16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015137498) インクジェット記録方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/137498 国際出願番号: PCT/JP2015/057547
国際公開日: 17.09.2015 国際出願日: 13.03.2015
IPC:
B41M 5/00 (2006.01) ,B41J 2/01 (2006.01) ,B41J 2/175 (2006.01) ,B41J 2/19 (2006.01) ,C09D 11/30 (2014.01)
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
M
印刷,複製,マーキングまたは複写方法;カラー印刷
5
複製またはマーキング方法;それに使用するシート材料
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
J
タイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2
設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005
液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01
インクジェット
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
J
タイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2
設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005
液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01
インクジェット
17
インクの取扱いに特徴があるもの
175
インクの供給系
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
J
タイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2
設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005
液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01
インクジェット
17
インクの取扱いに特徴があるもの
19
気泡を取除くもの
[IPC code unknown for C09D 11/30]
出願人:
コニカミノルタ株式会社 KONICA MINOLTA, INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 2-7-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 1007015, JP
発明者:
池田 征史 IKEDA, Masashi; null
代理人:
鷲田 公一 WASHIDA, Kimihito; JP
優先権情報:
2014-05230614.03.2014JP
発明の名称: (EN) INK-JET RECORDING METHOD
(FR) MÉTHODE D'ENREGISTREMENT À JET D'ENCRE
(JA) インクジェット記録方法
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing an ink-jet recording method with which it is possible to sufficiently remove air bubbles contained in an actinic-ray-curable ink-jet ink and to heighten the delivery stability and curability of the ink. The ink-jet recording method employs an actinic-ray-curable ink-jet ink which comprises a colorant, a photopolymerization initiator, and a photopolymerizable compound having a molecular weight in the range of 250-1,500. The ink-jet recording method comprises: a step in which the ink-jet ink is introduced into a depressurized space within an ink-jet recorder and deaerated at an ink temperature which is 50°C or higher but lower than 120°C; a step in which droplets of the deaerated ink-jet ink are ejected from the recording head and delivered to a recording medium; and a step in which the ink droplets delivered to the recording medium are irradiated with actinic rays to cure the ink droplets.
(FR) La présente invention concerne une méthode d'enregistrement à jet d'encre avec laquelle il est possible d'éliminer suffisamment des bulles d'air présentes dans une encre pour jet d'encre durcissable par rayon actinique et d'améliorer la stabilité de distribution et la capacité de durcissage de l'encre. La méthode d'enregistrement à jet d'encre utilise une encre pour jet d'encre durcissable par rayon actinique qui comprend un colorant, un initiateur de photopolymérisation, et un composé photopolymérisable ayant une masse moléculaire dans la plage 250-1500. La méthode d'enregistrement à jet d'encre comprend : une étape dans laquelle l'encre pour jet d'encre est introduite dans un espace en dépression dans un enregistreur à jet d'encre et désaérée à une température d'encre supérieure ou égale à 50 °C mais inférieure à 120 °C ; une étape dans laquelle des gouttelettes d'encre pour jet d'encre désaérée sont éjectées de la tête d'enregistrement et distribuées sur un support d'enregistrement ; et une étape dans laquelle les gouttelettes d'encre distribuées sur le support d'enregistrement sont exposées à des rayons actiniques pour durcir les gouttelettes d'encre.
(JA)  本発明は、活性光線硬化型インクジェットインクに含まれる気泡を十分に除去することができ、吐出安定性と硬化性を高めうるインクジェット記録方法を提供することを課題とする。当該課題を解決するため、色材、光重合開始剤、及び分子量が250~1500の範囲内である光重合性化合物を含有する活性光線硬化型インクジェットインクを用いたインクジェット記録方法であって、インクジェット記録装置内の減圧空間内に前記インクジェットインクを導入し、インク温度50℃以上120℃未満で前記インクジェットインクを脱気する工程と、脱気された前記インクジェットインクのインク液滴を、記録ヘッドから吐出して記録媒体上に着弾させる工程と、前記記録媒体上に着弾したインク液滴に活性光線を照射して、前記インク液滴を硬化させる工程と、を含む、インクジェット記録方法とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3118011US20170066250JPWO2015137498