国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015136770) 樹脂組成物の硬化方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/136770 国際出願番号: PCT/JP2014/079459
国際公開日: 17.09.2015 国際出願日: 06.11.2014
IPC:
C08G 59/40 (2006.01) ,B32B 15/092 (2006.01) ,B32B 37/00 (2006.01) ,C08K 3/04 (2006.01) ,C08K 3/36 (2006.01) ,C08K 3/40 (2006.01) ,C08K 5/00 (2006.01) ,C08L 63/00 (2006.01) ,C09J 5/00 (2006.01) ,C09J 11/00 (2006.01) ,C09J 163/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
40
用いられた硬化剤に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
092
エポキシ樹脂からなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
37
積層の方法または装置,例.硬化結合または超音波結合によるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
04
炭素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
34
けい素含有化合物
36
シリカ
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
40
ガラス
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
63
エポキシ樹脂の組成物;エポキシ樹脂の誘導体の組成物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
5
一般的接着方法;他の分類に規定されない接着方法,例.下塗りに関連するもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
163
エポキシ樹脂に基づく接着剤;エポキシ樹脂の誘導体に基づく接着剤
出願人:
オムロン株式会社 OMRON CORPORATION [JP/JP]; 京都府京都市下京区塩小路通堀川東入南不動堂町801番地 801, Minamifudodo-cho, Horikawahigashiiru, Shiokoji-dori, Shimogyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6008530, JP
発明者:
中島 誠二 NAKAJIMA, Seiji; JP
達野 陽介 TATSUNO, Yosuke; JP
伊藤 満雄 ITO, Mitsuo; JP
廣野 聡 HIRONO, Satoshi; JP
森▲崎▼ 祐造 MORISAKI, Yuzo; JP
河本 隼治 KAWAMOTO, Junji; JP
代理人:
村上 尚 MURAKAMI, Takashi; JP
優先権情報:
2014-05210514.03.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR CURING RESIN COMPOSITION
(FR) PROCÉDÉ DE DURCISSEMENT D'UNE COMPOSITION DE RÉSINE
(JA) 樹脂組成物の硬化方法
要約:
(EN) Provided is a method whereby it becomes possible to cure within a short time without putting a thermal load on an adherend, and therefore it becomes possible to produce a cured article having steady quality. A method for curing a resin composition according to the present invention comprises a step (a) of irradiating a resin composition (A) with laser light directly and/or indirectly, wherein the resin composition (A) comprises an epoxy resin, a capsule-type curing agent composed of a core part that contains a curing agent and a shell part that covers the core part, a filler, and a coloring material.
(FR) L'invention porte sur un procédé par lequel le durcissement devient possible sur une courte durée sans qu'il soit nécessaire de mettre en place une charge thermique sur une partie à coller et, par conséquent, il devient possible de fabriquer un article durci ayant une qualité stable. Un procédé de durcissement d'une composition de résine selon la présente invention comprend une étape a) d'irradiation d'une composition de résine (A) avec de la lumière laser directement et/ou indirectement, la composition de résine (A) comportant une résine époxy, un agent de durcissement de type capsule composé d'une partie formant noyau qui contient un agent de durcissement et d'une partie formant enveloppe qui recouvre la partie formant noyau, une charge et une matière colorante.
(JA)  被着体に熱負荷をかけることなく短時間で硬化でき、品質が安定した硬化物を得ることができる方法を提供する。本発明に係る樹脂組成物の硬化方法は、エポキシ樹脂と、硬化剤を含有するコアと、上記コアを被覆するシェルとを含有するカプセル型硬化剤と、フィラーと、色材と、を含有する樹脂組成物(A)に対し直接的および/または間接的にレーザー光を照射する工程aを含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020160113714EP3118237US20170066230CN106062027