国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141655) 音響抵抗部品及び音響構造体
Document

明 細 書

発明の名称 音響抵抗部品及び音響構造体

技術分野

0001  

背景技術

0002  

先行技術文献

特許文献

0003  

発明の概要

0004   0005   0006   0007   0008   0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017  

図面の簡単な説明

0018  

発明を実施するための形態

0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  

図面

1   2   3   4   5   6  

明 細 書

発明の名称 : 音響抵抗部品及び音響構造体

技術分野

[0001]
 本発明は、音響抵抗部品及びそれを組み込んだ音響構造体に関する。

背景技術

[0002]
 劇場ホールやオーディオルーム等の音響空間においてフラッターエコー等の音響障害を防止するために、音を散乱または吸収するというような音響効果を実現するための音響構造体が設置される。例えば、特許文献1には、内部に中空空間を有する共鳴器と、該中空空間を外部空間に通ずる開口部に配置される抵抗部材とを備え、該抵抗部材が共鳴器の空気通路又は開口部の全部又は一部を塞ぐことにより、共鳴器の音響特性(共鳴特性)を変化させる音響構造体が開示されている。そのように、抵抗部材を用いて共鳴器の音響特性を変化させることにより、得られる音響効果を制御することができる。一方、適用する抵抗部材の素材そのものを工夫することによって、吸音性能等の音響効果を更に制御することも知られている。例えば、音響抵抗を増加させて吸音効果を高めるために、該抵抗部材の素材として、グラスウールや不織布、ウレタンフォーム等の多孔質素材や網目状のネット素材等を用いることが知られている。

