国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015137304) 化合物、並びにそれを含有する有機半導体材料、有機半導体インク及び有機トランジスタ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/137304 国際出願番号: PCT/JP2015/056935
国際公開日: 17.09.2015 国際出願日: 10.03.2015
IPC:
C07D 333/50 (2006.01) ,C07D 493/04 (2006.01) ,C07D 495/04 (2006.01) ,C09D 11/52 (2014.01) ,H01L 29/786 (2006.01) ,H01L 51/05 (2006.01) ,H01L 51/30 (2006.01) ,H01L 51/40 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
333
異項原子として1個の硫黄原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
50
炭素環または環系と縮合するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
493
縮合系中に異項原子として酸素原子のみを含有する複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソ―縮合系
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
495
縮合系中に異項原子として硫黄原子のみをもつ少なくても1個の複素環を含有する複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソ―縮合系
[IPC code unknown for C09D 11/52]
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
29
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部(31/00~47/00,51/05が優先;半導体本体または電極以外の細部23/00;1つの共通基板内または上に形成された複数の固体構成部品からなる装置27/00
66
半導体装置の型
68
整流,増幅またはスイッチされる電流を流さない電極に電流のみまたは電位のみを与えることにより制御できるもの
76
ユニポーラ装置
772
電界効果トランジスタ
78
絶縁ゲートによって生じる電界効果を有するもの
786
薄膜トランジスタ
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
05
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用されるものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するコンデンサーまたは抵抗器
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
05
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用されるものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するコンデンサーまたは抵抗器
30
材料の選択
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
05
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用されるものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するコンデンサーまたは抵抗器
40
このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
出願人:
DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP/JP]; 東京都板橋区坂下三丁目35番58号 35-58, Sakashita 3-chome, Itabashi-ku, Tokyo 1748520, JP
国立大学法人東京工業大学 TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY [JP/JP]; 東京都目黒区大岡山2-12-1 2-12-1, Ookayama, Meguro-ku, Tokyo 1528550, JP
発明者:
稲垣 翔 INAGAKI Sho; JP
水口 良 MINAKUCHI Ryo; JP
宮脇 敦久 MIYAWAKI Atsuhisa; JP
石塚 亜弥 ISHIZUKA Aya; JP
エンゲル ミヒャエル クラウス ENGEL Michael Klaus; JP
半那 純一 HANNA Jun-ichi; JP
代理人:
河野 通洋 KONO Michihiro; JP
優先権情報:
2014-04879312.03.2014JP
発明の名称: (EN) COMPOUND, ORGANIC SEMICONDUCTOR MATERIAL CONTAINING SAME, ORGANIC SEMICONDUCTOR INK, AND ORGANIC TRANSISTOR
(FR) COMPOSÉ, MATÉRIAU SEMI-CONDUCTEUR ORGANIQUE LE CONTENANT, ENCRE SEMI-CONDUCTRICE ORGANIQUE ET TRANSISTOR ORGANIQUE
(JA) 化合物、並びにそれを含有する有機半導体材料、有機半導体インク及び有機トランジスタ
要約:
(EN) The problem addressed by the present invention is: to provide a compound that has superior solubility in a solvent, easily provides a membrane having high mobility even without undergoing a complex process, and is represented by general formula (1), and an organic semiconductor material using same; and furthermore to provide an organic semiconductor ink that can easily prepare an organic transistor having a practical configuration. The compound, which comprises a mesogenic skeleton having a specific substituent group, has suitability as an organic semiconductor ink due to having superior solvent solubility, does not require complicated thermal processing, and solves the abovementioned problem even by means of a simple wet process. The R1, R2, p, and MSG in general formula (1) are as set forth in claim 1.
(FR) Le problème abordé par la présente invention est de pourvoir à un composé qui possède une solubilité supérieure dans un solvant, permettant d'obtenir facilement une membrane présentant une mobilité élevée même sans subir un processus complexe, le composé étant représenté par la formule générale (1), et de pourvoir à un matériau semi-conducteur organique l'utilisant; et de pourvoir en outre à une encre semi-conductrice organique permettant de préparer facilement un transistor organique ayant une configuration pratique. Le composé, qui comprend un squelette mésogène ayant un groupe substituant spécifique, est approprié en tant qu'encre semi-conductrice organique du fait qu'il présente une excellente solubilité dans le solvant, ne nécessite pas de traitement thermique compliqué, et permet de résoudre le problème susmentionné, y compris au moyen d'un procédé par voie humide simple. Les groupes R1, R2, p, et MSG dans la formule générale (1) sont tels que définis dans la revendication 1.
(JA) 本発明の課題は、溶剤への溶解性に優れ、複雑なプロセスを経由せずとも容易に、高い移動度の膜を与える、下記一般式(1)で表される化合物、及びそれを用いた有機半導体材料を提供すること、更には、実用的な構成の有機トランジスタを簡便に作製できる有機半導体インクを提供することである。特定の置換基を有するメソゲン骨格からなる化合物は、溶剤溶解性に優れる故に有機半導体インクとしての適性を有し、煩雑な熱処理を必要とせず、簡便な湿式法であっても、上記課題を解決する。上記一般式(1)中のR,R,p,MSGは、請求項1に記載のとおりである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)