国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015146169) 化学強化処理によりガラス板に発生する反りを低減する方法、化学強化用ガラス板の製造方法及び化学強化ガラス板の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/146169 国際出願番号: PCT/JP2015/001702
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 25.03.2015
IPC:
C03C 21/00 (2006.01) ,C03B 18/02 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
21
繊維やフィラメントの形態をとらないガラスの,表面にイオンまたは金属を拡散することによる表面処理
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
18
液体の表面に接するガラスの成形
02
板ガラスの成形
出願人:
日本板硝子株式会社 NIPPON SHEET GLASS COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都港区三田三丁目5番27号 5-27, Mita 3-chome, Minato-ku, Tokyo 1086321, JP
発明者:
福島 清美 FUKUSHIMA, Kiyomi; JP
堀田 啓文 HOTTA, Hirofumi; JP
代理人:
鎌田 耕一 KAMADA, Koichi; JP
優先権情報:
2014-06648427.03.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR REDUCING WARPAGE DEVELOPING IN GLASS PLATE DUE TO CHEMICAL STRENGTHENING TREATMENT, METHOD FOR PRODUCING GLASS PLATE FOR CHEMICAL STRENGTHENING, AND METHOD FOR PRODUCING CHEMICALLY STRENGTHENED GLASS PLATE
(FR) PROCÉDÉ DE RÉDUCTION DU GAUCHISSEMENT SE DÉVELOPPANT DANS UNE PLAQUE DE VERRE DU FAIT D’UN TRAITEMENT DE RENFORCEMENT CHIMIQUE, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE PLAQUE DE VERRE POUR RENFORCEMENT CHIMIQUE, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PLAQUE DE VERRE CHIMIQUEMENT RENFORCÉE
(JA) 化学強化処理によりガラス板に発生する反りを低減する方法、化学強化用ガラス板の製造方法及び化学強化ガラス板の製造方法
要約:
(EN)  The present invention is a method for reducing warpage of a glass plate that develops when a glass plate produced by a float process is subjected to chemical strengthening treatment. In the method of the present invention, a glass plate produced by a float process is held for 10 minutes or more within a temperature range from the strain point of the glass - 70ºC to the strain point + 20ºC prior to being subjected to chemical strengthening treatment.
(FR)  La présente invention concerne un procédé pour réduire le gauchissement d'une plaque de verre qui se développe lorsqu’une plaque de verre produite par un procédé « float » est soumise à un traitement de renforcement chimique. Dans le procédé selon la présente invention, une plaque de verre produite par un procédé « float » est maintenue pendant 10 minutes ou plus dans une plage de température comprise entre le point de déformation du verre à -70 °C et le point de déformation + 20 °C avant d'être soumise à un traitement de renforcement chimique.
(JA)  本発明は、フロート法で製造されたガラス板に化学強化処理を施すことにより発生する前記ガラス板の反りを低減する方法である。本発明の方法では、化学強化処理が施されるよりも前に、フロート法で製造されたガラス板を、前記ガラスの歪点-70℃~歪点+20℃の温度範囲内に10分以上保持する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106103372US20170088454KR1020160137603