国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015146999) 被覆はんだ材料およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/146999 国際出願番号: PCT/JP2015/058958
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 24.03.2015
IPC:
B23K 35/14 (2006.01) ,B23K 35/363 (2006.01) ,B23K 35/40 (2006.01) ,C23C 16/30 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
02
機械的形状,例.形,を特徴とするもの
12
溶接電極として一般的なもの
14
ハンダ付用
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
36
非金属組成物の選定,例.被覆,フラックス;非金属組成物の選定に関連するハンダ付け材料または溶接材料の選定,両者の選定に関係するもの
362
フラックス組成物の選定
363
ハンダ付けまたはろうづけ用のもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
40
ハンダ付または溶接のための線または棒の製造
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
16
ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
22
金属質材料以外の無機質材料の析出に特徴のあるもの
30
化合物,混合物または固溶体の析出,例.ほう化物,炭化物,窒化物
出願人:
住友金属鉱山株式会社 SUMITOMO METAL MINING CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区新橋5丁目11番3号 5-11-3, Shimbashi, Minato-ku, Tokyo 1058716, JP
発明者:
小林 宏 KOBAYASHI, Hiroshi; JP
山辺 秀敏 YAMABE, Hidetoshi; JP
宮内 恭子 MIYAUCHI, Kyoko; JP
代理人:
特許業務法人貴和特許事務所 KIWA INTERNATIONAL; 東京都港区西新橋2丁目13番10号 第2フレンドビル5階 5th Floor, FRIEND BLDG. 2, 2-13-10, Nishi-Shimbashi, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2014-06277425.03.2014JP
2014-11149329.05.2014JP
2014-17508029.08.2014JP
発明の名称: (EN) COATED SOLDER MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) MATÉRIAU DE SOUDURE REVÊTU ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 被覆はんだ材料およびその製造方法
要約:
(EN) The present invention provides a coated solder material, with which the progression of oxidation of a surface can be prevented during long-term storage and during melting, which has superior wet spreading and bondability, and with which no gaps will occur at bonding sections, as well as a method for producing the same. This coated solder material is characterized in that: a coated film has been formed on the surface of a solder material; the coated film is composed of a carbon compound formed by introducing a C8 or lower organic compound along with a carrier gas into a reaction gas that has been converted into plasma under atmospheric pressure, radicalizing the organic compound to form a radical organic compound, and thereafter having the radical organic compound react to a metal of the surface of the solder material; the thickness is 4 to 200 nm; and the mass reduction rate in a case of being heated at 150°C to 300°C and melted is 60% or higher.
(FR) La présente invention concerne un matériau de soudure revêtu, permettant d'éviter la progression de l'oxydation d'une surface pendant un stockage de longue durée et pendant la fusion, présentant une aptitude à l'étalement humide et une capacité de liaison excellentes, et dont l'utilisation ne suscite pas la formation d'espacements au niveau des sections de liaison. L'invention concerne en outre un procédé de production dudit matériau de soudure. Ledit matériau de soudure revêtu est caractérisé en ce que : un film enrobé a été formé sur la surface d'un matériau de soudure ; ledit film enrobé est composé d'un composé de carbone formée par l'introduction d'un composé organique de type inférieur ou égal à C8 avec un gaz porteur dans un gaz de réaction qui a été converti en plasma sous pression atmosphérique, de manière à radicaliser le composé organique pour former un composé organique radical, puis par réaction du composé organique radical à un métal de la surface du matériau de soudure ; l'épaisseur va de 4 à 200 nm ; et le taux de réduction massique par chauffage de 150 à 300 °C et fusion est supérieur ou égal à 60 %.
(JA)  本発明は、長期保管時および溶融時に、表面の酸化の進行を防止することができ、濡れ広がり性や接合性に優れ、接合部に空隙が発生することのない被覆はんだ材料及びその製造方法を提供するものである。 本発明の被覆はんだ材料は、はんだ材料の表面に被覆膜が形成されたものであり、前記被覆膜は、大気圧下でプラズマ化された反応ガス中に、炭素数が8以下の有機化合物をキャリアガスとともに導入し、該有機化合物をラジカル化することでラジカル化有機化合物を形成した後、該ラジカル化有機化合物をはんだ材料表面の金属と反応させることにより形成された炭素化合物からなり、厚さが4nm~200nmであり、かつ、150℃~300℃で加熱し、溶融させた場合の質量減少率が60%以上であることを特徴とする。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3124166JPWO2015146999US20170100802CN106211763