先行技術文献

特許文献

[0003]
特許文献1 : 特開2013-218026号公報

発明の概要

[0004]
 しかしながら、より一層高い効果を発揮する音響構造体の開発が望まれている。例えば、音の散乱効果を一層高めることにより、音の反射による指向性を低減して一層の空間の拡散性を向上させる効果を発揮する提案が望まれている。また、音響抵抗を増加させて吸音効果を一層高めることにより、音の減衰を促進して一層の吸音効果を発揮する提案も望まれている。
[0005]
 また、多孔質素材やネット素材等を用いる場合には、デザイン上の自由度が少ない、抵抗部材として使用する素材の材質選定に依存して音響抵抗値が大きく変わってしまう、一般に柔軟材料であり損傷を受けやすい、等の種々の課題がある。
[0006]
 本発明は、上記の事情に鑑みてなされたもので、従来よりも音の散乱効果や吸音効果を一層高めることにより、従来にない良好な音響効果を発揮することのできる音響抵抗部品及び音響構造体を提供することを目的とする。
[0007]
 上記目的を達成するために、本発明の音響抵抗部品は、内部に中空空間を有する中空管部の側面に配置されるのに適した音響抵抗部品であって、前記中空管部の前記中空空間と外部空間とを連通し、前記外部空間からの音の少なくとも一部を前記中空空間内に導入するように構成された音波導入部と、前記外部空間に面する部位において非平面的形状を有し、該非平面的形状によって音を散乱させる音波散乱部とを具備する。
[0008]
 これによれば、音響抵抗部品の音波導入部を介して、外部空間を中空管部の中空空間に連通するので、公知のように、共鳴管として機能する中空管部の共鳴特性に従って吸音及び散乱等の音響効果が実現される。加えて、前記音波導入部は、前記外部空間からの音の少なくとも一部を前記中空空間内に導入するように構成されているので、音響抵抗として作用し、音の吸音効果を一層向上させることができ、かつ、前記音波散乱部の非平面的形状によって音を散乱させるので、音の散乱効果を一層向上させることができ、従来よりも良好な音響効果を発揮することができる。このように、本発明によれば、中空管部の中空空間内での管共鳴による吸音効果、散乱効果のみならず、該中空管部に配置される音響抵抗部品が持つ特有の吸音効果及び散乱効果も得ることができる。
[0009]
 一実施例において、前記音波導入部は、前記外部空間と前記中空空間とを連通する経路を非直線的に形成する構造を有するものであってよい。これによれば、外部空間から中空空間への連通経路の構造若しくは形状により所要の音響抵抗を発揮させることができるので、従来のような多孔質素材やネット素材等を音響抵抗部品の素材として使用する必要がなく、合成樹脂等の硬質素材を使用して音響抵抗部品を構成することができる。従って、デザインの自由度が高く、また、音響抵抗部品として使用する素材の材質選定に依存して音響抵抗値が大きく変わってしまう、というような問題がなく、また、柔軟材料であるために損傷を受けやすい、というような問題もない。
[0010]
 一実施例において、前記外部空間と前記中空空間とを連通する前記経路は、湾曲部分及び屈曲部分の少なくとも一方を有する管路からなるものであってよい。これによれば、外部空間から中空空間内に至る音に対する音響抵抗値を一層増大させることができる。それにより、中空空間内に至る音に対する吸音効果を一層向上させることができる。
[0011]
 一実施例において、前記音波散乱部の前記非平面的形状は、凹凸形状であってよい。これにより、凹凸面で反射する音を多くの異なる方向(例えば、ランダムな方向)に反射させることができ、結果的に、音の散乱効果を向上させることができる。
[0012]
 一実施例において、前記音波散乱部の前記凹凸形状における凹部及び凸部の少なくとも一方に関連して、前記音波導入部が前記中空管部の前記中空空間に前記外部空間を連通するための開口端が形成されていてよい。これによれば、音波導入部における中空空間に外部空間を連通するための開口端の配置と、音波散乱部における凹凸形状と、を組み合わせた構造とすることができ、両者を集約化したスマートな構造を提供することができる。例えば、音波散乱部における凹部又は凸部の側部分に開口端を形成することが容易にできるので、そうすると、この音響抵抗部品を正面(前面)から見た場合、凹部又は凸部の側部分に形成された開口端は、見えない状態となり、かつ、該開口端は、音響抵抗部品の略正面(前面)に対面している音源の方向を向かないこととなる。したがって、音源から発生された音が該開口端から中空空間内に至る際の音響抵抗値が一層高いものとなって、音波導入部による吸音効果を一層高めることができる。また、正面(音響抵抗部品が配置される中空管部の側面)側から音響抵抗部品を見たときに該開口端を視認し難くすることができるので、デザイン性の向上に寄与することができる。
[0013]
 一実施例において、前記凹凸形状は、前記中空管部の長さ方向に沿って延びていてよい。これによれば、中空管部の長さ方向に直交する平面内での音の散乱効果を高めることができる。例えば、中空管部を音響室の壁に設置する場合において、中空管部が鉛直方向に沿った方向となるように設置すれば、凹凸部分により水平面内で高い散乱効果を発揮するようにすることができる。
[0014]
 一実施例において、前記音波散乱部の前記非平面的形状は、全体的に凸状又は凹状に湾曲した形状であってよい。この場合も、全体的な湾曲形状によって音の散乱効果を高めることができる。また、前記音波散乱部の表面には、前記凸状又は凹状に湾曲した形状が延びている方向に沿って延びた溝が更に設けられていてよい。これにより、更に音の散乱効果を高めることができる。
[0015]
 一実施例において、前記音響抵抗部品は、前記中空管部と別体に構成され、該中空管部に対して着脱可能に取り付けられるようになっていてよい。これによれば、中空管部にセットされた音響抵抗部品を、その部分だけ交換することが可能である。すなわち、音響抵抗部品が破損等した場合にその部分だけの交換が容易であり、また、必要に応じて吸音効果や散乱効果等の音響効果が異なるタイプの音響抵抗部品に変更することもできる。なお、音響抵抗部品を樹脂や金属等の硬質材料で形成することにより、音響抵抗部品の強度を高めて破損し難くすることができる。反対に、別の実施例において、前記音響抵抗部品は、前記中空管部と一体的に構成されていてもよい。
[0016]
 上記の音響抵抗部品を中空管部に適用することにより、本発明に従う音響構造体を構成することができる。すなわち、本発明に従う音響構造体は、上記の音響抵抗部品と、当該側面に開口部が形成されており、該開口部を覆うように該音響抵抗部品が配置された中空管部と、を具備する。一例として、音響構造体は、複数の前記中空管部を並列的に配置してなるものであってよい。一例として、各中空管部は、1又は複数の前記音響抵抗部品を配置してなるものであってよい。
[0017]
 本発明の更なる目的又はその他の特徴は、以下添付図面を参照して説明される好ましい実施の形態によって明らかにされるであろう。

