国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141807) 軌道輪および該軌道輪を有する転がり軸受
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141807 国際出願番号: PCT/JP2015/058368
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 19.03.2015
IPC:
F16C 33/64 (2006.01) ,B22F 1/00 (2006.01) ,B22F 3/10 (2006.01) ,B22F 3/24 (2006.01) ,B22F 5/00 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/12 (2006.01) ,F16C 19/06 (2006.01) ,F16C 33/62 (2006.01) ,F16C 33/78 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
64
特別な製造方法
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
10
焼結のみに特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
24
工作物や物品の後処理
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
5
製品の特殊な形状に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
12
タングステン,タンタル,モリブデン,バナジウムまたはニオブを含有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
02
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさの玉をもつもの
04
おもにラジアル荷重用
06
単列の玉をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
62
材料の選択
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
72
密封装置
76
玉軸受またはころ軸受の密封装置
78
ダイヤフラム,円板または輪をもつもの,弾性部材をもつもの,または弾性部材をもたないもの
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP (AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BE, BF, BG, BH, BJ, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CF, CG, CH, CI, CL, CM, CN, CO, CR, CU, CY, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, FR, GA, GB, GD, GE, GH, GM, GN, GQ, GR, GT, GW, HN, HR, HU, ID, IE, IL, IN, IR, IS, IT, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MC, MD, ME, MG, MK, ML, MN, MR, MT, MW, MX, MY, MZ, NA, NE, NG, NI, NL, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SI, SK, SL, SM, SN, ST, SV, SY, SZ, TD, TG, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW)
八代 尚樹 YASHIRO Naoki [JP/JP]; JP (US)
伊藤 雄太 ITOU Yuuta [JP/JP]; JP (US)
奥野 孝洋 OKUNO Takahiro [JP/JP]; JP (US)
大平 晃也 OOHIRA Kouya [JP/JP]; JP (US)
発明者:
八代 尚樹 YASHIRO Naoki; JP
伊藤 雄太 ITOU Yuuta; JP
奥野 孝洋 OKUNO Takahiro; JP
大平 晃也 OOHIRA Kouya; JP
代理人:
城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko; JP
優先権情報:
2014-05800120.03.2014JP
発明の名称: (EN) BEARING RING AND ROLLER BEARING HAVING SAID BEARING RING
(FR) BAGUE DE ROULEMENT ET ROULEMENT À ROULEAUX AYANT LADITE BAGUE DE ROULEMENT
(JA) 軌道輪および該軌道輪を有する転がり軸受
要約:
(EN) In the present invention, by means of compression molding a partially diffused alloy steel powder and then sintering, a sintered metal element (10') is formed, and by means of plastic working of the sintered metal element (10'), a raceway surface (2) is formed, producing a bearing ring (1). At least the risk volume of the bearing ring (1) is considered a predicted volume, and the square root (√areamax) of the envelope area of the largest pore estimated to be present in at least the predicted volume is set to be less than 50 μm. As a result, provided is a roller bearing that, while being low in cost, has an increased rolling fatigue life.
(FR) Selon la présente invention, à l'aide d'un moulage par compression d'une poudre d'alliage d'acier partiellement diffusée, puis d'un frittage, un élément métallique fritté (10') est formé et, à l'aide d'un usinage plastique de l'élément métallique fritté (10'), une surface de piste (2) est formée, donnant une bague de roulement (1). Au moins le volume de risque de la bague de roulement (1) est considéré comme un volume prédit, et la racine carrée (√areamax) de la surface d'enveloppe du pore le plus grand, estimé comme étant présent dans au moins le volume prédit, étant établie de façon à être inférieure à 50 µm. Par conséquent, il est possible d'obtenir un roulement qui, tout en étant de faible coût, présente une plus grande durée de vie de fatigue de roulement.
(JA) 部分拡散合金鋼粉を圧縮成形した後、焼結することにより焼結金属素材10'を形成し、焼結金属素材10'に塑性加工で軌道面2を形成して軌道輪1を製作する。軌道輪1の少なくとも危険体積を予測体積として、少なくともこの予測体積に存在すると推定される最大空孔の包絡面積の平方根√areamaxを50μm未満に設定する。これにより、低コストでありながら、転がり疲労寿命を向上させた転がり軸受用軌道輪を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3128193CN106460932US20170108045