国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015145996) 内燃機関の制御装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/145996 国際出願番号: PCT/JP2015/001119
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 03.03.2015
IPC:
F01N 3/023 (2006.01) ,F01N 3/025 (2006.01) ,F01N 3/029 (2006.01) ,F01N 3/20 (2006.01) ,F02D 41/06 (2006.01) ,F02D 43/00 (2006.01) ,F02D 45/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
023
フィルタの再生手段を有するもの,例.捕集成分を燃焼させるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
023
フィルタの再生手段を有するもの,例.捕集成分を燃焼させるもの
025
バーナを用いるもの,または排気に燃料を添加するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
023
フィルタの再生手段を有するもの,例.捕集成分を燃焼させるもの
029
排気に非燃料物質を添加するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
41
燃焼可能な混合気またはその成分の供給の電気的制御
02
制御信号を発生する回路装置
04
特定の運転状態に対応する補正の導入
06
機関の始動または暖機運転のためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
43
2つ以上の機能,例.点火,燃料―空気の混合,再循環,過給,排気ガス処理,の結合した電気的制御
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
45
グループ41/00から43/00に分類されない電気的制御
出願人:
株式会社デンソー DENSO CORPORATION [JP/JP]; 愛知県刈谷市昭和町1丁目1番地 1-1, Showa-cho, Kariya-city, Aichi 4488661, JP
発明者:
中田 真吾 NAKATA, Shingo; JP
代理人:
金 順姫 KIN, Junhi; JP
優先権情報:
2014-06154125.03.2014JP
発明の名称: (EN) CONTROL DEVICE FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) DISPOSITIF DE COMMANDE POUR UN MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関の制御装置
要約:
(EN) When an execution condition for catalyst early warm-up control is met after an engine (11) is started, catalyst early warm-up control is executed wherein the ignition timing is controlled so as to be shifted toward the retard side and the air-fuel ratio is controlled so as to be on the lean side. Particulate matter captured by a gasoline particulate filter (GPF) (25) is burned due to an increase in the exhaust gas temperature and an increase of oxygen in the exhaust gas caused by the catalyst early warm-up control. Whether or not a predetermined amount or more of particulate matter captured by the filter has been burned is determined by determining whether or not the pressure difference between the front and back of the GPF (25) is equal to or smaller than a predetermined value. The catalyst early warm-up control continues until it is determined that the predetermined amount or more of the particulate matter captured by the filter has been burned. Consequently, the GPF (25) is reliably regenerated without resulting in poorer emission during the catalyst early warm-up control.
(FR) Selon l'invention, lorsqu'une condition d'exécution pour la commande de réchauffage précoce de catalyseur est satisfaite après le démarrage d'un moteur (11), la commande de chauffage précoce du catalyseur est exécutée, la temporisation de l'allumage étant commandée de manière à être décalée dans le sens du retard et le rapport air-carburant est commandé de manière à être pauvre. Les matières particulaires capturées par un filtre à particules d'essence (GPF) (25) sont brûlées sous l'effet d'une augmentation de la température de gaz d'échappement et d'une augmentation de la quantité d'oxygène dans le gaz d'échappement provoquée par la commande de réchauffage précoce du catalyseur. On détermine si une quantité prédéterminée ou supérieure de matières particulaires capturées par le filtre a été brûlée en déterminant si la différence de pression entre l'avant et l'arrière du GPF (25) est égale ou inférieure à une valeur prédéterminée. La commande de réchauffage précoce du catalyseur se poursuit jusqu'à ce que l'on détermine que la quantité prédéterminée ou supérieure de matières particulaires capturées par le filtre a été brûlée. Par conséquent, le GPF (25) est régénéré de manière fiable sans entraîner une émission plus médiocre lors de la commande de réchauffage précoce du catalyseur.
(JA)  エンジン(11)の始動後に触媒早期暖機制御の実行条件が成立したときに、点火時期を遅角側に制御すると共に空燃比をリーン側に制御する触媒早期暖機制御を実行する。この触媒早期暖機制御による排気温度の上昇と排気中の酸素の増加によってGPF(25)に捕集された粒子状物質を燃焼させる。そして、GPF(25)の前後差圧が所定値以下であるか否かを判定することで、フィルタ捕集粒子状物質が所定量以上燃焼したか否かを判定する。フィルタ捕集粒子状物質が所定量以上燃焼したと判定するまで触媒早期暖機制御を継続する。これにより、触媒早期暖機制御中のエミッションを悪化させずにGPF(25)を確実に再生させる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)