図面の簡単な説明

[0018]
[図1] 本発明の一実施形態に係る音響構造体の外観斜視図である。
[図2] 音響構造体のうちの1つの中空管部の断面図であって、(a)は、図1におけるA-A断面を示し、(b)は、B-B断面を示す。
[図3] 音響抵抗部材の外観斜視図である。
[図4] 音響抵抗部材を左右方向(X方向)に沿って切断した断面図である。
[図5] 本発明の別の実施形態に係る音響抵抗部材の断面図である。
[図6] 本発明の更なる実施形態に係る音響抵抗部材の断面図である。

発明を実施するための形態

[0019]
[実施形態1]
 以下、実施形態1について図面を用いて説明する。図1に示すように、音響構造体100は、部屋(音響室)等の壁面Wに組み込まれ、若しくは壁面Wの表面に取り付けられて、使用される。音響構造体100は、或る厚さを有するパネル状の構造体であり、例えば前方から見て正面視略長方形を呈し、全体としてフラットな直方体形状とされている。音響構造体100の形状は、もちろん直方体形状に限定されない。図1において、音響構造体100の幅方向(左右方向若しくは横方向)をX方向、高さ方向(上下方向若しくは長さ方向)をY方向、厚さ方向(前後方向)をZ方向とする。なお、別の実施形態として、単体のパネル状の音響構造体100の下部にスタンド(図示せず)を取り付け、該スタンドを介して床上に自立させて使用できるように構成してもよい。
[0020]
 本実施形態1では、音響構造体100は、本発明に係る音響抵抗部品の一実施例である音響抵抗部材4が取り付けられた中空管部2を幅方向に複数隣接配置(つまり、並列的に配置)して、全体として1つのパネル状の外観をなすように、構成される。1つの中空管部2は、高さ方向に延びる略四角柱形状の樹脂、金属又は木材の管状部材である。図2(a)及び(b)にその断面を示すように、中空管部2は、前面、後面、左側面、右側面(これらを総称して側面という。)及び上下面(2b,2c)が閉鎖されてその内部が中空空間2dとされており、開口部2eを介して該中空空間2d内に導入された音を共鳴させる共鳴管としての機能を有する。側面の1つとしての前面2aは、図2(a)に示されるように、中空管部2の内側に向かう閉ループ状の折曲部12と、当該折曲部12の内方端に連設された内向きのフランジ部13とを含み、当該フランジ部13の内周側を開口部2eとして音響抵抗部品としての音響抵抗部材4の外周端がフランジ部13に着座するように設けられている。
[0021]
 なお、音響構造体100は樹脂、金属又は木材以外の材料であってもよい。樹脂で形成する場合には、インジェクション成形、ブロー成形、押出成形等により形成してもよい。また、中空管部2の形状は必ずしも四角柱形状に限られず、断面が円形、楕円形、三角形その他の多角形の柱状形状を呈する管状部材であってもよい。その中空管部2が1本で音響構造体100を構成してもよいし、幅方向に複数本又は複数種隣接するように中空管部2が配置されて音響構造体100を構成してもよい。もちろん、中空管部2の上面2b及び下面2cのいずれか一方又は両方が開放されていてもよい。また、1つの中空管部2につき、1又は複数の音響抵抗部材4を配置してよい。また、音響構造体100を構成する複数の中空管部2において、音響抵抗部材4を配置していない中空管部2があってもよい。
[0022]
 中空管部2の前面2aの一部には、正面視略長方形状に開口されて中空管部2外と中空空間2dとを連通する開口部2eが形成されている。この開口部2eの近傍に、開口部2eを覆うように音響抵抗部材4が取付可能とされている。中空管部2外からの音が音響抵抗部材4の音波導入部5及び開口部2eを介して中空空間2d内に導入されるようになっている。
[0023]
 図3に示すように、音響抵抗部材4(音響抵抗部品)は、正面視略長方形状の平板部材であり、例えば樹脂で形成されている。音響抵抗部材4は、所定の音響効果を生じる音響抵抗部品であって中空管部2と別体とされ、中空管部2の開口部2eを覆うように取付け、取外しが可能とされる。なお、本実施形態1では、音響抵抗部材4(音響抵抗部品)が中空管部2とは別体として構成されて該中空管部2に対して着脱可能に取り付けられる例について説明するが、これに限らず、該音響抵抗部材4(音響抵抗部品)が中空管部2と一体的に構成されていてもよい。換言すれば、中空管部2の1つの面(例えば前面2a)それ自体が、若しくはその一部分が、音響抵抗部品として機能するように構成されていてもよい。
