16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141498) エンジン装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141498 国際出願番号: PCT/JP2015/056657
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 06.03.2015
IPC:
F01N 3/28 (2006.01) ,B01D 53/86 (2006.01) ,E02F 9/00 (2006.01) ,F01N 3/02 (2006.01) ,F01N 3/08 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01) ,F01N 13/08 (2010.01) ,F01N 13/18 (2010.01) ,F02B 67/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86
触媒による方法
E 固定構造物
02
水工;基礎;土砂の移送
F
掘削;土砂の移送
9
グループ3/00から7/00に属するものに限定されない掘削機または土砂移送機械の部品
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
13
構造上の特色によって特徴づけられた排気または消音装置
08
排気管のその他の構成または適用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
13
構造上の特色によって特徴づけられた排気または消音装置
18
製造,組立,分解を容易にするための構造
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
67
他に分類されない補助装置の配置に特徴のある機関,例.異なった機能を有する装置;機関から補助装置を駆動するもので,他に分類されないもの
出願人:
ヤンマー株式会社 YANMAR CO.,LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区茶屋町1番32号 1-32,Chayamachi,Kita-ku,Osaka-shi, Osaka 5308311, JP
発明者:
山東 義幸 SANDOU Yoshiyuki; JP
木村 智行 KIMURA Tomoyuki; JP
代理人:
渡辺 隆一 WATANABE Ryuichi; JP
優先権情報:
2014-05911320.03.2014JP
2014-05911420.03.2014JP
2014-06569527.03.2014JP
発明の名称: (EN) ENGINE DEVICE
(FR) DISPOSITIF MOTEUR
(JA) エンジン装置
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide an engine device which makes it possible to easily determine the attachment position for a support base (87) when connecting the support base (87) and an exhaust-gas discharge surface (7a) of an engine (1), and to improve the assemblability and the like of the support base (87). An engine device according to the present application is equipped with a first case (28) for removing particulate matter in the exhaust gas from an engine (1), and a second case (29) for removing nitrogen oxide matter in the exhaust gas from the engine (1). The second case (29) is connected to the first case (28) via a urea mixing pipe (39). An exhaust-gas intake surface (34a) of the first case (28) is joined to the exhaust-gas discharge surface (7a) of the engine (1). In addition, the engine device is provided with the support base (87), which is affixed to the engine (1). The engine device is configured in a manner such that the exhaust-gas discharge surface (7a) of the engine (1) is in surface contact with part of the support base (87).
(FR) L'objectif de la présente invention est de produire un dispositif moteur qui permet de déterminer facilement la position de fixation pour une base de support (87) lors de la liaison de la base de support (87) et d'une surface de sortie de gaz d'échappement (7a) d'un moteur (1), et d'améliorer l'aptitude à l'assemblage et similaire de la base de support (87). Un dispositif moteur selon la présente demande est équipé d'un premier carter (28) pour éliminer les matières particulaires contenues dans les gaz d'échappement provenant d'un moteur (1), et d'un second carter (29) pour éliminer les matières d'oxyde d'azote contenues dans les gaz d'échappement provenant du moteur (1). Le second carter (29) est relié au premier carter (28) par le biais d'un tube de mélange d'urée (39). Une surface d'admission de gaz d'échappement (34a) du premier carter (28) est liée à la surface de sortie de gaz d'échappement (7a) du moteur (1). De plus, le dispositif moteur est doté de la base de support (87), qui est fixée au moteur (1). Le dispositif moteur est configuré d'une manière telle que la surface de sortie de gaz d'échappement (7a) du moteur (1) est en contact de surface avec une partie de la base de support (87).
(JA)  エンジン(1)の排気ガス出口面(7a)と支持台(87)の連結にて支持台(87)の取付け位置を簡単に決定でき、支持台(87)の組付け作業性などを向上できるようにしたエンジン装置を提供することを目的としている。本願発明のエンジン装置は、エンジン(1)の排気ガス中の粒子状物質を除去する第1ケース(28)と、エンジン(1)の排気ガス中の窒素酸化物質を除去する第2ケース(29)を備える。第1ケース(28)に尿素混合管(39)を介して第2ケース(29)を接続させる。エンジン(1)の排気ガス出口面(7a)に第1ケース(28)の排気ガス入口面(34a)を接合させると共に、エンジン(1)に固着する支持台(87)を備える。エンジン(1)の排気ガス出口面(7a)に、支持台(87)の一部を面接触させるように構成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN105980680EP3121404KR1020160133409