国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015146561) 臭化芳香族エステル化合物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/146561 国際出願番号: PCT/JP2015/056818
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 09.03.2015
IPC:
C07C 67/307 (2006.01) ,C07C 69/76 (2006.01) ,C07C 69/84 (2006.01) ,C07C 69/92 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
67
カルボン酸エステルの製造
30
エステル基を導入することなくエステルの酸部分を変化させることによるもの
307
ハロゲンの導入によるもの;ハロゲン原子を他のハロゲン原子で置換することによるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
76
エステル化されているカルボキシル基が6員芳香環の炭素原子に結合しているカルボン酸のエステル
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
76
エステル化されているカルボキシル基が6員芳香環の炭素原子に結合しているカルボン酸のエステル
84
水酸基とカルボキシル基がともに6員芳香環の炭素原子に結合している単環式ヒドロキシ―カルボン酸の
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
76
エステル化されているカルボキシル基が6員芳香環の炭素原子に結合しているカルボン酸のエステル
84
水酸基とカルボキシル基がともに6員芳香環の炭素原子に結合している単環式ヒドロキシ―カルボン酸の
92
エーテル化された水酸基をもつもの
出願人:
住友精化株式会社 SUMITOMO SEIKA CHEMICALS CO., LTD. [JP/JP]; 兵庫県加古郡播磨町宮西346番地の1 346-1, Miyanishi, Harima-cho, Kako-gun, Hyogo 6750145, JP
発明者:
藤原 健志 FUJIWARA, Takeshi; JP
▲高▼須 康允 TAKASU, Yasumitsu; JP
白石 浩之 SHIRAISHI, Hiroyuki; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
優先権情報:
2014-06308226.03.2014JP
2014-12938824.06.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING BROMINATED AROMATIC ESTER COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ D'ESTER AROMATIQUE BROMÉ
(JA) 臭化芳香族エステル化合物の製造方法
要約:
(EN)  The purpose of the present invention is to provide a method for efficiently producing a brominated aromatic ester compound by suppressing acidolysis of an aromatic ester compound by byproduct hydrogen bromide. The present invention provides a method for producing a brominated aromatic ester compound characterized by reacting an aromatic ester compound with bromine in a biphasic system comprising an organic phase and an aqueous phase.
(FR)  Le but de la présente invention est de proposer un procédé permettant de produire de manière efficace un composé d'ester aromatique bromé par inhibition de l'acidolyse d'un composé d'ester aromatique au moyen d'un sous-produit de type bromure d'hydrogène. La présente invention concerne un procédé de production d'un composé d'ester aromatique bromé caractérisé par la réaction d'un composé d'ester aromatique avec du brome dans un système biphasique comprenant une phase organique et une phase aqueuse.
(JA)  本発明は、副生する臭化水素による芳香族エステル化合物の酸分解を抑制して効率的に臭化芳香族エステル化合物を製造する方法を提供することを目的とする。本発明は、芳香族エステル化合物を有機相及び水相からなる二相系中で臭素と反応させることを特徴とする、臭化芳香族エステル化合物の製造方法を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2015146561