[0024]
 音響抵抗部材4は、音波導入部5と音波散乱部6とを有して構成され、フランジ部13に着座する大きさを備えた板状体4aと、この板状体4aの面内に形成されて中空管部2の内外に直線状の空気通路を構成する複数の開口(7,9)と、一部の開口(第2開口9)の前方に位置するように設けられて空気通路を非直線状にシフトさせるリブ(凹凸部)8とを含む。ここにおいて、音波導入部5は、開口(7,9)を有して構成され、音波散乱部6は、リブ8を有して構成される。
[0025]
 音波導入部5は、中空管部2外(つまり、外部空間)と中空空間2dとを連通し、中空管部2外(外部空間)からの音の少なくとも一部を中空空間2d内に導入するように構成されている。この実施形態1において、音響抵抗部材4は、音波導入部5として、板状体4aに開口形成された複数の第1開口7と、リブ(凹凸部)8に形成された複数の第2開口9という、2つの異なるタイプの開口を有する。
[0026]
 図4に、音響抵抗部材4の断面を示すように、1つ1つの前記第1開口7は、板状体4aに開口形成された貫通孔であり、中空管部2外(外部空間)と中空空間2dとの間の空気つまり音の直線的な通過を前後方向(Z方向)において許容する。こうして、各第1開口7によって、中空管部2外(外部空間)と中空空間2dとを連通するための直線的な経路がそれぞれ形成される。
[0027]
 1つ1つの前記第2開口9は、前面2aに対して立設するリブ8の立設面(立面)8aに形成されて中空管部2外へと開放する開放端9aと、板状体4a側に形成されて中空空間2dへと繋がる他端9bと、その開放端9aから他端9bまでを繋ぐことにより中空管部2外と中空空間2dとを連通する連通路9cとを有している。開放端9aはその開口方向を左右方向(X方向)に向けており、他端9bはその開口方向を前後方向(Z方向)に向けている。そのため、連通路9cは中空管部2外と中空空間2dとを連通するものの、空気の経路9dが一直線状とならず屈曲部9eを有して曲がっている。これにより、この第2開口9の音響抵抗を増大させることができ、第2開口9を介して中空空間2d内に導入される音に対する吸音効果を高めることができる。
[0028]
 こうして、各第2開口9(音波導入部5)によって、中空管部2外(外部空間)と中空空間2dとを連通する非直線的な経路がそれぞれ形成される。換言すれば、第2開口9(音波導入部5)は、中空管部2外(外部空間)と中空空間2dとを非直線的に連通する立体的な開口構造を有している。このような立体的な開口構造においては、中空管部2外(外部空間)と中空空間2dとを連通する非直線的な経路において、外部空間側の開口端(つまり、前記開放端9a)と中空空間2d側の開口端が非直線的に並んでいる(図4の例では、約90度弱の角度をなしている)。
[0029]
 音波散乱部6は、音響抵抗部材4の板状体4aから前方に突出するリブ8を有している。音響抵抗部材4が中空管部2の前面2aに取り付けられることにより、音波散乱部6は前面2aにおいて非平面形状(すなわち、本実施形態1においては凹凸形状)を呈する。また、音響抵抗部材4を中空管部2に取り付けた状態で、リブ8は中空管部2の延長方向である高さ方向(Y方向)に沿って延びている。
[0030]
 音波散乱部6が前面2aにおいて非平面を呈するので、中空管部2外から前面2aに向かう音波振動10は、音響抵抗部材4において指向性を有して特定の方向に反射するのでなく、リブ8によって多種多様な方向へと散乱される。そのため、音響抵抗部材4は、リブ8の効果によってその表面で反射する音波の指向性を低減し、高い散乱効果を発揮する。ここで、リブ8が高さ方向(Y方向)に沿って延びているので、この音響抵抗部材4は、XZ面内における音の散乱効果を高めることができる。もちろん、リブ8が左右方向(X方向)に沿って延びていてもよい。その場合は、この音響抵抗部材4は、YZ面内における音の散乱効果を高めることができる。
