16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015137015) 銅粉
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/137015 国際出願番号: PCT/JP2015/053110
国際公開日: 17.09.2015 国際出願日: 04.02.2015
IPC:
B22F 1/00 (2006.01) ,B22F 9/08 (2006.01) ,C22C 9/00 (2006.01) ,H01B 1/00 (2006.01) ,H01B 1/22 (2006.01) ,H01B 5/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
9
金属質粉またはその懸濁液の製造;それに特に適する装置または機械
02
物理的プロセスを用いるもの
06
液体物質からはじまるもの
08
鋳造によるもの,例.ふるいを通してまたは水中への鋳造,アトマイズまたはスプレイによるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
20
非導電有機物質中に分散された導電物質
22
金属または合金を含む導電物質
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
5
形を特徴とする非絶縁導体または導電物体
出願人:
三井金属鉱業株式会社 MITSUI MINING & SMELTING CO.,LTD. [JP/JP]; 東京都品川区大崎1丁目11-1 1-11-1, Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 1418584, JP
発明者:
後藤 善仁 GOTO, Yoshihito; JP
向野 隆 MUKAINO, Takashi; JP
代理人:
特許業務法人竹内・市澤国際特許事務所 TAKEUCHI, ICHIZAWA & ASSOCIATES; 東京都港区赤坂2丁目19番8号 赤坂2丁目アネックス6階 6F., Akasaka 2-chome Annex, 19-8, Akasaka 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2014-04593710.03.2014JP
発明の名称: (EN) COPPER POWDER
(FR) POUDRE DE CUIVRE
(JA) 銅粉
要約:
(EN) Provided is a novel copper powder which generates little gas in firing a paste and which can ensure reduction in the occurrence of blistering or cracking. A copper powder characterized in that: the carbon content of the powder is 20 to 60ppm; and in energy dispersive X-ray spectroscopy (EDX analysis), the carbon/copper proportion (1), (PC1×100/PCu1), is less than 60%, wherein PC1 is the average intensity of carbon peaks detected in voids present inside particles, and PCu1 is the average intensity of copper peaks detected in the voids.
(FR) L'invention concerne une nouvelle poudre de cuivre qui dégage peu de gaz lors de la cuisson d'une pâte et qui peut assurer une réduction de la survenue de cloquage ou de craquelure. La poudre de cuivre selon l'invention est caractérisée en ce que : la teneur en carbone de la poudre est de 20 à 60 ppm ; et en spectroscopie des rayons X par dispersion d'énergie (analyse EDX), la proportion carbone/cuivre (1), (PC1×100/PCu1), est inférieure à 60 %, PC1 étant l'intensité moyenne de pics de carbone détectés dans des vides présents à l'intérieur de particules et PCu1 étant l'intensité moyenne de pics de cuivre détectés dans les vides.
(JA)  ペースト焼成時のガス発生を抑制することができ、膨れや割れをより一層抑えることができる新たな銅粉を提供せんとする。 銅粉の炭素含有量が20~60ppmであり、且つ、エネルギー分散型X線分光法(EDX測定)において、粒子内部の空隙(ボイド)内で検出される銅の平均ピーク強度(PCu1)に対する、当該空隙(ボイド)内で検出される炭素の平均ピーク強度(PC1)の銅炭素比率1(PC1×100/PCu1)が60%未満であることを特徴とする銅粉を提案する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2015137015