国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133610) ゴム組成物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133610 国際出願番号: PCT/JP2015/056668
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 06.03.2015
IPC:
C08L 71/03 (2006.01) ,C08K 3/04 (2006.01) ,C08K 3/06 (2006.01) ,C08K 5/00 (2006.01) ,C08L 71/02 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
71
主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
ポリアルキレンオキシド
03
エピハロヒドリン重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
04
炭素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
06
いおう
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
71
主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
ポリアルキレンオキシド
出願人:
株式会社大阪ソーダ OSAKA SODA CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市西区阿波座1丁目12番18号 12-18, Awaza 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500011, JP
発明者:
大高 豊史 OTAKA,Toyofumi; JP
宇渡 真一 UDO,Shinichi; JP
濱口 恒志朗 HAMAGUCHI,Koshiro; JP
矢嶋 尚也 YAJIMA,Naoya; JP
代理人:
特許業務法人 ユニアス国際特許事務所 UNIUS PATENT ATTORNEYS OFFICE; 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目13-9 新大阪MTビル1号館 SHIN-OSAKA MT Bldg. 1, 13-9, Nishinakajima 5-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5320011, JP
優先権情報:
2014-04575307.03.2014JP
2014-18801116.09.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING RUBBER COMPOSITION
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE COMPOSITION DE CAOUTCHOUC
(JA) ゴム組成物の製造方法
要約:
(EN) This method for producing a rubber composition including a polyether-based polymer (a) is characterized by including a mechanical kneading step in which at least the polyether-based polymer (a), a crosslinking agent (b), and a solid carbon substance (c) having a diameter of 0.5-100 nm and an aspect ratio of at least 100 are dry mixed. It is preferable that a polymer including 4-95 mol% of ethylene oxide when the total structural units account for 100 mol% be included as the polyether-based polymer (a).
(FR) La présente invention concerne un procédé de production d'une composition de caoutchouc comprenant un polymère à base de polyéther (a) qui est caractérisé en ce qu'il comprend une étape de malaxage mécanique dans laquelle au moins le polymère à base de polyéther (a), un agent de réticulation (b) et une substance carbonée solide (c) possédant un diamètre allant de 0,5 à 100 nm et un rapport de forme d'au moins 100 sont mélangés à sec. Il est préférable qu'un polymère comprenant de 4 à 95 % en moles d'oxyde d'éthylène lorsque le total des motifs structuraux représente 100 % en moles soit inclus en tant que polymère à base de polyéther (a).
(JA)  (a)ポリエーテル系重合体を含有するゴム組成物の製造方法であって、少なくとも(a)ポリエーテル系重合体、(b)架橋剤、および(c)直径0.5nm~100nm、かつアスペクト比が100以上である固体状炭素物質を乾式混合する機械混練工程を含むことを特徴とするゴム組成物の製造方法。(a)ポリエーテル系重合体としては、構成単位の合計を100mol%としたとき、エチレンオキサイドを4~95mol%含む重合体を含有することが好ましい。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2015133610