[0031]
 音響抵抗部材4は、裏面側、すなわちリブ8が形成されている側の反対側に突出する取付フック4bを有している。この取付フック4bは、係合爪(不図示)を有して中空管部2の開口部2eに係合可能とされている。音響抵抗部材4の取付フック4bを開口部2eに挿入するように前面2aから取り付けることにより、係合爪を開口部2eの周縁に係合させて音響抵抗部材4を中空管部2に装着することが可能とされている。また、板状体4aを若干撓ませて取付フック4bの係合爪を開口部2eの周縁から解除することにより、音響抵抗部材4を中空管部2から取り外すことが可能とされている。
[0032]
 なお、上記実施形態1において、中空管部2の開口部2eの形状及び音響抵抗部材4の形状を正面視略長方形状とした例について説明したが、これらの形状は長方形状に限られず、正面視の状態で、略円形、略楕円形等の他の形状に適宜設定可能である。また、前面2aからリブ8が立設し(突出し)、その立設面8a(つまり凸部の側部)に第2開口9の開放端9aが配置される例について説明したが、逆に、前面2aから中空管部2の内側に向かって凹凸部が凹むように形成され、前面2aに対して垂下するその垂下面(立面)(つまり凹部の側部)に第2開口の開放端が配置されていてももちろんよい。
[0033]
 また、上記実施形態1において、前面2aに開口2eが形成され、音波導入部5及び音波散乱部6を有する音響抵抗部品としての音響抵抗部材4が取り付けられる例について説明したが、前面2a以外の側面(後面、左側面、右側面)に開口2eが形成され、音響抵抗部材4が取り付けられてももちろんよい。前面、後面、左側面、右側面のうちいずれの側面に開口2eを形成して音響抵抗部材4を取り付けるかは、設計に応じて適宜変更可能である。また、側面のうちいずれの面が前面(又は後面又は左側面又は右側面)であるかは、音響構造体100の設置状況に応じて適宜把握され得る。
[0034]
 音響抵抗部材4を実施形態1で説明したような形状とし、多孔質部材やネット部材による吸音効果でなく、リブ8に形成された第2開口9の音響抵抗による吸音効果を発揮させることで、高い吸音効果を発揮させつつ音響抵抗部材4の立体的なデザインが可能となり、ひいては音響構造体100全体のデザイン上の自由度を増大させることができる。音波導入部5の開放端9aの配置や形状、連通路9cの形状等を適宜設定することにより、音響抵抗値を適切に調整することができる。
[0035]
 また、リブ8(音波散乱部6)の立設面8a(つまり凸部の側部)に第2開口9(音波導入部5)の開放端9aを形成することにより、若しくはリブ(音波散乱部6)の垂下面(つま凹部の側部)に第2開口9(音波導入部5)の開放端9aを形成することにより)、リブ8(音波散乱部6)の凹凸形状における凹部及び凸部の少なくとも一方に関連して、第2開口9(音波導入部5)が中空管部2の中空空間2dに外部空間を連通するための開放端9a(開口端)が形成された構造となっている。これにより、第2開口9(音波導入部5)における中空空間2dに外部空間を連通するための開放端9aの配置と、リブ8(音波散乱部6)における凹凸形状と、を組み合わせた構造とすることができ、両者を集約化したスマートな構造を提供することができる。また、リブ8(音波散乱部6)における凹部又は凸部の側部分に開放端9a(開口端)を形成することができるので、そうすると、正面から(すなわち、前方から)音響抵抗部材4を見たときに開放端9aが視認不可能又は視認困難とすることができる。中空空間2dへの音の導入を可能としつつ、音響抵抗部材4を正面から見たときに中空空間2d内部を見え難くすることができ、音響構造体100のデザイン性を向上させることができる。
[0036]
 音響抵抗部材4に音波導入部5のみならず音波散乱部6を配置することにより、中空空間2d内での管共鳴による吸音や音波散乱だけでなく、音響抵抗部材4自体の形状に基づく音波散乱効果を発揮させることができる。
