16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015146170) 水素製造システム及び水素製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/146170 国際出願番号: PCT/JP2015/001706
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 25.03.2015
IPC:
C01B 3/26 (2006.01) ,F01K 23/10 (2006.01) ,F02C 3/22 (2006.01) ,F02C 3/30 (2006.01) ,F02C 6/04 (2006.01) ,F02C 6/18 (2006.01) ,F23R 3/00 (2006.01)
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
22
気体または液体有機化合物の分解によるもの
24
炭化水素の
26
触媒を使用するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
23
2以上の機関が設備の外部へ出力を供給し,それらの機関が異なった流体で駆動されることを特徴とする設備
02
機関サイクルが熱的に結合されているもの
06
一方のサイクルからの燃焼熱が他方のサイクルの流体を加熱するもの
10
一方のサイクルの排出流体が他方のサイクルの流体を加熱するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
3
作動流体として燃焼生成物を使用することによって特徴づけられたガスタービン設備
20
燃焼生成物を生成するために特別の燃料,酸化剤,又は希釈流体を使用するもの
22
燃料又は酸化剤が標準温度標準圧力で気体であるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
3
作動流体として燃焼生成物を使用することによって特徴づけられたガスタービン設備
20
燃焼生成物を生成するために特別の燃料,酸化剤,又は希釈流体を使用するもの
30
可燃成分に対して又はタービンからの排出前の作動流体に対して水,蒸気又は他の流体を加えるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
6
複数形ガスタービン設備;ガスタービン設備と他の装置の結合(そのような装置に主な特徴のあるものについてはその装置に関連したクラスを参照);ガスタービン設備の特定の用途への適用
04
加熱された又は加圧された作動流体を他の装置に供給するガスタービン設備,例.機械的出力をもたないもの,
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
6
複数形ガスタービン設備;ガスタービン設備と他の装置の結合(そのような装置に主な特徴のあるものについてはその装置に関連したクラスを参照);ガスタービン設備の特定の用途への適用
18
ガスタービン設備自体の外部でのガスタービン設備の排熱の利用,例.ガスタービン利用熱設備,
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
R
高圧または高速の燃焼生成物の生成,例.ガスタービン燃焼室
3
液体またはガス状燃料を用いる連続燃焼室
出願人:
千代田化工建設株式会社 CHIYODA CORPORATION [JP/JP]; 神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目6番2号 4-6-2, Minatomirai, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2208765, JP
発明者:
池田 修 IKEDA, Osamu; JP
三栗谷 智之 MIKURIYA, Tomoyuki; JP
古川 俊樹 FURUKAWA, Toshiki; JP
尾▲崎▼ 雄飛 OZAKI, Yuhi; JP
代理人:
特許業務法人 大島特許事務所 OSHIMA & PARTNERS; 東京都千代田区神田神保町2-20 2-20, Kanda-Jimbocho, Chiyoda-ku, Tokyo 1010051, JP
優先権情報:
2014-06462726.03.2014JP
発明の名称: (EN) HYDROGEN GENERATION SYSTEM AND HYDROGEN GENERATION METHOD
(FR) SYSTÈME DE GÉNÉRATION D'HYDROGÈNE ET PROCÉDÉ DE GÉNÉRATION D'HYDROGÈNE
(JA) 水素製造システム及び水素製造方法
要約:
(EN) [Problem] To control the temperature of dehydrogenation to an appropriate range to enable efficient and stable hydrogen generation when exhaust gas of power generation is used as a heat source for the dehydrogenation. [Solution] A hydrogen generation system (1) includes: a dehydrogenation device (51) that generates hydrogen from organic hydride by dehydrogenation in the presence of a catalyst; a first power generation unit (2) that generates power from combustion gas energy; an exhaust heat recovery unit (3) that recovers heat from exhaust gas of the first power generation unit; a heat exchanger (21) that carries out heat exchange between the exhaust gas and a heating medium in the exhaust heat recovery unit; and circulation lines (L1 to L3) that introduce the heating medium heated by the heat exchanger into the dehydrogenation device in a liquid state and circulate the same between the dehydrogenation device and the heat exchanger. An introductory temperature of the heating medium in the dehydrogenation device is in the range of 352 to 392°C, an exhaust temperature of the heating medium is in the range of 337 to 367°C, and the temperature difference between the introductory temperature and the exhaust temperature is in the range of 10 to 50°C.
(FR) Le problème de l'invention concerne la régulation de la température de déshydrogénation dans une plage appropriée pour permettre une génération d'hydrogène efficace et stable lorsque des gaz d'échappement de génération d'énergie sont utilisés en tant que source de chaleur pour la déshydrogénation. La solution selon l'invention porte sur un système de génération d'hydrogène (1) comprenant : un dispositif de déshydrogénation (51) qui génère de l'hydrogène à partir d'hydrure organique par déshydrogénation en présence d'un catalyseur ; une première unité de génération d'énergie (2) qui génère de l'énergie à partir de l'énergie du gaz de combustion ; une unité de récupération de chaleur d'échappement (3) qui récupère la chaleur des gaz d'échappement de la première unité de génération d'énergie ; un échangeur thermique (21) qui réalise un échange de chaleur entre les gaz d'échappement et un milieu chauffant dans l'unité de récupération de chaleur d'échappement ; et des conduites de circulation (L1 à L3) qui introduisent le milieu chauffant chauffé par l'échangeur thermique dans le dispositif de déshydrogénation dans un état liquide et font circuler celui-ci entre le dispositif de déshydrogénation et l'échangeur thermique. Une température d'introduction du milieu chauffant dans le dispositif de déshydrogénation est située dans la plage de 352 à 392°C, une température d'échappement du milieu chauffant est située dans la plage de 337 à 367°C et la différence de température entre la température d'introduction et la température d'échappement est située dans la plage de 10 à 50°C.
(JA) 【課題】発電の排ガスを脱水素反応の熱源とする場合に、脱水素反応の温度を適切な範囲に制御し、効率的かつ安定的な水素製造を可能とする。 【解決手段】水素製造システム1が、触媒存在下の脱水素反応によって有機ハイドライドから水素を生成する脱水素反応装置51と、燃焼ガスのエネルギーに基づき発電を行う第1発電ユニット2と、第1発電ユニットの排ガスの熱回収を行う排熱回収ユニット3と、排熱回収ユニットにおいて排ガスと熱媒体との熱交換を行う熱交換器21と、熱交換器で加熱された熱媒体を液体状態で脱水素反応装置に導入し、熱交換器との間で循環させる循環ラインL1~L3とを備え、脱水素反応装置における熱媒体の導入温度は352℃~392℃の範囲内にあり、熱媒体の排出温度は337℃~367℃の範囲内にあり、導入温度と排出温度との温度差が10℃~50℃の範囲内にある構成とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CA2941705EP3124432US20170074163KR1020160140789