16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015145801) エンジン
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/145801 国際出願番号: PCT/JP2014/072022
国際公開日: 01.10.2015 国際出願日: 22.08.2014
IPC:
F02B 77/00 (2006.01) ,B60R 16/02 (2006.01) ,H01B 7/00 (2006.01) ,H01B 7/17 (2006.01) ,H01B 11/10 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
77
構成部品,細部または付属品で他に分類されないもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
16
電気回路または流体回路で,特に車両に適用.他に分類されないもの;電気回路または流体回路の要素の配置で,特に車両に適用,他に分類されないもの
02
電気によるもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
7
形を特徴とする絶縁導体またはケーブル
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
7
形を特徴とする絶縁導体またはケーブル
17
外的要因による損傷からの保護,例.シースまたはがい装
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
11
通信ケーブルまたは導体
02
撚り合わせ対またはカッドをもつケーブル
06
電磁的または静電的妨害作用を減少する手段をもつもの,例.遮へい
10
外部からの干渉を減少させるためにとくに用いられる遮へい体
出願人:
ヤンマー株式会社 YANMAR CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区茶屋町1番32号 1-32, Chayamachi, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308311, JP
発明者:
高畑 輝光 TAKAHATA, Terumitsu; JP
代理人:
矢野 寿一郎 YANO Juichiro; JP
優先権情報:
2014-05967524.03.2014JP
発明の名称: (EN) ENGINE
(FR) MOTEUR
(JA) エンジン
要約:
(EN) The objective of the present invention is to provide an engine that can suppress the effect of noise between wire harnesses and protects the wire harnesses from mechanical contact. In the engine, which is provided with a plurality of wire harnesses (22, 23, 24), a groove (26) is formed encircling a portion of the outer peripheral surface of one selected wire harness (22) by means of an electrically conductive wall surface (26a, 26b), and another wire harness (23) is attached to the one selected wire harness (22) in a manner so as to be adjacent with the wall surface (26a) therebetween at a wire harness cover (25) affixed to the engine by means of a plate section (27) extending from the groove (26).
(FR) L'objectif de la présente invention est de produire un moteur qui peut supprimer l'effet du bruit entre des faisceaux de câbles et protège les faisceaux de fils d'un contact mécanique. Dans le moteur, qui est pourvu d'une pluralité de faisceaux de fils (22, 23, 24), une rainure (26) est formée, encerclant une partie de la surface périphérique externe d'un faisceau de fils (22) sélectionné au moyen d'une surface de paroi électroconductrice (26a, 26b), et un autre faisceau de fils (23) est fixé au faisceau de fils (22) sélectionné de manière à être adjacent à la surface de paroi (26a) entre eux au niveau d'un cache (25) de faisceaux de fils fixé au moteur à l'aide d'une section plaque (27) qui s'étend depuis la rainure (26).
(JA) 機械的な接触からワイヤーハーネスを保護するとともに、ワイヤーハーネス間でのノイズの影響を抑制することができるエンジンの提供を目的とする。複数のワイヤーハーネス(22,23,24)が設けられているエンジンにおいて、導電性の壁面(26a,26b)によって選択した一つのワイヤーハーネス(22)の外周面の一部を囲む溝部(26)が形成され、溝部(26)から延出される板部(27)によってエンジンに固定されるワイヤーハーネスカバー(25)に、壁面(26a)を間に介して選択した一つのワイヤーハーネス(22)と隣り合うように他のワイヤーハーネス(23)が取り付けられている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3139018AU2014388589US20170130668KR1020160134843