16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133491) 5'末端に非天然ヌクレオチドを有するオリゴヌクレオチド
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133491 国際出願番号: PCT/JP2015/056249
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 03.03.2015
IPC:
C07H 19/16 (2006.01) ,A61K 31/7076 (2006.01) ,A61K 31/713 (2006.01) ,A61K 48/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07H 19/167 (2006.01) ,C07H 19/173 (2006.01) ,C07H 19/20 (2006.01) ,C12N 15/113 (2010.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
19
1個の異項原子を糖類基と共有する複素環を含有する化合物;ヌクレオシド;モノヌクレチド;それらのアンヒドロ誘導体
02
窒素を共有するもの
04
異項原子として窒素のみを含有する複素環式基
16
プリン基
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7042
糖類基と複素環とを持つ化合物
7052
環構成異種原子として窒素を持つもの,例.ヌクレオシド,ヌクレオチド
706
環構成異種原子として窒素を含む6員環を含むもの
7064
縮合または非縮合のピリミシンを含むもの
7076
プリンを含むもの,例.アデノシン,アデニル酸
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
713
2本鎖の核酸またはオリゴヌクレオチド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
19
1個の異項原子を糖類基と共有する複素環を含有する化合物;ヌクレオシド;モノヌクレチド;それらのアンヒドロ誘導体
02
窒素を共有するもの
04
異項原子として窒素のみを含有する複素環式基
16
プリン基
167
糖類基としてリボシルを有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
19
1個の異項原子を糖類基と共有する複素環を含有する化合物;ヌクレオシド;モノヌクレチド;それらのアンヒドロ誘導体
02
窒素を共有するもの
04
異項原子として窒素のみを含有する複素環式基
16
プリン基
173
糖類基として2-デオキシリボシルを有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
19
1個の異項原子を糖類基と共有する複素環を含有する化合物;ヌクレオシド;モノヌクレチド;それらのアンヒドロ誘導体
02
窒素を共有するもの
04
異項原子として窒素のみを含有する複素環式基
16
プリン基
20
リン酸またはポリリン酸でエステル化された糖類基を有するもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
出願人:
協和発酵キリン株式会社 KYOWA HAKKO KIRIN CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目6番1号 1-6-1, Ohtemachi, Chiyoda-ku, Tokyo 1008185, JP
発明者:
篠原 史一 SHINOHARA, Fumikazu; JP
牧野 麻奈 MAKINO, Asana; JP
山本 潤一郎 YAMAMOTO, Junichiro; JP
中島 雄大 NAKAJIMA, Takahiro; JP
小葦 泰治 OASHI, Taiji; JP
鈴木 道彦 SUZUKI, Michihiko; JP
齋藤 純一 SAITO, Jun-ichi; JP
西川 知之 NISHIKAWA, Tomoyuki; JP
名小路 昌祥 NAKOJI, Masayoshi; JP
高橋 雄一 TAKAHASHI, Yuichi; JP
幸田 康生 KOUDA, Yasuo; JP
優先権情報:
2014-04087203.03.2014JP
発明の名称: (EN) OLIGONUCLEOTIDE HAVING NON-NATURAL NUCLEOTIDE AT 5'-TERMINAL THEREOF
(FR) OLIGONUCLÉOTIDE AYANT UN NUCLÉOTIDE NON D'ORIGINE NATURELLE EN TERMINAISON 5'
(JA) 5'末端に非天然ヌクレオチドを有するオリゴヌクレオチド
要約:
(EN) Provided are: an oligonucleotide having, at 5'-terminal thereof, a nucleotide or nucleoside residue represented by formula (I) {wherein X1 represents an oxygen atom or the like; R1 represents formula (IIA) (wherein R5A represents a halogen atom or the like; and R6A represents a hydrogen atom or the like), formula (IVA) (wherein Y3A represents a nitrogen atom or the like; and Y4A represents CH or the like) or the like; R2 represents a hydrogen atom, a hydroxy group, a halogen atom or a lower alkoxy group which may have a substituent; and R3 represents a hydrogen atom or formula (VI) (wherein n2 represents 1, 2 or 3)}, wherein the nucleotide or nucleoside residue is bound to an adjacent nucleotide residue through an oxygen atom that is located at position-3 in the nucleotide or nucleoside residue; and others.
(FR) L'invention concerne : un oligonucléotide ayant, en terminaison 5', un résidu de nucléotide ou de nucléoside représenté par la formule (I) {où X1 représente un atome d'oxygène ou analogue ; R1 représente la formule (IIA) (où R5A représente un atome d'halogène ou analogue ; et R6A représente un atome d'hydrogène ou analogue, la formule (IVA) (où Y3A représente un atome d'azote ou analogue ; et Y4A représente CH ou analogue) ou analogue ; R2 représente un atome d'hydrogène, un groupe hydroxy, un atome d'halogène ou un groupe alcoxy inférieur qui peut avoir un substituant ; et R3 représente un atome d'hydrogène ou la formule (VI) (où n2 représente 1, 2 ou 3)}, où le résidu de nucléotide ou de nucléoside est lié à un résidu de nucléotide adjacent par l'intermédiaire d'un atome d'oxygène qui est situé en position 3 dans le résidu de nucléotide ou de nucléoside ; et d'autres.
(JA)  オリゴヌクレオチドの5'末端に、式(I){式中、X1は酸素原子等であり、R1は式(IIA)(式中、R5Aはハロゲン等であり、R6Aは水素原子等である)、式(IVA)(式中、Y3Aは窒素原子等であり、Y4AはCH等である)等であり、R2は水素原子、ヒドロキシ、ハロゲンまたは置換基を有していてもよい低級アルコキシであり、R3は水素原子または式(VI)(式中、n2は1、2または3である)である}で表されるヌクレオチド残基またはヌクレオシド残基を有し、該ヌクレオチド残基またはヌクレオシド残基は3位の酸素原子を介して隣接するヌクレオチド残基と結合する、オリゴヌクレオチド等を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3130597JPWO2015133491US20170354673