国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015141192) 耐食性及びろう付性に優れたアルミニウム合金クラッド材及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/141192 国際出願番号: PCT/JP2015/001341
国際公開日: 24.09.2015 国際出願日: 11.03.2015
IPC:
C22C 21/00 (2006.01) ,B21B 1/22 (2006.01) ,B21B 3/00 (2006.01) ,B23K 1/00 (2006.01) ,B23K 20/04 (2006.01) ,B23K 35/22 (2006.01) ,B23K 35/28 (2006.01) ,C22F 1/04 (2006.01) ,F28F 19/06 (2006.01) ,F28F 21/08 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
1
中実または輪かく状断面をもつ半製品を製造するための金属圧延方法または圧延機;圧延機列による連続作業;圧延機設備のレイアウト,例.スタンドの集合化;バスの連続またはカリバー形状の連続的変化
22
長さの不定な帯または板の圧延のためのもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
3
合金の組成によって特別な圧延法または圧延順序が必要とされまたは許容される組成をもった特殊合金材料の圧延
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
20
加熱するかまたは加熱することなく,衝撃または他の圧力を加えることによる非電気的接合,例.クラッド法または被せ金法
04
圧延機の手段によるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
28
主成分が950°C以下の融点をもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
F
一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
19
沈積物の形成または腐食の予防,例.ろ過器を用いるもの
02
被覆材,例.ガラスまたはエナメル被膜,の使用による
06
金属によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
F
一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
21
特別の材料の選択に特徴のある熱交換装置の構造
08
金属
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人:
株式会社UACJ UACJ CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目7番2号 1-7-2, Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo 1000004, JP
発明者:
成田 渉 NARITA, Wataru; JP
代理人:
井上 俊夫 INOUE, Toshio; JP
優先権情報:
2014-05578619.03.2014JP
発明の名称: (EN) CLAD ALUMINUM ALLOY MATERIAL WITH EXCELLENT CORROSION RESISTANCE AND BRAZEABILITY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR
(FR) MATÉRIAU EN ALLIAGE D'ALUMINIUM REVÊTU PRÉSENTANT D'EXCELLENTES RÉSISTANCE À LA CORROSION ET APTITUDE AU BRASAGE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION S'Y RAPPORTANT
(JA) 耐食性及びろう付性に優れたアルミニウム合金クラッド材及びその製造方法
要約:
(EN) A clad aluminum alloy material exhibiting favorable corrosion resistance and brazeability in an alkaline environment is provided by a clad aluminum alloy material with excellent brazeability and corrosion resistance in which one surface of an aluminum alloy core material is clad with a sacrificial anode material and the other surface is clad with a brazing filler material. The core material is obtained from an aluminum alloy of Si: 0.3-1.5%, Fe: 0.1-1.5%, Cu: 0.2-1.0%, Mn: 1.0-2.0%, and Si + Fe > 0.8%, wherein the 1-20 µm equivalent circle diameter Al-Mn-Si-Fe intermetallic compound density is 3.0 × 105 to 1.0 × 106 pieces/cm2 and the 0.1 µm to less than 1 µm equivalent circle diameter intermetallic compound density is at least 1.0 × 107 pieces/cm2. The sacrificial anode material is obtained from an aluminum alloy containing Si: 0.1-0.6%, Zn: 1.0-5.0%, and Ni: 0.1-2.0%.
(FR) L'invention concerne un matériau en alliage d'aluminium revêtu présentant une résistance à la corrosion et une aptitude au brasage avantageuses dans un environnement alcalin, lequel est un matériau en alliage d'aluminium revêtu présentant d'excellentes aptitude au brasage et résistance à la corrosion dans lequel une surface d'un matériau d'âme en alliage d'aluminium est revêtue d'un matériau d'anode sacrificielle et l'autre surface est revêtue d'un matériau d'apport de brasage. Le matériau d'âme est obtenu à partir d'un alliage d'aluminium constitué de 0,3 à 1,5 % de Si, 0,1 à 1,5 % de Fe, 0,2 à 1,0 % de Cu, 1,0 à 2,0 % de Mn et > 0,8 % de Si + Fe, dans lequel la densité de composés intermétalliques d'Al-Mn-Si-Fe ayant un diamètre de cercle équivalent de 1 à 20 µm est de 3,0 × 105 à 1,0 × 106 pièces/cm2 et la densité de composés intermétalliques ayant un diamètre de cercle équivalent de 0,1 µm à moins de 1 µm est d'au moins 1,0 × 107 pièces/cm2. Le matériau d'anode sacrificielle est obtenu à partir d'un alliage d'aluminium contenant 0,1 à 0,6 % de Si, 1,0 à 5,0 % de Zn et 0,1 à 2,0 % de Ni.
(JA)  アルミニウム合金心材の一方面と他方面にクラッドされた犠牲陽極材とろう材を備え、心材がSi:0.3~1.5%、Fe:0.1~1.5%、Cu:0.2~1.0%、Mn:1.0~2.0%で、Si+Fe>0.8%のアルミニウム合金からなり、1~20μmの円相当径のAl-Mn-Si-Fe系金属間化合物密度が3.0×10~1.0×10個/cm、0.1μm以上1μm未満の円相当径の前記金属間化合物密度が1.0×10個/cm以上で、犠牲陽極材がSi:0.1~0.6%、Zn:1.0~5.0%、Ni:0.1~2.0%を含有するアルミニウム合金からなるろう付性及び耐食性に優れたアルミニウム合金クラッド材により、アルカリ性環境下において、良好な耐食性及びろう付性を示すアルミニウム合金クラッド材を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
CN106068332EP3121300JPWO2015141192US20170080528TH165229