[0037]
 音響抵抗部材4を樹脂等の比較的硬質な素材により形成することにより、高い吸音効果を発揮させながら、多孔質素材やネット素材を用いる場合に比較して、破損し難くすることができる。たとえ破損した場合であっても、音響抵抗部材4が中空管部2に対して着脱可能であれば、破損した音響抵抗部材4のみを交換することができる。
[0038]
 なお、音響抵抗部材4を中空管部2の前面2aへ取り付ける際に、多孔質部材やネット部材を挟み込むように取り付けるようにしてもよく、そうすると、更に一層高い吸音効果を発揮させることができる。
[0039]
[実施形態2]
 図5は、実施形態2に係る音響抵抗部材24の断面図である。図5では、実施形態1における図4と同様に左右方向(X方向)に沿って音響抵抗部材24を切断で示している。なお、音響抵抗部材24が装着される中空管部2及び音響構造体100については、実施形態1と同様であるので、その説明を省略する。
[0040]
 音響抵抗部材24は、空気の経路29dが湾曲形状とされた湾曲部29eを有する音波導入部25と、中空管部2の前面2aに取り付けた際に前面2aから前方へと凸状に湾曲した形状からなる音波散乱部26とを有している。湾曲部29eによって音波導入部25が高い音響抵抗値を有し、中空管部2外から音波導入部25を介して中空空間2d内へと導入される音が効率よく吸音される。また、半球状の音波散乱部26が前面2aから凸状に前方へと突出しているので、音響抵抗部材24へと向かう中空管部2外の音波振動10が音波散乱部26において効率よく散乱される。音波散乱部26は特定の方向に延びるのでなく半球状であるので、高い無指向性をもって音が散乱される。なお、音波導入部25は、断面図で示した2個に限らず、音響抵抗部材24の長さ方向(上下方向)に沿って更に複数個設けられる。
[0041]
[実施形態3]
 図6は、実施形態3に係る音響抵抗部材34の断面図である。図6では、実施形態1における図4と同様に左右方向(X方向)に沿って音響抵抗部材34を切断している。なお、音響抵抗部材34が装着される中空管部2及び音響構造体100については、実施形態1と同様であるので、その説明を省略する。
[0042]
 音響抵抗部材34は、空気の経路39dが屈曲形状とされた屈曲部39eを有する音波導入部35と、中空管部2の前面2aに取り付けた際に前面2aから後方へと凹状に湾曲した形状からなる音波散乱部36とを有している。屈曲部39eによって音波導入部35が高い音響抵抗値を有し、中空管部2外から音波導入部35を介して中空空間2d内へと導入される音が効率よく吸音される。また、半球状の音波散乱部36が前面2aから凹状に後方へと凹んでいるので、音響抵抗部材34へと向かう中空管部2外の音波振動10が音波散乱部36において効率よく散乱される。音波散乱部36は特定の方向に延びるのでなく半球状であるので、指向性が低減された状態で音が散乱される。
[0043]
 半球状の音波散乱部36の一部には、更に高さ方向(Y方向)に沿って延びる溝38が形成されている。この溝38が音波散乱効果を更に向上させている。すなわち、溝38内に向かった音波振動10は溝38内で反射するが、あるものは1回の反射で溝38から出射し、あるものは多数回の反射を経てようやく溝38から出射する。溝38から出射する音波振動10には溝38内部での反射回数の異なるものが混在し、結果として多くの異なる方向へと音波振動10が反射することとなる。溝38の数は図示した2個に限らず、1個又は3個以上であってもよい。
[0044]
 上記実施形態2と同様に、実施形態3における音波導入部35も、断面図で示した2個に限らず、音響抵抗部材34の長さ方向(上下方向)に沿って更に複数個設けられる。また、上記実施形態2における凸状に湾曲した形状からなる音波散乱部26においても、上記実施形態3における前記溝38と同様に、高さ方向(Y方向)に沿って延びる溝を1又は複数設けてよい。
[0045]
 以上、実施の形態を説明したが、本発明はこれらに限定されるものではなく、その要旨の範囲内で様々な変形や変更が可能である。

