP
発明の名称: (EN) EXTRUSION METHOD FOR EXTRUDED MATERIAL
(FR) PROCEDE D'EXTRUSION POUR MATERIAU EXTRUDE
(JA) 押出材の押出方法
要約:
(EN) The objective of the present invention is to improve productivity when multiple types of extruded products are manufactured or in the case of short extruded products. When a prescribed length of extruded material has been extruded, the sealing pressure is released from a die, and a billet is cut between the die and a container and between the die and a pressure ring, after which the die is replaced, and extrusion is started again by means of the billet remaining within the container.
(FR) La présente invention vise à améliorer la productivité lors de la fabrication de multiples types de produits extrudés ou dans le cas de produits courts extrudés. Lorsque une longueur prescrite du matériau extrudé a été extrudée, la pression d'étanchéité est libérée à partir d'une filière, et une billette est decoupée entre la filière et un récipient et entre la filière et un anneau de pression, et ensuite la filière est remplacée, et une extrusion est démarrée à nouveau par la billette restant à l'intérieur du récipient.
(JA)  複数の種類の押出製品を製造する場合や短い押出製品の場合の生産性を向上させる。 所定長さの押出材が押出された際に、ダイスからシール圧力を解除させるとともに、ビレットをダイスとコンテナの間、及び、ダイスとプレッシャーリングの間で、切断させ、その後ダイスを交換し、コンテナ内に残存するビレットにより押出しを再開するようにした。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2015147075CN106132574US20170100758KR1020160138061