国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133590) 新規タンパク質脱アミド酵素
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133590 国際出願番号: PCT/JP2015/056569
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 05.03.2015
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,A21D 2/26 (2006.01) ,A23C 9/13 (2006.01) ,A23C 13/16 (2006.01) ,A23L 1/00 (2006.01) ,A23L 1/24 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/78 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
A 生活必需品
21
ベイキング;生地製造または加工の機械あるいは設備;ベイキングの生地
D
ベイキングの穀粉または生地の処理,例.保存,例.材料の添加によるもの;ベイキング;ベイカリー製品;製品の保存
2
ベイキング前または最中の添加材料による穀粉または生地の処理
08
有機物質の添加によるもの
24
有機窒素化合物
26
蛋白質
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
C
乳製品,例.乳,バター,チーズ;乳またはチーズ代用品;それらの製造
9
乳調製品;粉乳または粉乳調製品
12
発酵乳調製品;微生物または酵素を使用する処理
13
添加物を使用するもの
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
C
乳製品,例.乳,バター,チーズ;乳またはチーズ代用品;それらの製造
13
クリーム;クリーム調製品;その製造
12
クリーム調製品
16
微生物,酵素または抗生物質を含有するもの,あるいはこれらで処理されたもの;サワークリーム
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
1
食品または食料品;その調整または処理
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
1
食品または食料品;その調整または処理
22
香辛料;風味剤または調味料;人工甘味剤;食卓塩;食餌療法用の代用塩
24
サラダドレッシング;マヨネーズ;ケチャップ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
78
ペプチド結合以外のC―N結合に作用するもの(3.5)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
味の素株式会社 AJINOMOTO CO., INC. [JP/JP]; 東京都中央区京橋一丁目15番1号 15-1, Kyobashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048315, JP
発明者:
横山 典子 YOKOYAMA, Noriko; JP
中野 麻由 NAKANO, Mayu; JP
羽城 周平 HASHIRO, Shuhei; JP
平賀 雅子 HIRAGA, Masako; JP
新保 和高 SHIMBO, Kazutaka; JP
徳永 絢香 TOKUNAGA, Ayaka; JP
代理人:
川口 嘉之 KAWAGUCHI, Yoshiyuki; JP
優先権情報:
2014-04553107.03.2014JP
発明の名称: (EN) NEW PROTEIN DEAMIDASE
(FR) NOUVELLE PROTÉINE DÉSAMIDASE
(JA) 新規タンパク質脱アミド酵素
要約:
(EN) Provided are: a new protein deamidase that directly acts on side chain amide groups of asparagine residues in proteins, and that has the effect of disassociating side chain carboxyl groups and ammonia; a micro-organism producing said protein deamidase; a gene coding said protein; and a manufacturing method and application therefor. Bacteria that is classified in the actinobacteria class are cultured and made to produce protein deamidase, and the enzyme is harvested from the cultured product.
(FR) Cette invention concerne : une nouvelle protéine désamidase qui agit directement sur les groupes amide des chaînes latérales des résidus asparagine dans des protéines, et a pour effet de dissocier les groupes carboxyle des chaînes latérales et l'ammoniac ; un micro-organisme produisant ladite protéine désamidase ; un gène codant pour celle-ci ; et son procédé de production et d'application. Des bactéries répertoriées dans la classe des actinobactéries sont cultivées et amenées à produire la protéine désamidase, l'enzyme étant ensuite récoltée à partir du produit en culture.
(JA) タンパク質中のアスパラギン残基の側鎖アミド基に直接作用して、側鎖カルボキシル基とアンモニアを遊離する作用を有する新規タンパク質脱アミド酵素、それを生産する微生物、それをコードする遺伝子、その製造法及び用途を提供する。アクチノバクテリア綱に分類される細菌を培養し、タンパク質脱アミド酵素を生産せしめ、培養物より該酵素を採取する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3130671US20170044513JPWO2015133590BR112016020506