請求の範囲

[請求項1]
 内部に中空空間を有する中空管部の側面に配置されるのに適した音響抵抗部品であって、
 前記中空管部の前記中空空間と外部空間とを連通し、前記外部空間からの音の少なくとも一部を前記中空空間内に導入するように構成された音波導入部と、
 前記外部空間に面する部位において非平面的形状を有し、該非平面的形状によって音を散乱させる音波散乱部と、
を具備する音響抵抗部品。
[請求項2]
 前記音波導入部は、前記外部空間と前記中空空間とを連通する経路を非直線的に形成する構造を有する、請求項1に記載の音響抵抗部品。
[請求項3]
 前記音波導入部は、前記外部空間と前記中空空間とを連通する前記経路において、前記外部空間側の開口端と前記中空空間側の開口端が非直線的に並んでいる、請求項2に記載の音響抵抗部品。
[請求項4]
 前記外部空間と前記中空空間とを連通する前記経路は、湾曲部分及び屈曲部分の少なくとも一方を有する管路からなる、請求項2又は3に記載の音響抵抗部品。
[請求項5]
 前記音波導入部は、前記外部空間と前記中空空間とを連通する前記経路を複数有する、請求項2乃至4のいずれかに記載の音響抵抗部品。
[請求項6]
 前記音波導入部は、前記外部空間と前記中空空間とを連通するための別の経路を更に有し、前記別の経路は直線的に形成される、請求項2乃至5のいずれかに記載の音響抵抗部品。
[請求項7]
 前記音波散乱部の前記非平面的形状は、凹凸形状である、請求項1乃至6のいずれかに記載の音響抵抗部品。
[請求項8]
 前記音波散乱部の前記凹凸形状における凹部及び凸部の少なくとも一方に関連して、前記音波導入部が前記中空管部の前記中空空間に前記外部空間を連通するための開口端が形成されている、請求項7に記載の音響抵抗部品。
[請求項9]
 前記凹凸形状は、前記中空管部の長さ方向に沿って延びている、請求項7又は8に記載の音響抵抗部品。
[請求項10]
 前記音波散乱部の前記非平面的形状は、全体的に凸状又は凹状に湾曲した形状である、請求項1乃至6のいずれかに記載の音響抵抗部品。
[請求項11]
 前記音波散乱部の表面には、前記凸状又は凹状に湾曲した形状が延びている方向に沿って延びた溝が更に設けられている、請求項10に記載の音響抵抗部品。
[請求項12]
 前記中空管部と別体に構成され、該中空管部に対して着脱可能に取り付けられる、請求項1乃至11のいずれかに記載の音響抵抗部品。
[請求項13]
 請求項1乃至12のいずれかに記載の前記音響抵抗部品と、
 前記側面に開口部が形成されており、該開口部を覆うように前記音響抵抗部品が配置された前記中空管部と、
を具備する音響構造体。
[請求項14]
 複数の前記中空管部を並列的に配置してなる、請求項13に記載の音響構造体。
[請求項15]
 各中空管部は、1又は複数の前記音響抵抗部品を配置してなる、請求項14に記載の音響構造体。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]