16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015146703) 真空浸炭用鋼材及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/146703 国際出願番号: PCT/JP2015/057833
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 17.03.2015
IPC:
C22C 38/00 (2006.01) ,C21D 1/06 (2006.01) ,C21D 7/06 (2006.01) ,C21D 8/06 (2006.01) ,C21D 9/28 (2006.01) ,C21D 9/32 (2006.01) ,C22C 38/34 (2006.01) ,C23C 8/22 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
06
表面硬化
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
7
加工変形による鉄または鋼の物理的性質の改良
02
冷間加工によるもの
04
表面の冷間加工
06
ショットピーニングまたはそれに類するものによるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8
熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
06
棒あるいは線の製造中におけるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
28
一般シャフト用
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
32
歯車用,ウォーム歯車またはこれに類するもの用
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
34
けい素を1.5重量%より多く共に含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
8
金属質材料表面への非金属元素のみの固相拡散;表面と反応性ガスとの反応による金属質材料の化学的表面処理,であって表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings),金属の不働態化
06
ガスを用いるもの
08
1元素のみが用いられるもの
20
浸炭
22
鉄系表面の浸炭
出願人:
株式会社神戸製鋼所 KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO(KOBE STEEL, LTD.) [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通ニ丁目2番4号 2-4, Wakinohama-Kaigandori 2-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6518585, JP
発明者:
貝塚 正樹 KAIZUKA, Masaki; null
新堂 陽介 SHINDO, Yosuke; null
岡本 成朗 OKAMOTO, Nariaki; null
代理人:
植木 久一 UEKI, Kyuichi; JP
優先権情報:
2014-06021024.03.2014JP
発明の名称: (EN) STEEL MATERIAL FOR VACUUM CARBURIZING AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) MATÉRIAU EN ACIER APTE À LA CÉMENTATION SOUS VIDE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 真空浸炭用鋼材及びその製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to obtain: a carburized component having sufficient surface fatigue strength, moreover a carburized component having surface fatigue strength and bending fatigue strength; and a steel material for obtaining the carburized component. The present invention is a steel material for vacuum carburizing, which contains C, Si, Mn, S, P, Cr, Mo, V, Al and N, and wherein vanadium carbide has an average circle-equivalent diameter of 25 nm or less. The present invention also includes a method for producing the steel material, and specifically provides a method for producing a steel material for vacuum carburizing, wherein a mass of steel having a predetermined chemical composition is maintained at 1,200°C or higher for 30-300 minutes and slabbed, and then is subjected to hot rolling, while setting the heating temperature before hot rolling to 950°C or higher and setting the heating retention time before hot rolling to 30 minutes to 5 hours.
(FR) Le but de la présente invention est d'obtenir : un composant cémenté présentant suffisamment de résistance à la fatigue en surface, de plus un composant cémenté présentant une résistance à la fatigue en surface et une résistance à la fatigue par flexion; ainsi qu'un matériau à base d'acier pour obtenir le composant cémenté. La présente invention est un matériau à base d'acier pour cémentation sous vide, qui contient du C, du Si, du Mn, du S, du P, du Cr, du Mo, du V, de l'Al et du N, le carbure de vanadium présentant un diamètre moyen de cercle équivalent de 25 nm ou moins. La présente invention concerne également un procédé de production du matériau à base d'acier, et concerne plus particulièrement un procédé de fabrication d'un matériau à base d'acier pour cémentation sous vide, une masse d'acier possédant une composition chimique prédéterminée étant maintenue à 1200 °C ou plus pendant 30 à 300 minutes et façonnée en brames, et étant ensuite soumise à un laminage à chaud, tout en réglant la température de chauffage avant laminage à chaud à 950 °C ou plus et en réglant le temps de rétention de chaleur avant laminage à chaud de 30 minutes à 5 heures.
(JA)  十分な面疲労強度を有する浸炭部品、更には面疲労強度と曲げ疲労強度を有する浸炭部品を得るとともに、該浸炭部品を得るための鋼材を得ることを目的とする。 本発明は、C、Si、Mn、S、P、Cr、Mo、V、Al、Nを含有し、バナジウム炭化物の平均円相当径が25nm以下である真空浸炭用鋼材である。また本発明は、該鋼材の製造方法も包含し、具体的には、所定の化学成分組成を有する鋼を1200℃以上で30~300分保持して分塊圧延し、熱間圧延前の加熱温度を950℃以上、加熱保持時間を30分~5時間として熱間圧延する真空浸炭用鋼材の製造方法である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106103777MX2016012061KR1020160133549ID2017/07912CN107653420TH175658