国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015146466) 耐食性及び加工性に優れた皮膜を有する鋼線材及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/146466 国際出願番号: PCT/JP2015/055679
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 26.02.2015
IPC:
C23C 28/04 (2006.01) ,B32B 9/00 (2006.01) ,B32B 15/02 (2006.01) ,C10M 103/02 (2006.01) ,C10M 103/06 (2006.01) ,C10M 105/24 (2006.01) ,C10M 105/68 (2006.01) ,C10M 105/70 (2006.01) ,C10M 107/38 (2006.01) ,C10M 159/06 (2006.01) ,C23C 22/50 (2006.01) ,C10N 10/02 (2006.01) ,C10N 10/12 (2006.01) ,C10N 30/12 (2006.01) ,C10N 40/24 (2006.01) ,C10N 50/02 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
28
メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
04
無機質非金属材料のみの被覆
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9
本質的にグループ11/00~29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
02
シート以外の形状,例.ワイヤー,粒状物,のもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
103
無機材料である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
02
炭素;黒鉛
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
103
無機材料である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
06
金属化合物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
08
酸素を含有するもの
22
カルボン酸またはその塩
24
非環式炭素原子または環式脂肪族炭素原子または水素に結合したカルボキシル基を1個のみを有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
56
窒素を含有するもの
68
アミド;イミド
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
56
窒素を含有するもの
70
環のヘテロ原子として
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
38
ハロゲンを含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
159
構造が不明または不明確な化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
天然物
06
ワックス,例.オゾケライト,セレシン,ペトロラタム,スラックワックス
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
22
表面と反応性液体との反応による金属質材料の化学的表面処理であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings)金属の不動態化
05
水溶液を使用するもの
06
pH<6の酸性水溶液を用いるもの
48
りん酸塩,6価クロム化合物,ふっ化物もしくは錯ふっ化物,モリブデン酸塩,タングステン酸塩,バナジン酸塩またはしゅう酸塩を含まないもの
50
鉄または鉄を基とする合金の処理
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
10
金属自体,または化合物中に存在する金属
02
第1族
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
10
金属自体,または化合物中に存在する金属
12
第6族
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
12
腐食の抑制,例.防錆剤,防食剤
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
20
金属加工
24
材料の本質的除去をともなわないもの;パンチング
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
50
潤滑される材料に使用されている潤滑剤の形態
02
後で蒸発して潤滑剤塗布層を残すような担体に溶解または懸濁させたもの
出願人:
株式会社神戸製鋼所 KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO (KOBE STEEL, LTD.) [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通二丁目2番4号 2-4, Wakinohama-Kaigandori 2-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6518585, JP
日本パーカライジング株式会社 NIHON PARKERIZING CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋1丁目15番1号 15-1, Nihonbashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030027, JP (AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BE, BF, BG, BH, BJ, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CF, CG, CH, CI, CL, CM, CN, CO, CR, CU, CY, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, FR, GA, GB, GD, GE, GH, GM, GN, GQ, GR, GT, GW, HN, HR, HU, ID, IE, IL, IN, IR, IS, IT, KE, KG, KM, KN, KP, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MC, MD, ME, MG, MK, ML, MN, MR, MT, MW, MX, MY, MZ, NA, NE, NG, NI, NL, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SI, SK, SL, SM, SN, ST, SV, SY, SZ, TD, TG, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW)
発明者:
伊藤 弘高 ITO, Hirotaka; null
柳澤 佳寿美 YANAGISAWA, Kasumi; null
小澤 敬祐 OZAWA, Takahiro; null
椎橋 慶太 SHIIHASHI, Keita; null
小見山 忍 KOMIYAMA, Shinobu; JP
畠山 豪 HATAKEYAMA, Tsuyoshi; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
優先権情報:
2014-07044528.03.2014JP
発明の名称: (EN) STEEL WIRE ROD HAVING COATING FILM THAT HAS EXCELLENT CORROSION RESISTANCE AND WORKABILITY AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) TIGE DE FIL D'ACIER AYANT UN FILM DE REVÊTEMENT QUI A D'EXCELLENTES RÉSISTANCE À LA CORROSION ET APTITUDE AU FAÇONNAGE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 耐食性及び加工性に優れた皮膜を有する鋼線材及びその製造方法
要約:
(EN) The present invention provides: a steel wire rod having a lubricating coating film, which is capable of achieving a good balance between workability such as wire drawability, spiking properties and ball ironing properties and corrosion resistance such as long-term rust prevention properties; and a method for producing this steel wire rod. A steel wire rod having a coating film that does not contain phosphorus, which is characterized in that the coating film is composed of, sequentially from the steel wire rod side, a lower coating film that is formed of a zirconium oxide and/or a zirconium hydroxide and has a film thickness of 1-200 nm and an upper coating film that contains silicon and tungsten so that the tungsten/silicon mass ratio is within the range of 1.3-18. A method for producing this steel wire rod, which is characterized in that the lower coating film is formed by bringing an aqueous chemical conversion liquid into contact with the surface of the steel wire rod, said chemical conversion liquid having a pH within the range of 2.5-5.0 and being obtained by dissolving a water-soluble zirconium compound.
(FR) La présente invention concerne : une tige de fil d'acier ayant un film de revêtement lubrifiant, qui permet d'obtenir un bon équilibre entre l'aptitude au façonnage, telle que l'aptitude au tréfilage, des propriétés de formation de pointes et des propriétés de chaudronnage à billes, et la résistance à la corrosion, telle que des propriétés antirouille sur le long terme ; et un procédé pour la production de cette tige de fil d'acier. La tige de fil d'acier comprend un film de revêtement qui ne contient pas de phosphore et est caractérisée en ce que le film de revêtement est composé, l'un après l'autre à partir du côté de la tige de fil d'acier, d'un film de revêtement inférieur qui est constitué d'un oxyde de zirconium et/ou d'un hydroxyde de zirconium et qui a une épaisseur de film de 1 à 200 nm et d'un film de revêtement supérieur qui contient du silicium et du tungstène de sorte que le rapport massique silicium/tungstène est dans la plage de 1,3 à 18. Le procédé pour la production de cette tige de fil d'acier est caractérisé en ce que le film de revêtement inférieur est formé par la mise en contact d'un liquide aqueux de conversion chimique avec la surface de la tige de fil d'acier, ledit liquide de conversion chimique ayant un pH dans la plage de 2,5 à 5,0 et étant obtenu par dissolution d'un composé hydrosoluble du zirconium.
(JA)  本発明は、伸線性、スパイク性、ボールしごき性等の加工性と、長期防錆性等の耐食性とを両立することができる潤滑皮膜を有する鋼線材およびその製造方法を提供する。リンを含有しない皮膜を有する鋼線材であって、前記皮膜は、鋼線材側から順に、ジルコニウムの酸化物および/または水酸化物からなり、膜厚が1~200nmである下層皮膜と、ケイ素とタングステンを含み、タングステン/ケイ素の質量比が1.3~18の範囲である上層皮膜とからなることを特徴とする鋼線材、ならびに前記鋼線材の製造方法であって、pH2.5~5.0の範囲にあり、且つ水溶性ジルコニウム化合物を溶解した水系化成処理液を鋼線材表面に接触させて下層皮膜を形成することを特徴とする鋼線材の製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106133196MX2016012581KR1020160125505ID2017/07623TH167724US20180187119