国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141849) 通信システム、セルラ基地局及びWLANアクセスポイント
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141849 国際出願番号: PCT/JP2015/058589
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 20.03.2015
IPC:
H04W 92/20 (2009.01) ,H04W 4/00 (2009.01) ,H04W 48/18 (2009.01) ,H04W 72/04 (2009.01) ,H04W 92/02 (2009.01)
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
92
無線通信ネットワークに特に適合するインターフェース
16
階層的に類似したデバイス間のインターフェース
20
アクセスポイント間のインターフェース
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
4
無線通信ネットワークに特に適合するサービスまたは設備
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
48
アクセス規制;ネットワークの選択;アクセスポイントの選択
18
ネットワークまたは通信サービスの選択
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
72
ローカルリソースマネージメント,例.無線リソースの選択または割り当てまたは無線トラヒックスケジューリング
04
無線リソース割り当て
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
92
無線通信ネットワークに特に適合するインターフェース
02
ネットワーク間の装置
出願人:
京セラ株式会社 KYOCERA CORPORATION [JP/JP]; 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地 6, Takeda Tobadono-cho, Fushimi-Ku, Kyoto-shi, Kyoto 6128501, JP
発明者:
長坂 優志 NAGASAKA, Yushi; JP
藤代 真人 FUJISHIRO, Masato; JP
代理人:
キュリーズ特許業務法人 CURIUSE PATENT PROFESSIONAL CORPORATION; 東京都港区愛宕二丁目5番1号 2-5-1, Atago, Minato-ku, Tokyo 1056221, JP
優先権情報:
2014-05927820.03.2014JP
2014-24064427.11.2014JP
発明の名称: (EN) COMMUNICATION SYSTEM, CELLULAR BASE STATION, AND WLAN ACCESS POINT
(FR) SYSTÈME DE COMMUNICATION, STATION DE BASE CELLULAIRE ET POINT D'ACCÈS WLAN
(JA) 通信システム、セルラ基地局及びWLANアクセスポイント
要約:
(EN) This communication system has an AP (300) and an eNB (200) connected to a backhaul NW (15). A direct communication pathway (eNB-AP direct interface) that is not via an EPC (20) is provided between the eNB (200) and the AP (300). The eNB (200) uses the eNB-AP direct interface to perform communication control cooperatively with the AP (300).
(FR) L'invention concerne un système de communication comprenant un PA (300) et un eNB (200) connectés à un réseau de liaison terrestre (15). Une voie de communication directe (interface directe eNB-PA) qui n'est pas par l'intermédiaire d'un EPC (20) est prévue entre l'eNB (200) et le PA (300). L'eNB (200) utilise l'interface directe eNB-PA pour effectuer une commande de communication de façon coopérative avec le PA (300).
(JA)  通信システムは、バックホールNW15に接続されたeNB200及びAP300を有する。eNB200とAP300との間には、EPC20を介さない直接的な通信路(eNB-AP間ダイレクトI/F)が設定される。eNB200は、eNB-AP間ダイレクトI/Fを用いて、AP300と連携した通信制御を行う。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3122154