国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141550) 白金ペーストからの金属粉末回収方法及び白金ペーストの再生方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141550 国際出願番号: PCT/JP2015/057260
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 12.03.2015
予備審査請求日: 19.01.2016
IPC:
C22B 11/02 (2006.01) ,B22F 1/00 (2006.01) ,B22F 9/00 (2006.01) ,C22B 7/00 (2006.01) ,H01B 1/22 (2006.01) ,H01B 13/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
11
貴金属の採取
02
乾式法によるもの
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
9
金属質粉またはその懸濁液の製造;それに特に適する装置または機械
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
7
鉱石以外の他の原材料,例.スクラップ,からの非鉄金属またはその化合物抽出のための処理
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
20
非導電有機物質中に分散された導電物質
22
金属または合金を含む導電物質
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
13
導体またはケーブルを製造するために特に使用する装置または方法
出願人:
田中貴金属工業株式会社 TANAKA KIKINZOKU KOGYO K.K. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内2丁目7番3号 7-3, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1006422, JP
発明者:
岡本 順久 OKAMOTO, Nobuhisa; JP
細井 拓也 HOSOI, Takuya; JP
坂入 弘一 SAKAIRI, Koichi; JP
代理人:
特許業務法人田中・岡崎アンドアソシエイツ TANAKA AND OKAZAKI; 東京都文京区本郷3丁目30番10号 本郷K&Kビル Hongo K&K Bldg., 30-10, Hongo 3-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1130033, JP
優先権情報:
2014-05782420.03.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR RECOVERING METAL POWDER FROM PLATINUM PASTE AND METHOD FOR REGENERATING PLATINUM PASTE
(FR) PROCÉDÉ DE RÉCUPÉRATION DE POUDRE MÉTALLIQUE À PARTIR DE PÂTE DE PLATINE ET PROCÉDÉ DE RÉGÉNÉRATION DE PÂTE DE PLATINE
(JA) 白金ペーストからの金属粉末回収方法及び白金ペーストの再生方法
要約:
(EN) The present invention pertains to technology for the recovery and regeneration of platinum paste. The present invention is a method for recovering a metal powder from a platinum paste obtained by mixing: a solid component comprising metal powder including at least a platinum powder or a platinum alloy powder; and an organic component comprising at least an organic solvent, wherein the platinum paste is heated to a recovery temperature in the range of 300-500°C to remove the organic component. The recovered metal powder can be regenerated into a platinum paste similar to a new paste by mixing the same with a solvent, etc.
(FR) La présente invention se rapporte à une technologie pour la récupération et la régénération de pâte de platine. L'invention consiste en un procédé permettant de récupérer une poudre métallique à partir d'une pâte de platine obtenue en mélangeant : un composant solide comprenant une poudre métallique comprenant au moins une poudre de platine ou une poudre d'alliage de platine; et un composant organique comprenant au moins un solvant organique, la pâte de platine étant chauffée à une température de récupération dans la plage de 300 à 500 °C pour éliminer le composant organique. La poudre métallique récupérée peut être régénérée en une pâte de platine similaire à une nouvelle pâte, par mélange de ladite poudre avec un solvant, etc.
(JA)  本発明は、白金ペーストの回収・再生技術に関するものである。本発明は、少なくとも白金粉末又は白金合金粉末からなる金属粉末からなる固形分と、少なくとも有機溶剤からなる有機成分とを混合してなる白金ペーストから、前記金属粉末を回収する方法であって、前記白金ペーストを300℃以上500℃以下の温度範囲内に設定される回収温度で加熱することにより、前記有機成分を除去する白金ペーストからの金属粉末の回収方法である。回収された金属粉末は、溶剤等と混合することで、新品と同等の白金ペーストに再生することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106103752EP3121296US20170107594KR1020160125479