国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141791) 炭素源から発酵法によりアニリン誘導体を製造する方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141791 国際出願番号: PCT/JP2015/058295
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 19.03.2015
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 1/04 (2006.01) ,C12P 7/40 (2006.01) ,C12P 13/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
1
微生物または酵素を使用してのグループ3/00~39/00に分類されない化合物または組成物の製造;微生物または酵素を使用しての化合物または組成物の製造方法一般
04
細菌の使用によるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
40
カルボキシル基を含むもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13
窒素原子を含む有機化合物の製造
出願人:
国立研究開発法人科学技術振興機構 JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY [JP/JP]; 埼玉県川口市本町四丁目1番8号 4-1-8, Honcho, Kawaguchi-shi, Saitama 3320012, JP
発明者:
小西 一誠 KONISHI, Kazunobu; JP
高谷 直樹 TAKAYA, Naoki; JP
桝尾 俊介 MASUO, Shunsuke; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
優先権情報:
2014-05857020.03.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING ANILINE DERIVATIVE BY FERMENTATION FROM CARBON SOURCE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN DÉRIVÉ DE L'ANILINE PAR FERMENTATION À PARTIR D'UNE SOURCE DE CARBONE
(JA) 炭素源から発酵法によりアニリン誘導体を製造する方法
要約:
(EN)  Provided is a method for producing an aniline derivative by fermentation from a carbon source such as glucose. A method for producing an aniline derivative, the method including the following steps: production of microorganisms capable of producing 1.8 g/L or more of 4-aminophenylalanine (4APhe) under prescribed culture conditions by introducing at least three exogenous genes into microorganisms having the ability to biosynthesize 4-aminophenylpyruvic acid from chorismic acid; and production of at least one aniline derivative selected from the group consisting of 4-aminophenylalanine (4APhe), 4-aminocinnamic acid (4ACA), 2-(4-aminophenyl)aldehyde, 4-aminophenylacetic acid, and 4-aminophenethylethanol (4APE) by bringing these microorganisms into contact with a carbon source under conditions suited to the growth and/or maintenance of these microorganisms.
(FR)  La présente invention concerne un procédé de production d'un dérivé de l'aniline par fermentation à partir d'une source de carbone telle que le glucose. L'invention concerne un procédé de production d'un dérivé de l'aniline, le procédé comprenant les étapes suivantes : production de micro-organismes capables de produire 1,8 g/L ou plus de 4-aminophénylalanine (4APhe) dans les conditions de culture indiquées, grâce à l'introduction d'au moins trois gènes exogènes dans des micro-organismes capables de biosynthétiser l'acide 4-aminophénylpyruvique à partir d'acide chorismique; et production d'au moins un dérivé de l'aniline, choisi dans le groupe constitué de la 4-aminophénylalanine (4APhe), l'acide 4-aminocinnamique (4ACA), le 2-(4-aminophényl) aldéhyde, l'acide 4-aminophénylacétique et le 4-aminophénéthyléthanol (4APE), en mettant ces micro-organismes au contact d'une source de carbone dans les conditions adéquates pour la croissance et/ou la maintenance de ces micro-organismes.
(JA)  グルコースの如き炭素源から発酵法によりアニリン誘導体を製造する方法の提供。 以下の工程:コリスミ酸から4-アミノフェニルピルビン酸を生合成する機能を有する微生物に、少なくとも3つの外来遺伝子を導入することによって、所定培養条件下、1.8g/L以上の4-アミノフェニルアラニン(4APhe)を生産することができる微生物を作製し;そして該微生物の生育及び/又は維持に適した条件下、該微生物を炭素源と接触させて、4-アミノフェニルアラニン(4APhe)、4-アミノケイ皮酸(4ACA)、2-(4-アミノフェニル)アルデヒド、4-アミノフェニル酢酸、及び4-アミノフェネチルエタノール(4APE)からなる群から選ばれる少なくとも1つのアニリン誘導体を製造する;を含む、前記アニリン誘導体の製造方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3121275US20170022528CN106471120JPWO2015141791