国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141611) クランクシャフトおよび軸部材の強化方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141611 国際出願番号: PCT/JP2015/057625
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 16.03.2015
IPC:
F16C 3/08 (2006.01) ,B21J 5/02 (2006.01) ,B21K 1/08 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
3
軸;車軸;クランク,偏心輪
04
クランク軸,偏心軸;クランク,偏心輪
06
クランク軸
08
1部品で作られたもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
J
鍛造;ハンマーリング;プレス;リベット締め;鍛造炉
5
鍛造,ハンマリングまたはプレスの方法;そのための特殊な装置または付属品
02
型鍛造;特殊なダイスを利用したトリミング
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
K
鍛造またはプレス製品の製造,例.馬蹄,リベット,ボルト,車輪
1
機械要素の製造
06
軸またはシャフト
08
クランクシャフト
出願人:
本田技研工業株式会社 HONDA MOTOR CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区南青山二丁目1番1号 1-1, Minami-Aoyama 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1078556, JP
発明者:
田中 利享 TANAKA, Toshiyuki; JP
三浦 大介 MIURA, Daisuke; JP
吉村 拓郎 YOSHIMURA, Takuro; JP
竹内 豊 TAKEUCHI, Yutaka; JP
越野 大介 KOSHINO, Daisuke; JP
代理人:
末成 幹生 SUENARI, Mikio; JP
優先権情報:
2014-05783020.03.2014JP
2014-05804120.03.2014JP
発明の名称: (EN) CRANKSHAFT AND METHOD OF STRENGTHENING SHAFT COMPONENT
(FR) VILEBREQUIN ET PROCÉDÉ DE RENFORCEMENT DE COMPOSANT D'ARBRE
(JA) クランクシャフトおよび軸部材の強化方法
要約:
(EN) [Problem] To provide a crankshaft which can be strengthened in a short time and which is strengthened over a wide range while avoiding wasteful processing as a matter of course. [Solution] This crankshaft comprises a fillet portion (15) between a crank pin (13) and a journal pin (11). A compressive residual stress is applied in approximately equidistant ranges in both circumferential directions from the portion of the fillet (15) where the greatest bending load acts, which is the center position, and the processing depth for applying the compressive residual stress gradually reduces in the circumferential direction away from the center position where the compressive residual stress is greatest.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de produire un vilebrequin qui peut être renforcé en peu de temps et qui est renforcé sur un large rayon tout en évitant, bien évidemment, un traitement ruineux. La solution selon l'invention porte sur un vilebrequin comprenant une partie congé (15) entre un maneton (13) et un tourillon (11). Une contrainte résiduelle de compression est appliquée dans des plages approximativement équidistantes dans les deux directions circonférentielles de la partie du congé (15) où agit la plus grande charge de flexion, qui est la position centrale, et la profondeur de traitement pour l'application de la contrainte résiduelle de compression diminue progressivement dans la direction circonférentielle loin de la position centrale où la contrainte résiduelle de compression est plus grande.
(JA) 【課題】短時間で強化することができ、無駄な加工が回避されているのは勿論のこと、広い範囲が強化されたクランクシャフトを提供する。 【解決手段】クランクピン13とジャーナルピン11のフィレット部15を備え、フィレット部15のうち最も大きな曲げ荷重が作用する部分を中心として円周方向の両方向にほぼ等距離の範囲で圧縮残留応力を付与し、圧縮残留応力を付与するための加工深さは、中心の位置が最大で中心の位置から円周方向へ離れるに従って漸次減少してゆく。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2015141611US20170165742CN106233008IN201647034946