国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141748) ワークの搬送方法、及びワークの搬送装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141748 国際出願番号: PCT/JP2015/058129
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 18.03.2015
IPC:
B65G 13/071 (2006.01) ,B65H 20/00 (2006.01) ,C03B 17/06 (2006.01)
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
G
運搬または貯蔵装置,例.荷積みまたは荷あげ用コンベヤ;工場コンベヤシステムまたは空気管コンベヤ
13
ローラウェイ
02
駆動されるローラをもつもの
06
ローラの駆動手段
071
摩擦かみ合いをもつもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
H
薄板状または線条材料,例.シート,ウェブ,ケーブル,の取扱い
20
ウエブの送給
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
17
流出,押し出しまたは成形スリットからの下方あるいは側方への引き出しまたはリップからのオーバーフローによるガラスの成形
06
板ガラスの成形
出願人:
日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP/JP]; 滋賀県大津市晴嵐2丁目7番1号 7-1, Seiran 2-chome, Otsu-shi, Shiga 5208639, JP
発明者:
秋山 修二 AKIYAMA Shuji; JP
鑑継 薫 MITSUGI Kaoru; JP
西島 浩治 NISHIJIMA Koji; JP
代理人:
城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko; JP
優先権情報:
2014-05800820.03.2014JP
発明の名称: (EN) WORKPIECE CONVEYANCE METHOD AND WORKPIECE CONVEYANCE DEVICE
(FR) PROCEDE DE TRANSPORT DE PIECE A USINER ET DISPOSITIF DE TRANSPORT DE PIECE A USINER
(JA) ワークの搬送方法、及びワークの搬送装置
要約:
(EN) This workpiece conveyance method is for imparting a conveyance force (F) on a workpiece (1) to convey the workpiece (1) in a predetermined direction while supporting the workpiece (1) by means of free rollers (11), and is characterized by imparting a rotary supplemental force (f) on the free rollers (11) in the direction of rotation during conveyance of the workpiece (1) by means of imparting a fluid flow.
(FR) La présente invention concerne un procédé de transport pour impartir une force de transport (F) sur une pièce à usiner (1) pour le transport de la pièce (1) dans une direction prédéterminée tout en assurant le support de la pièce (1) au moyen de rouleaux libres (11), et caractérisé en ce qu'il impartit une force de rotation supplémentaire (f) sur les rouleaux libres (11) dans la direction de rotation lors du transport de la pièce (1) par la fourniture d'un débit de fluide.
(JA) 本発明に係るワークの搬送方法は、ワーク(1)に搬送力(F)を付与して、ワーク(1)をフリーローラ(11)で支持しながら所定の方向に搬送するための方法であって、流体の流れを与えることにより、フリーローラ(11)に、ワーク(1)の搬送時に回転する向きの回転補助力(f)を付与することを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106103314US20170073164KR1020160134692